月組について~若手スターたち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新公学年外が「若手」に入るのかわかりませんが、とりあえずまとめておきます。



宇月颯。よさこいではセンターたまきちの隣で目立ってました。顔小さいっすね。
なかなか存在感あると思いますし、ダンスが上手いです。しかしこれから上に行くとも思えず、かと言って脇で輝くタイプって感じでもなく…どうなるんでしょうか。


紫門ゆりや王子様風というか、育ちの良さそうな感じが漂う、個人的に好きなジェンヌです。
でも今回出てましたか?ってくらいわかりませんでした。もう少し出番を与えてあげてください(x_x;)


煌月爽矢。以前92期についての記事 で、「あまり目立っていない、個性がない」と書いた手前、注意して観察してみました。
綺麗な人ですよね。あとなんとなく線が細いと感じました。舞台は未見ですが、昨年の新公オスカルは似合っていたんじゃないかと思います。
しかしどうにもインパクトがないというか、脇でどうこうなるようなタイプじゃないと思うんですよ。そしてもう真ん中ってことはないでしょうし、うーん、どうしましょう(^_^;)


鳳月杏。彼女の強烈な二枚目オーラは、おとめ等の書籍映像を見ていたんじゃわからないと思います。是非劇場で見て触って感じてほしいです。気づいた途端、目が離せなくなること請け合いです。貴重なタイプのスターだと思うので、別枠で大事に使っていってほしいと思います。


現在23番手付近を中途半端なメンツがウヨウヨしてることもあり、上で触れたスター達に出番あんまり回ってこなくてちょっと可哀想な感じですが、いずれ多少霧は晴れると思うので、(残れる人は)辛抱して残っていてほしいと思います。



そして珠城りょう。将来確実にトップになるでしょう。よさこいのシーンでの男前度は異常です。ただ、もう少しお歌頑張ってほしい。
今でも一応許容範囲内ですが、歌唱力を身に付ければおそらく無敵でしょうから。
劇団には、彼女を大事に育てほしいですね。現段階でそこそこ完成しているからといって、急激に上げることには慎重になって頂きたい。実力人気を着実に付けさせてやってほしいのです。
月でトップにするのであれば、まさおとの間に誰か挟むべきだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. りりか より:

    8月より読ませていただいております。宇月さんですが「春の雪」での演技と歌に魅了されてファンになってしまいました。あんなに歌える方なんて知りませんでした。スカステでも日本物が好きって言われてますし、雪組に移動して、まっつさん演じられた「心中」の役を再演してほしいくらいです。