蘭寿とむの代表作…?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近スカステをつけると、かなり高確率で蘭寿とむさんに出会います。

退団公演中なので特集されてますし、当然ですね。


しかしこうして蘭寿さんの過去の公演を見てると、なんというか…


トップ就任後は、ほんと作品に恵まれてない(涙)


とりあえず大劇オンリーで挙げていくと…(退団公演除く)



まず、お披露目の『ファントム』ですが、私にはこれをなんで蘭寿とむというスターに持ってきたのか、理解に苦しみます。


蘭寿さんはハッキリ言って歌が上手くないです。「音楽の怪人」には適格ではないでしょう。しかも相手役の蘭乃はなも歌全然ダメです。


…なんでこのコンビでファントムやろうと思ったんでしょうか?


ダンスの怪人が、ダンサーとしての素養のある娘にダンスを教える、というストーリーならば、ピッタリなんでしょうが…


あと、この作品の主人公エリックは、冷酷さと少年の純粋さを合わせ持った、マイナスオーラ漂う影のある人物なはずです。

陽のオーラがギラギラしている蘭とむさんとは、キャラがあまりに違いすぎませんか?日陰で育った人間が、なんであんなにソーラパワーを放っていたんですかね…


まあ、ファンの中には蘭とむさんのファントムを気に入っている方もいるみたいですし、あくまで個人的な意見です。



しかし『復活』『サンテクジュペリ』、これはあんまりなんじゃないですか。

あらすじの時点でチケット売れないことわかりきってませんか?コレ。企画段階で気づかないもんでしょうか…


『復活』とか、正月からロシアの暗く悲しい恋物語なんて、観に行きませんよ。


『サンテグ』に関しては…谷先生はもう大劇でオリジナルは書かないでください(切実)。


案の定両方とも、劇場はガラガラでした…



『愛と革命の詩』にいたっては、こんな作品を念願の「大恋愛もの!!!!」と言わされる蘭寿さんがホント気の毒でなりません。


ロミジュリの愛と死もどきを踊らせて、主人公とヒロインがなんとなく惹かれあってベッドシーンがあって、最後一緒に死ねば、それで大恋愛ものなんですか??


植田姐「まゆさん、これがあなたのやりたかった大恋愛ものよ!(ドヤ)」

蘭寿さん「は…はい、ありがとうございます…(落胆)」

といった様が目に浮かぶようです。



個人的に唯一良いな、と思ったのは、『オーシャンズ11』この作品の主人公のダニー・オーシャンは、飄々としつつも知性ダンディさを持った男くさいキャラクターであり、まさに蘭寿さんにピッタリだと思いました。


しかし惜しむらくは、これが内容的には佳作未満であり、そもそも「海外有名映画の舞台化」という話題性意外ほとんど取り柄がない作品であったということです。つまり、再演ではもうあまり集客が見込めないのです。


私はこの作品については、初演を蘭寿さんのお披露目のためにとっておくべきではなかったのか、と思ったりしてるところです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もなか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    蘭寿さんが花組次期トップと発表された時、企画会議でのオッサンPと演出家たちの「らんとむのお披露目はふぁんとむで決まり!」というガハハ笑いが見えたような気がしましたorz・・・年末のタカスペでもその匂いがプンプンでしたしね。
    その他の演目でも、蘭寿さんの劇団内(主にエラい人達)のイメージは、清く正しく美しく、なんだろうなあと。そりゃ、最高倍率で入学、主席入団で若い頃から路線でしたけど、面白みがないと思われてたんでしょうね。じゃないと、あんな長く足踏みしないですよ。でも、外からの需要は、「腰」と「赤面」という花組伝統の濃さだった訳で。。。トップになってもそれが全く判ってない演目が続き、ファンがコンガコンガ言ってるの聞いてやっと気付いたって感じの「オーシャンズ」(単にイケコが忙しくて新作書けなかっただけだと思うけど)
    ・・・と、やっと本音で書けました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >もなかさん
    コメントありがとうございます。
    おっしゃるとおり、劇団上層部にとっての蘭寿さんのイメージは「清く正しく美しく」、を体現したクリーンな人物、なんでしょうね。実際蘭寿さん自身のお人柄はそうなんだろうと推察されます。
    しかし、舞台上での蘭寿さんの持ち味は違うんですよね…
    男!!という感じの役こそ、蘭寿さんに適任であるということはファンの共通認識だと思うんですけどね。
    蘭寿さんのようなタイプのスターも珍しいだけに、なんとも微妙な作品ばかりなのが非常に惜しまれます…

  3. 蘭寿様 より:

    ヅカ三昧様は蘭寿とむ様に限り蘭寿さんと呼ばれていらっしゃいますが、大ファンですか?