お席のお値段

スポンサーリンク
スポンサーリンク

消費税増税まであとわずか。それに伴い、宝塚のチケットが値上げされるのは周知の通り。

チケット値上げは仕方ないことですが、この機会に座席の料金体系そのものを見直すということはできなかったのでしょうか。


土日祝日と平日とで若干料金に差を設けてみるというのも手かもしれませんが、私はやはり席種をもっと増やすべきと考えます。

o0782054412891131304
o0721021612891134863

平日にふらりと大劇場に足を運ぶと、だいたいこのあたりの座席が真っ赤なラインを描いてるかと思います。同じS席料金を払うのに若干ためらわれる席だということでしょう。


ここは1000円引きとかにすべきかと思います。

逆に、ここは同じS料金ではちょっとお得すぎませんかね。

o0780054512891134864

特S席扱いとかにして、プラス1000円くらい取るほうが適当かと思います。



それと、SSの最前列は多少高くても買う人はちゃんといるので、1万5000円から2万くらいで売った方が良いんじゃないですか。


やはり同じ料金内で現状これだけ座席位置に差があるのはいかがなものかと思うのですよ。1万円近い買い物となると、後方の席に座る客には悪い席で損した、という気持ちがどうしても生まれてしまうと思うんです。


たしかに席種にバリエーションを増やすとその分色々と処理が大変なのは理解できます。

しかしあんまり空席が目立つと頑張ってる生徒も可哀想なので、こういった面からも劇団には満席への工夫をしてもらいたいなぁと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. koala より:

    1年以上前の記事にものすごい今更ですが、常々全く同じことを考えていたので、共感!!コメント。
    特に、特(得?)S席と最前列について。実際、私が一番観劇するのが特S席ですが、平均購入価格はプラス\5,000くらいかも(笑)。それくらいの値段でも確実に売れる席(注:演目による)なんだからもったいないですよね。