一夜明けて…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日の記事、ちょっと言葉が過ぎたかなぁと思ったりもしてます。ジェンヌにはそれぞれに必死に応援しているファンがいるわけで、退団発表となるとやはり一大事ですからね…



ただ舞台人をやっている以上ある程度の批判に晒されるのは当然だと思うのです。根拠のないカネコネ説や、とかいった漠然としたもので叩かれるのは理不尽でしょうが、実力等の客観的事実で叩かれるのは仕方ないでしょう。


まして彼女は娘役としての頂点に立ち、これまで様々な美味しい役どころをもらってきており、これからさらに3人目の相手役を迎えようとしているのです。そして、娘役の誰もが憧れる「エリザベート」で、みっちゃんをはじめとする現状最高の布陣ともいえるメンツを従えてタイトルロールを務めるのですから、実力が伴っていなければ叩かれて当然です



ブログ開設してから10日ほど経ちましたが、なんか文句ばっかり書いてますな(^_^;)

でもなんだかんだ言って私は宝塚が好きですし、謎人事過去の貯金の食いつぶしで劇団が衰退していく姿を見たくありません。宝塚にはそれなりのものを見せて客を感動させて、もっともっと栄えていってほしいのです。


そういうわけで、自己満足ですがこれからもこんな感じで続けていくと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ねこ より:

    はじめまして、いつも楽しく読ませて頂いております。
    ヅカ三昧様のご意見を伺いたく、過去記事への突然のコメント失礼致します。

    先日、蘭乃はなさんの帝劇エリザベートシシィ役が発表されました。
    私個人は、花組エリザをDVDのみでの鑑賞でしたので実際の舞台は観ていませんが、退団後初のお仕事がシシィという大役といった点において、退団までの流れ的にもご本人の力量的にも納得がいきません。勿論花組エリザにおいて、彼女のシシィ役が評価され、帝劇で演ずるに値するレベルにあったとの判断がなされたからこそ、ご自身で勝ち取った役なのかもしれませんが…どうしてもモヤモヤしてしまいます。
    実力があり本当に与えられるべきジェンヌさんには然るべき役が与えられず、不平等というか不自然だなぁ思っていましたが…今回の配役で違和感を通り越して悲しくなってしまいました。

    OGのお話になってしまい、また宝塚外のお話であるため恐縮ですが、この配役について、また帝劇で演ずるにあたっての蘭乃はなシシィについてヅカ三昧様のお答えできる範囲でのご意見を教えていただければと思います。(前提として現役の宝塚ブログなのでイレギュラーな質問であることは理解しております。不適切であればご遠慮なく削除下さいませm(_ _)m)