眠らない男~ナポレオン~感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京にて初観劇。先にムラで観に行った知人たちから

「期待はずれ。つまらない。ただナポレオンの生涯を辿っただけ。セットは豪華。でもそれだけ。ギュル氏の曲も微妙」

などと散々な感想を聞かされていたので、まったく期待せず観劇に臨んだところ、

あれ、結構おもしろい?


たしかに、ストーリーは微妙です。でもやはりセットや衣装の豪華さ、音楽の壮大さが、なんかよくわからんがすごいミュージカル観てるぞ!っていう気分にさせてくれます。

この点小池先生はやっぱ流石ですね。オリジナルで傑作は見たことないけど、いつもある程度のレベルにまとめてくれるというか。THE・駄作というのを作らないのはすごいと思いますよ。でも、眠らない男っていうタイトルにする必要はあったんですかね・・・?


以下、キャストについて。


柚希はいつも通り。安定してます。難しい曲でしたがちゃんと歌えてました。


夢咲ねねは、女王としての貫禄は十分でした。が・・・長いソロは正直きついです。観客も冷えてて拍手が極小でした(゚_゚i)今回全体的に拍手のしどころが掴みにくいというのもありますが。なんであんなに長く歌わせたんでしょう。


紅は、相変わらず歌ダメです・・・っていうか、芝居も歌もなんでいつもあんなに泣いてるのか笑ってるのかみたいな演技なんでしょう。あれが彼女なりの男役の演技なんでしょうか・・・?でもまぁ、舞台姿はやっぱり映えますし、順当に時期トップでしょうね(^_^;)


真風はうーん・・・スカステ見たときは歌上手くなったような気がしたんだけどなぁ・・・声の伸びは悪くないんで、レッスン頑張って欲しいです。


北翔みっちゃんは、なんで出したんだろうってレベルですね。もったいないです。みっちゃんの無駄遣いです。たしかに、紅・真風の出番もたいしたことないんで、あんなもんだろうとも思えますが・・・まぁ、難しいギュル氏の曲をまともに聴かせてくれたのは美穂・北翔たち専科チームくらいだったので、意味はあったんでしょうかね。


礼くんも、しっかりソロもらってましたね。貴重な歌ウマです。でも、同じ曲なら最後のエマさんのほうが良かったかな?個人的に。とりあえず星組のホープということで今後に期待です。


今回は100周年の幕開けを飾る自称大作ミュージカルということで、ファンの期待も大きく、その分期待ハズレ感も大きかったのではないかと思いますが、作品としてはよく頑張ったほうなんじゃないですかね。

まぁ、今後再演もアリなんじゃない?って言えるレベルだと思いました。衣装あんだけ頑張ったんだから意地でも再演するでしょう(^o^;)



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする