謎のスピンオフ作品、出演者発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

o0479021612909998807

みやるり「エッ!また『ルパン』やんの!?」


カチャ「チケット売れるのかよ…」



と、写真の二人の声が聞こえてくるかのような謎のスピンオフ作品『THE KINGDOM』出演者が発表になってました(博多座の花詩集の方も)。


この親作品である『ルパン』は昨年最も眠気を誘う作品として名を轟かせた正塚先生の迷作です。

私が観劇に行ったときも、ご親切に横になって寝れるんじゃないかというほど席が空いておりました(肘掛があってムリか)。


あんな駄作のスピンオフなんて、よく企画通りましたね。


スピンオフっていうのはドラマで言えば『相棒』とか『踊る大捜査線』とか、「人気のある」作品から派生するものなのですが…

まあ、正塚先生の汚名返上の機会なんでしょうか。月組の皆さん、ご苦労さまです。



とまあ文句はこれくらいにして、この作品の出演者(というか博多座との振り分け)、なんとも不可解です。


ヒロイン候補である娘役たちが『THE KINGDOM』の方に集中しまくっています。

一方の博多座は見事に愛希れいかその他状態です。大丈夫なんでしょうか。


KINGDOMは主役が二人なのでおそらくヒロインも二人かと思いますが、この娘役の集中度合いを見るとヒロインに限らず娘役の見せ場が多いのかもしれません。

まさかの娘役祭りですか?だとしたら嬉しいんですが…


正塚先生は大劇場作品を作らせるとまるでダメですが、小劇場だと佳作を作ったりもするので、多少期待は持てる…のかな?

とりあえず一回は行ってみようと思います(怖いもの見たさ)。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. もなか より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    本当に、謎展開ですよね。
    ルパンは、正塚先生の中では当たったことになってるんでしょうか?まさおの大芝居のせいでイマイチだったってことになってるんでしょうか?私にとっては、みっちゃんの凄さを再確認する公演だったんですが、ねえ。
    カチャ、みやるりのどっちかもしくは両方が次のパックで退団でお餞別だったりして。でも、中身がビミョー。
    ところで、ただ今絶賛公演中の「花詩集」ですが、特出もあってスカステのニュースにも高確率で登場するので、つい口ずさんだりする訳ですが、姪っ子がこれを「タカラヅ~カ、話し中~」と歌っていて・・・いや、チケット買うための電話が繋がらない歌じゃないから(むしろ買いやすいほう)。
    何にしろ、今の月組はビミョーです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >もなかさん
    コメントありがとうございます。
    話し中~♪←ちょっと笑いました(笑)
    いや、口ずさんでもらえるショーは、良いショーである証拠ですよ?(笑)
    ところで今回の謎展開ですが、
    おそらくマサツカ先生的には、まさおの芝居がかった演技は「ナシ」だったんでしょうから、ルパンは不完全燃焼だったのでしょう。しかも評判もアレですし。普通にリベンジを果たしたいだけなんじゃないかと。
    しかしルパン題材でやるのはいかがなものかと思いますけどね。カチャとみやるりのキャラだって、そんな印象的じゃないですから。どんな奴だっけ?というようなキャラでスピンオフなんてちょっとズレてると思います。
    それにしても二人がかりとはいえ、なんとも微妙なコンビですし、ちゃんとチケット捌けるんでしょうか。青年館を埋めるのはそんなに甘くないと思います。