W主演で漫画原作

スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨日の記事では触れませんでしたが、バウで漫画原作物やるんですね。

青池保子先生の作品。かつて星組で上演したエルアルコンと同じ原作者です。


そもそもアニメ・漫画作品2.5次元の宝塚にはぴったりの題材だと思いますので、コンスタントに上演して欲しいと思っています。

ただ、作品の出来不出来はどうしても演出家次第なので、適切な先生に担当して欲しいところです。

適任者として挙げられるのは、やはり齋藤吉正先生でしょう。アニメ・漫画好きらしいということもあって、オタクのツボを心得ているような印象を受けます。賛否あるでしょうが、エルアルコンも結構面白かったです。

最近ショー作家にシフトしていっているような感じがしますが、是非お芝居担当に戻ってきてもらいたいですね。齋藤先生はショーだと制御が利かなくなるのか、あまりに趣味に走りすぎるきらいがあるので。


さて『アルカサル -王城-』にてバウ初W主演を務める十碧 れいや麻央 侑希ですが、ぶっちゃけ二人とも星組内では伸び悩んでいる部類に入るのではないでしょうか。


麻央 侑希なんて入団時成績があんまり良くないにも関わらず初詣ポスターに抜擢、その後の役付き等も恵まれていますが、最近あんまりパッとしません。やはり実力不足が大きいのだと思います。見た目は姿月あさとを髣髴とさせるものの、歌唱力は似ても似つかず…

大躍進中の実力派・礼真琴の影に隠れてしまっている感があります。


十碧 れいやは一応新公主演経験があるとはいえ、3本立てのお芝居部分だからなぁ…ちょいと弱い。

93期は彩風や愛月・蒼羽などスター揃い、新公外になってW主演というのもなんだか今更感がありますが、どうなるのか。

今回のW主演企画、二人のスターとしての素質を試しつつ、人気等を獲得させて来年以降の星組新体制を支える力になってもらいたいという期待があるのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みぽりん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは
    そうですね…伸び悩んでますね2人とも!
    かもめは大盛況のようでしたし
    次世代はまこちゃんにバトンを繋ぐことになるのでしょうね
    紅さんからのまこちゃん…間に真風はいりませんよ
    真風の方向性は決まってなのかな…もう少し歌お芝居ダンスとも勉強しないとね!