私が北翔海莉に期待すること

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私は別にいわゆる「北翔海莉のファン」ではありません。ファンクラブにも入ってなければ、お茶会にも参加したこともないです。ただ、いち宝塚ファンとして北翔海莉というジェンヌを一方的に高く評価しているだけであり、本当の彼女のファンの方ほどみっちゃんを知ってるわけではないです。


なので私のみっちゃん論についても、その程度の人間が書いていると思って読んでいただければと思います。


そんな私が昨日思いつくままに書いた記事に、みっちゃんファンの方々から真摯なコメントをいただきました。

いずれも、みっちゃんが宙に行くべき、という意見には素直に賛成しかねる、という趣旨のものであると思います(そんな強い否定ではないと思いますが)。

コメント欄にて返信させていただこうかとも思いましたが、せっかくなので記事にして返信に代えさえて頂きます。


以前書いた記事と重複する部分もあるかと思いますが…



みっちゃんが今後辿るであろうコースは、下記のいずれかであると予想されます。


 年末の公演で凰稀かなめが退団、宙組を引き継ぐ

 月組龍真咲の後を引き継ぐ

 早霧せいなが短期で任期満了、雪組を引き継ぐ(咲妃みゆは残留か)

 紅ゆずるが月組あたりに異動、みっちゃんまさかの星組トップに

 そのまま専科に居続けるか、トップになることなく退団



雪コースは相手役に咲妃、サブにまっつが控えているとすれば舞台のクオリティの観点からするとかなり良い線行っていると思います。星コースにしても妃海風あたりを嫁にもらえれば同様です(礼真琴もいるし)。

ただし、いずれも古巣でない組への落下傘人事であり、あまり平和的ではないような気がします。またそんなに現実的な人事ではないでしょう。



そして、のコースのようにみっちゃんが宙組に行くべきというのは私が勝手に主張しているだけで、実際の可能性はかなり低いでしょう。以前にも触れましたが、宙には朝夏まなとが控えています。朝夏は実咲と全国ツアー公演を予定していますし、先に行われた100周年記念イベントでも相応の扱いをされていたところを見ると、彼女が順当に次期宙組トップです。



はぶっちゃけ可能性高いですが、そんなことはないと信じたいです。


みっちゃんへ返り咲きというのは、龍真咲の任期次第ですがみっちゃんがトップになれる道があるとするなら最も可能性があるコースといえるでしょう。というよりもうここ狙うしかないというところまで来ているかもしれません。

しかし実際ここでトップになったとしても、劇団がそんなにトップとして優遇してくれるとは思えないんですが、どうでしょう

「一応トップにしたんだから、いいだろ?ファンも満足だろ?」的な感じでなんだか短期で終了させそうな気がしてなりません(早乙女わかばあたりをくっつけて)。

まあこの点に関してはどこで就任するとしても付きまとう不安ではありますが…


もっとも、相手役はともかくとしてもみっちゃんがみっちゃんである以上舞台クオリティをはある程度保証されると思いますし、たまきちが育つまでのつなぎとして扱ってくれるのであれば、長期とはいかないまでもそれなりにやってくれるかもしれません。そうなればまあハッピーではあります。一応めでたしめでたしです。


しかしそんなハッピーな月組の隣で、多分宙組は死んでるんじゃないでしょうか。


小林理事長or植田爺「念願の通年公演を実現し、宙組はその役割を終えた。これからは少数精鋭でいく」

とかなんとかいって採算取れなくなった宙組を潰すなんてこともあるんじゃないですかね。100周年以降の退団者の増加も予想されるところですし。

もっともそんなにすぐに潰すとは考えませんが、今からちゃんと組ファンを増加させておかないといずれまずいことになると思います。



そういうわけで、実現の可能性は低いかもしれませんが私はやはり北翔海莉に宙組を立て直して欲しい、と希望します。組のレベルを引き上げられるプロのエンターティナーで、かつ真ん中に立つだけのスター性のあるジェンヌはもう彼女くらいしかいないと思われるのです。

みっちゃんが月組に返り咲くのもそれはドラマチックですし、歓迎すべきことです。しかし彼女はその実力等々をみるにもはや並のジェンヌではないと思われます。それならやはり宝塚においてそんな北翔海莉しかなしえない大義を果たしていただけないだろうか、というのが私個人の気持ちです。



もちろん、トップとしての彼女が今の宝塚でどこまで受け入れられるのか(集客に結びつくか)、というのははっきりとわからない部分はあります。


以前、スカステで若手の演出家とベテラン演出家の対談がやってまして、その中で「宝塚歌劇団は高校野球のようなもの」という趣旨の意見が両者で一致していたのを憶えています。

わたしはその会話を、生徒の技術が未熟であることの言い訳にしてほしくないな、と思いながら聞いていましたが、そういった比喩を使うならみっちゃん超高校級、いやもはやプロの選手でしょう。

未熟ながら頑張ってる若者達を見るのが楽しい、と見守る客層が大半なのであれば、北翔海莉は受け入れられないかもしれません。

しかし今の現状を見ると、必ずしもそのような客ばかりではないように思うのです。


いずれにしても次期宙の人事が大方の予想通りであれば、もはや負けは見えています。


劇団には是非、いまの宝塚において本物の実力がどこまで集客力に結びつくか、そしてそれが次代の組にどう影響するか是非試していただきたいのです(無論るべき相手役作品を用意した上で)。



まとまりのないお話になりましたが…とりあえず劇団には将来を見据えた適切な人事をお願いしたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 宝塚 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こういう人事予想は生徒には迷惑なことなので即刻削除してください

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >宝塚さん
    コメントありがとうございます。
    ご指摘の件ですが、そういうことを気にしていたら何も書けませんし、別に削除に値するほど誰かの名誉を毀損しているわけでもないと思います。
    記事に問題があるようでしたら"どのような部分"が"なぜ"削除されるべきかなのかを「詳しく」ご教授いただければと思います。

  3. 宝塚 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    北翔さんに迷惑なんです。解りませんか。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >宝塚さん
    ちょっとよく解んないです。もう少し詳しくお願いします。どうして北翔さんご自身への迷惑につながるのでしょうか?
    デリケートな話題ですし、ファンの方の中には人事のことを指摘されてピリピリする方がいらっしゃるのはよく理解できますが…

  5. 月姫 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    各組にトップとして1年づつ在籍して、大劇場・東宝2作づつ上演し、後輩を育てる。そうすれば、今後5年間、年末に「メリーウイドウ」が堪能できる。200周年に向けて、これが一番。私、本気です。それと、月組の龍真咲のような、とんでもない挨拶(いたぶられた・・・)をするトップは指導の対象とする。「いたぶる・・・・」という言葉は、大劇場で2500人の観客を前にして言うべき言葉ではない。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >月姫さん
    轟悠さん的ポジションを希望するということでしょうか。実現可能性は別として、面白いアイディアだと思います。
    まさおの挨拶は高確率で何かしら危うさがあると言うか、アウトな部分がありますね。
    少なくとも「大人のトップ」でないことは確かだと思います。

  7. 花茨 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私も本当に、なぜ、北翔さんをトップにしないのか、と思います。いつか宙組特別公演を見て、下級生たちが生き生きまとまっているのを見て、この組の実質トップだな、と思いましたもん。
    もし、北翔さんが宙のトップになったら、ずっと宙を応援するでしょうが、ならなかったら、もう宝塚は見ないと思います(私の場合、です)。

  8. 豆大福 より:

    ヅカファンの皆さんのコメントを拝見しますと、容姿重視の方たちが多くビックリしました。トップさんと二番手さん迄は最低限、歌唱力とダンスに定評のある方が選ばれるべきだと思います。
    容姿端麗であっても、高額なお金を支払い、下手な歌を何度も聴かされるのはストレスそのものです。
    宝塚に歌唱力とダンスを求めること事態が間違いなのかも~?劇団四季を観れば良いのかな?でも男のダンサーが嫌いだから。
    最初に柚希さんを観たのが間違いですね。
    歌、お芝居、ビジュアルも、何と言ってもダンスは超最高。
    よく10年に1人の逸材と言われますが、こんなに完璧な柚希さんは100年に1人の逸材だと思いました。
    因みに私は柚希さんのファンクラブもお茶会も行ったことがありません。

  9. ねこ より:

    同感です。
    「ビジュアルいいけど、実力皆無」はあり得ないと思います。
    苦手な部分を上回る魅力やビジュアルがあるなら「あり」と思いますが。(星組の何代か前のトップさんは、歌唱はホントひどかったですが。それを上回る魅力があったと思います)
    柚希さんも若い頃は歌が今ひとつでしたが、相当な努力をされて魅力ある歌唱を作り上げてこられましたよね。
    本当にすごいと思います。
    次のトップが北翔さんになった星組、楽しみですね。

  10. 鵜飼い より:

    既にみっちゃんふうちゃんも退団された後でのコメントとなりますが、劇団は何て惜しい方たちを易々と退団させてしまったのでしょう。
    元四季ファンから宝塚に流れましたが、宝塚においては歌唱力や演技力、ダンス能力より前に、まずビジュアルありきの世界なのですね。
    実力のある真の舞台人は皆無に等しくて、ビジュアルは素晴らしいが芸は素人という方達が、ここまで劇団に優遇されもてはやされてるという違和感に、なかなか納得できませんでした。

    みっちゃんはもちろん、みっちゃんと同期の美城れんさんの芝居の間は素晴らしいですね。
    みっちゃんも美城さんも路線を外され専科送りにされて、劇団四季では重宝される方々なのに、宝塚初心者だった頃は頭をひねることばかりでした^_^;

    現雪組トップさんのお歌を聴いた時には本当に椅子から転げ落ちそうになりました。
    そういうトップさんなり路線ジェンヌさんが多すぎますね。

    霧矢さんもお上手な方でしたね。けれどスタイルがダメ。
    樹里さんや風ちゃんはファニーなお顔立ちを叩かれ、
    タータンさんは地味な外見、安蘭けいさんや礼さんは身長で苦労され……。

    確かに次期の紅ゆずるさんのビジュアルは目を見張る素晴らしいものがあります。
    小顔、美肌、足長、華奢さ。。でもその感動は舞台序盤まで。

    みっちゃんのどんどんぐいぐい引きつけられていく終盤型こそ、真の舞台人であり、舞台人の醍醐味だと思います。

    というかビジュアルを褒められ劇団に可愛がられ単純にもトップや路線に上がって有頂天になれる方々、ある意味すごい才能です。
    生まれた時からビジュアルに恵まれた方は素直でうがった目を持たぬまま、10代から狭い世界に入られ世間知らずまっしぐらな道を歩まれるのかもしれませんね。。

    • アルタイル より:

      まだ退団前ですが…。今年の秋に退団されます。
      北翔さんは得難いエンターテイナー、退団後も活躍されると思います。むしろその方が、余計な叩きがなくてよいかもしれませんね。妃海さんは実に可愛らしくトップさんに寄り添っていて好きでしたが、実は音程怪しくて(笑)、容姿含め、上手く見せる技に長けていた処世術のある方と認識していました。
      宝塚は世間とは隔絶した価値観で動いているところだからこそ、100年続いたとしかいえないかと。唯一無二になるしか、一世紀存続する術はないのです。