人生を賭けた夢

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「宝塚は人生を賭けた夢でした」


サヨナラの挨拶に劇中の台詞や歌詞を引用するスターさんはよくいらっしゃいますが、今回の蘭寿とむさんの挨拶中のこのフレーズは、なんだか特に強く印象に残りまして、ここ数日頭の中をグルグル回っています。

卒業後どんな道に進むにせよ、タカラジェンヌにとって宝塚時代というのは、人生のピークと言っても過言じゃないと思います。二度と戻らないきらびやかな青春なわけです。

とりわけ蘭寿さんなんて宝塚のスーパーエリートとしてひたすら努力を重ねていたことがよく伝わっていただけに、その宝塚「人生」最後の瞬間に彼女の口から出たこの一言が、すごく重く感じられたのです。

反面、「自分には果たしていつかこういうことを胸を張って言える日がくるのか??」と思ったりなんかして…


自分の仕事に、生き方に誇りを持てるってすごいことですよね。蘭寿さんはまさしくそういう生き方をしてきたのでしょう。そうでなきゃこういうこと堂々と、そして説得力持って伝えられないでしょうし。


私は基本歌のあまり上手くないスターは好きではありませんが、蘭寿さんはなんか別枠で好きなスターでした。

なんか蘭寿とむというジェンヌは、チケットやら人気やら抜きにして、容姿・総合的な技術・そして人格と、宝塚の精神を体現したようなスターだったような気がするんですよね。


そういうスターが宝塚を去っていくことを寂しく思います。



蘭寿さん、今後どうされるんでしょうか?あれだけ男らしかった蘭寿とむ、舞台やテレビで女優っていうのは正直ピンとこないんですが…

とはいえ蘭寿さんは素の喋りは若干女の子っぽい面も見せたりしてると思うので、なんとかやっていけそうな気もしないでもないか?

どんな方向に進まれるのかわかりませんが、上手くいってほしいですね。


いずれにせよ記念イベント関係でまた大劇場に戻ってくるときには、かつての「蘭寿とむ」を蘇らせてくれるんじゃないかと思いますので、その辺は普通に期待しときます。


蘭寿さん、長い間お疲れ様でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする