花乃まりあトップ妥当説?的なもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、花組中日劇場公演『ベルサイユのばら』の配役発表があり、それについて「少なくとも今の花組内においては、花乃まりあがヒロインとして妥当」という内容の記事を書きました。


この意見は、ネット上では少数派に属すると思いますし、賛同する人も少ないでしょう。記事を御覧になって、気分を悪くされた方もいらっしゃると思います。

ツィッターなんか見ても今回の配役を批判する声が目立っていましたので、少々怯えていました(^o^;)


そんな中ふとブログやってる人たちの反応が気になり、ブログ巡りをしていたところ、アメブロの演劇カテゴリ上位ユリさんが、花乃まりあ>他の花娘(仙名彩世・華雅りりか・桜咲彩花という意見について、強い批判 を投げかけていらっしゃいました。


ユリさんが私なんかのしょーもないブログを御覧になってその記事をお書きになったとは思いませんが、批判の対象と完全に同じ趣旨の内容の記事を私が書いている以上、ユリさんの批判は私に対しても向けられていることは間違いないでしょう(記事を見たときはドキッとしました…)。

ユリさんのみならず、反対意見を持っている皆さんに到底納得していただけるようなことは綴れないのですが、可能な限り自分なりの意見を述べさせていただこうかと思います。


まず、花娘3人の「具体的なマイナス点」についてですが、ユリさんが挙げられた以上のことを指摘することはできないです(しょっぱなからすみませんが)。結局はビジュアルと実力のバランス、という点に行き着いてしまうと思います。

とりわけ今回問題になるのは、ビジュアル面でしょうか。


私自身ビジュアル重視の宝塚には批判的な記事を書いており、ここに至って手のひら返しのようなことをするのはちょっとどうかとも思うのですが、ビジュアルはトップになるにあたって最低限要求されるものであることは間違いありません。

とりわけ、明日海りおは実力的にも安定しているとはいえ、最大の売りはそのルックスであると思われます。それになるべく釣り合うような娘役を用意する必要があるわけです。しかも、明日海が実力面でもあまり問題ない以上、必ずしも相手役は実力者である必要がなく、よりビジュアルに重点がいくことになるのではないでしょうか(ここが凰稀かなめ・実咲凜音コンビと違う部分だと思われます)。


ビジュアルと一口にいっても、ここで重視されるのは「華」と呼ばれるものであるかと思います。娘役になぞらえて言うなら、要は、ヒロインらしさ。娘1は舞台上で相手役であるカッコイイ男役に常に愛される存在であり、時にストーリー上複数の男役が争いの原因にするほどの存在なのですから、そのような人物であることに説得力ある存在として舞台に立っていなければなりません。おそらく、そのような存在であることを成立させる要素が、「華」というものなのでしょう(男役にも同様に当てはまることです)。

この「華」という概念、あまりに漠然としていて持ち出すのは気がひけるのですが、確かに存在するものであると思います。宝塚おとめなどの書籍等を見てもわからない、舞台上での存在感舞台映えとでもいうのでしょうか。


もちろん、3人の花娘たちがこれを最低限備えていることは間違いないとは思います。皆、それぞれ「華」がある。だからこそ、新公ヒロインや、バウヒロインを任せられたのです。
ただ、いかんせん3人とも弱い。絶対にトップにしようと、劇団が動くほどの「華」は持っていないのです。これは、劇団の彼女たちに対する扱いを見ればなんとなくわかると思います。本当にトップとしての器たる娘役であるならば、たとえ蘭乃はな政権下にあったとしても、相応のキャリアを積んで他組に避難するか、花乃が異動するまでもなくそのまま蘭乃の後を引き継げるはずです。


私は普段劇団の人事に異を唱えているのですが、トップ就任時期や在任期間は別として、劇団による「華」のあるスターの選定能力はある程度確かなものがあると思っています。
劇団も商売をやっているのですから、多くの客が見て納得するような人材を真ん中にしよう、というスタンスで挑んでいるのは間違いないでしょうし、万人が納得する結論ではないにせよ、ある程度正確にそれは行われているのではないでしょうか。


もっとも、「華」のみでヒロイン(トップ)になれるわけではないとは思います。他にも、相手役との身長バランス、実力面等を総合して、ヒロインというのは決まっていくのでしょう。これらの総合力によって、必ずトップになれる(劇団がなんとしてもそうする)スターと、タイミング次第でトップになれるスターとが分かれるのではないかと思われます。
そして、花組3人娘については、後者に属するものと私は思います。花乃は中間くらい、といったところでしょうか。咲妃みゆなんかは前者でしょう。
RPGのキャラクターのように、能力が数値化されているわけではないので、大いに主観が入った評価になってしまうことは否めないのですが。

みりおはでトップにしたい。しかし、彼女の相手役としては現在花組にいる路線娘役では不足である。それなら他組から持ってくるしかない。これが、劇団の思考だと思います。

そして、より「華」がありフレッシュでかつ異動が可能な花乃まりあを相手役に、という結論に至ったのではないでしょうか(咲妃は売約済み)。


以前から述べている通り、私自身花乃はみりおの相手役としてベストであるとは思いません。やはり、96期であるということがネックなのです。ファンの反発が強いスターを、将来の期待される明日海の相手役にするのは、どうにも賛成しかねます。
しかし一方で、96期問題というのは舞台の外の話である、ということも事実です。舞台でしっかりヒロインらしくしてくれさえすれば、問題ないとも言えるのです。少なくとも劇団としてはそういうスタンスでしょう。そしてそれはある意味正しいと思います。
それでも花乃では夢がみれない、もはや96期問題は舞台上においても無視できない、というのであれば、花乃ではない他の誰かを他組から持ってくる形になるのではないでしょうか。少なくとも現状、花娘3人は正統派ヒロイン候補として劇団から認められておらず、よってヒロイン就任のためのキャリアが不足していると言わざるを得ません(花乃も十分とは言えませんが、彼女たちよりは豊富です)。


花乃のトップ就任が実現した場合、先行きが大変不安なことは間違いないのですが、やはり「今の」花組においては花乃まりあしかいない、と私は思います。

まあ、まだ決定したわけではありませんけどね。嫁なしで行くことも考えられますし、番狂わせもありえるかもしれませんから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 飛鳥 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    私もそのブログを読みました。
    私にも花組の娘役さんが花乃さんより劣っていると思えません。
    花乃さんを舞台でご覧になったことがありますか?
    宙組の中にいても娘役としては大きい方ですよ。
    96期で裁判記録にも載り、更に画像まで出ている。
    そこに加え、体格も明日海さんと逆転。
    明日海さんファン&花組ファンに歓迎される要素がありません。
    従って、妥当だとは到底思えません。
    それなら風ちゃんや星乃さんが落下傘の方が妥当だと思います。

  2. 飛鳥 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すみません。
    風ちゃんと星乃さんの名前を出しましたが「今の」花組内とお書きでしたね。
    お二人のことは、気にしないでください。
    でも、花乃さんが妥当と言うのは認められません。
    これに関しては、ユリさんのブログを支持します。
    長々と失礼致しました。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >飛鳥さん
    コメントありがとうございます。
    飛鳥さんと同じ意見の方は相当数いらっしゃるでしょう。
    だからこそ、私も花乃の花組娘1就任には、本来反対の立場なのです。

  4. プンプン より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すいません。
    96期でいじめをされた人が明日海りおさんの相手役になるのでは?と心配しているものです。
    宝塚のかたには、清く、正しく、美しくを忘れないでいて欲しいと願っています。

  5. ゆっち。 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ご意見、私は素直に受け取れます。
    『エリザベート』の配役が発表され、新公ヒロインを花乃さんが射止めたことでますます批判は強くなるでしよう。
    真っ当なオーディションがされたのなら、仙名さんがシシィでしょうが…彼女がヒロインをすると、残念ながら受け止める技量のある男役はいないでしょう。
    桜咲さんがまん中に来るためには…まず痩せることとが必至でしょう。
    望海さんとの並びは可愛いのに残念ですが。
    華雅さんは…男役より顔が大きな娘役はなしですね。
    彼女こそ、歌も芝居も踊りも平均点で、新公ヒロインはお情けでしょう。
    万が一決まった場合には、実力をいかんなく発揮してくれるよう願うばかりです。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    要は、○会枠ですな・・・蘭はなの後釜も・・・
    実力、ビジュアル云々以前の問題であり、そのことについて、時間を費やすこと自体ナンセンスのような気がします(>_<)
    ファン歴 半世紀のおやぢより。

  7. 花乃に早くやめて欲しいに1票 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    黒期であることが否定材料である事は否めませんが、黒期の子でないとしても、それより何より顔が長くてみりおに似合わない!!それが一番の否定材料です。
    仙名も顔が長い、後の2人は太い、私的には他に似合いの子がいると思う(敢えて名は言いませんが)
    まして組替OKなら尚更並んで似合わない花乃でなくてもと思います
    こんな似合わない子をみりおの相手にするのは
    やはり裏で黒期が物を言ってるとしか思えない

  8. ビジュアル より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ビジュアル面の懸案事項は華ではなく、体格のごつさや顎の大きさ等です。明日海さんは顔も小さく体格も華奢です。骨格的にごつい方は似合わないかと思います。 また彼女は裁判記録にも証言が残っており、また例の写真も出回っていますよね。舞台でどんなに可愛らしくても、やはりこの件がちらつき不快になりますね。