北翔海莉の相手役は誰だ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日書いた北翔海莉トップ待望論☆その2 で述べたように、みっちゃんの相手役は誰でも良いわけではない。そりゃみっちゃんが羽背負って降りてきてくれればそれだけでも嬉しい事は嬉しいが、相手役にお歌の残念な子を付けられればせっかくの喜びも半減である。例えれば、せっかく出てきた高級なお寿司をめんつゆで食せと言われるようなものだろうか(ヘタクソな例えで申し訳ない)


宝塚に娘役は数多くいるが、ヒロインを担うに相応しい人材はそれほど多くはないし、その中で一定の歌唱力を持った娘役となるとめちゃめちゃ限られてくる。


私が思いつく限りだと、


花組仙名 彩世(94期。バウヒロイン一回経験済み)

雪組透水さらさ(92期。新公ヒロイン一回)

星組妃海風(95期。新公ヒロイン二回、ドラマシティ二回)

宙組実咲凜音(95期。現宙組トップ娘役)

こんな感じだろうか。本当に少ない。もし他に候補がいたら教えて欲しい。


このうち仙名 彩世については、現在娘役は95期の時代を迎えていることから、学年を考えるとかなりギリギリのところにいると言える。せめて一回新人公演のヒロインがほしい。次のエリザベートでシシィ役を射止めることができれば可能性がグンと上がるが、かなり難しいのではないだろうか(おそらくゾフィーなのでは…)。


透水さらさは、スカステの音楽番組でみっちゃんと素晴らしいデュエットを聴かせてくれたので、是非劇場でも再現して欲しいところだが、かなり上級生にもかかわらずバウヒロイン経験等のカードがあまりに不足しており、現在の扱いを見るとちょっと路線とはいい難いと思う。よって可能性は上記四人のうちでは最も低いと言わざるを得ない。


星組の妃海風はもう娘1にリーチをかけているが、おそらくビジュアル系☆男役の紅ゆずる君の相手役として育成されているものと私は読んでいるのがどうだろうか。


そうなると、やはり消去法でみりおんしかないと私は思うのである。先の記事で、宙組でのトップ就任がベストと述べたのはこういうことである。それは私できればみっちゃんには月組に返り咲いてもらいたい気持ちはある。この間特出したメリーウィドウの成功で、少なからず月組内でもみっちゃんトップ待望論が生まれていると思えることも理由の一つだでなきゃあんな千秋楽の挨拶にはならない

しかし月組就任では、普通に早乙女わかばあたりをくっつけられる可能性が高いのだ。別に彼女を悪く言うつもりはないがみっちゃんには相応しくない。


そういうわけで自然に実力派娘役を嫁にもらうためには、次期宙組トップとして就任するほかないと私は考えている。朝夏まなとはいずれトップになるんだし、早霧せいなみたいにもうちょっと待ってもいいと思う。正二番手としてみっちゃんと一緒に舞台に立って決して損はしないはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 新井 より:

    はじめして
    いつも楽しみにブログ見させて頂いてます

    宝塚ファン歴23年
    専業主婦です
    北翔海莉さんのファンで色んな方のブログを見ているうちにこちらに辿り着きました

    コメント等は今までしたことが無いため文章に失礼があったらすみません

    北翔海莉さんが大きな羽根をしょって大劇場の階段を降りてくる
    今の私には1番の夢で、でももしかしたらはかない夢に終わってしまうのか…。
    と、毎日考えてしまいます

    私は、北翔さんの歌、芝居、ダンスすべてが大好きで
    特に群舞の時に同じダンスを踊っているのに何故かあまりに素敵すぎてうますぎてまるで違うダンスを踊っているかの様に見える…。
    そんな北翔さんが大好きです

    幼い頃から宝塚を見ていて

    杜けあきさん、姿月あさとさん、安蘭けいさんのファンを経て
    北翔さんに出会いました

    たくさんのトップの方が退団される今。
    できれば、実力のある北翔さんにぜひ素敵な舞台を見せて欲しいと思っておりますが

    専科で色々な組に特出され、巧みな演技を見れる事もまた幸せな事だなと思います

    退団してしまったら、男役北翔海莉は見れないですから

    これからもブログ楽しみに拝見させて頂きます