白いエリート、その行方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新人公演主演、それは劇団期待のスターに与えられるものであり、そしてトップスターへの登竜門である。


そんな下級生男役の誰もが憧れるポジションを、雪組彩風咲奈は実に5回も手にしてきた。


彼女に対する劇団の期待は非常に大きかった。それは音楽学校時代に始まり、生徒募集ポスターは異例の一人写り。首席入団後も当然のように阪急沿線の初詣ポスターモデルに選ばれ、そして新公主演。さらにかなり早い段階で彩凪翔とのほぼW扱いとはいえバウホール主演を果たしている。


まさに宝塚の若きエリート、そして「スーパースター」候補といえるだろう。


彼女の売りは長身とそのスタイルだが、それだけではないようにも思える。彼女は、舞台のどこにいても見つけられる。彼女を見ていると、「スターオーラ」というものは本当にあるのだと実感する。劇団が彼女に早々と目をつけた理由もうなずける。


しかしそんな彩風も、現在かなり伸び悩んでいるように見受けられる。彼女の今までの勢いであれば、とっくに2度目の、それも単独でのバウ主演くらいは済ませているはずだ。現在彼女は雪組においてそれなりのポジションにはいるものの、「絶対的な路線」では決してない。これは彼女のかつての扱いからすれば、かなり不自然ともいえよう。
これは、彼女が実力的な面においてもあまり成長が見られないということにも問題があるとも思うが、もうひとつ、なによりも彼女の足を引っ張っている原因があろう。 
あまり女性のルックスについてとやかく言うのは気が引けるが、彼女はプロの舞台人である。言わせていただこう。


…少々歯並びが悪すぎる。


彼女は立派な体つきをしているが、顔は子供そのものである。それでもしっかり整っていてベビーフェイスというのならいいのだが、あの歯並びのせいでスタイルとの釣り合いがあまりにアンバランスなのである。


あの顔つきでは、やんちゃで少年っぽさが残る役はまだこなすことができようが、そんなキャラクターは真ん中に与えられる役としては稀だ。大人の男や、高貴なキャラクターは全く似合わない。現に、この間の新公フェルゼン役はあまりに不似合いであった。


もう新公外の学年である。どうして今まで何もしてこなかったのか。ここに至るまで治さずにいるのが信じられない。

近しい人は何も指摘しないのだろうか。ジェンヌに対して「かわいいね」「かっこいいね」「素敵!」と言うだけでは全く彼女自身のためにはならない。デリケートな話だが、将来がかかっていることだ。指摘するべきことはしっかり指摘すべきだろう。

実力的にはまだまだとはいえ歯並び以外は目立った弱点のない彼女、非常にもったいないことをしていると思う。

彼女の場合ビジュアルから発せられるオーラが最大の売りなのに、一方でビジュアルが足かせになっているというなんともチグハグな状況に陥っているのだ。

とはいえ、ここまで新公主演を独占させてきたのだ。劇団としても引き返せないという気持ちもあろう。実際、彼女は今秋にやっとバウの単独主演を果たす。彼女の成長度合をみるチャンスではあるが、顔つきがあのままでは、役どころによってはどんな出来になるかわからない。それに本公演においても、もはや新公卒業の学年になった今、与えられる役も変わってくるだろう。そうなればあのままではあまりに厳しいのではないかと思われる。


宝塚は特に男役に対してはかなりシビアな世界だ。このまま売れないと分かれば、いずれどこかで路線から下ろされる可能性も十分にある。


既に彼女の同期、93期生の中では 芹香斗亜が台頭して久しい。もはや彼女の方が彩風よりも将来のトップの座に近い位置にいるように感じられる。また、愛月ひかるもバウ主演を控えており、今後が注目される。


それに何より、94期以下にも有望なスター達が続々登場してきている。

とりわけ、暁千星という、彩風の上位互換とも思えるスターの出現とその抜擢を見ると、彼女の立場は今後ますます危うくなってくるのではないかと思えてならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 涼LOVE咲 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ちょっと気になったので、
    コメントさせて頂きました!
    ご贔屓なので言わせていただきますが、
    歯のことは何回も言っていますが、
    あの八重歯がチャームポイントなんですよ!
    ブログを読ませて頂いていると
    中年ぐらいかなぁって思うのですが、
    私の母も歯のこと言いますが、
    あの八重歯がチャームポイントです!
    あと成長してないとか言っていらっしゃいますが、成長してますよ。
    昔の作品では可愛い感じだったのに、
    カッコ良い面もでてきてますよ。
    歌上手いですし、お芝居だって上手いです。
    私みたいになんとなく検索してたまたま
    スコッティさんのブログを初めて読んで、
    ファンの方が傷つく場合もあると
    言うことを考えてブログを書いて欲しいと
    思いました。
    ブログはただ自分だけが読む日記帳の
    ようなものではなく、誰かが読むかも
    しれないものなので。
    これはあくまでも私の意見です。

  2. モモ より:

    お初にコメントいたします。幾つか興味深く読せていただきました。鋭い視線で書かれてとっても共感できるところもそうかなぁ〜
    と思うところもありますが、歯並びに関してはトップの方は殆ど直しています。柚木レオンさんはトップ中に春野寿美礼さんもそうだったと思います。やっぱり直された後の方が美しいと思います。観られる立場のひとはそれなりにお金もかけるべきです。らんのはなはずっと直しませんでした。ほんとうに腹が立ちます。

  3. モモ より:

    さっきは中途半端なコメントしてしまいました。観られる立場の人なら直すべきだと私もヅカ三昧さんと同じ意見です。いくらかわいいとか、チャームポイントだからといっても直された方がずっと魅力が出るのでは?と思っています。八重歯が可愛いなんて石野真子さんだけで十分でしょう。

  4. えみこ より:

    全く同感です。さきなの舞台観るたびにあの歯が気になって役に感情移入できません。トップ目指すのであれば早めに治すべきです。
    致命的な歯並びの悪さだと思います。