月組について~新公のお二人

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回新人公演で主演を務めたお二人です。


暁千星

男役として恵まれた体躯に存在感もあり、何より身体能力が非常に高いと見受けられます。ダンスは必見。歌もまぁ、歌えます。


しかし芝居はハッキリ言ってヘタとしか形容できないです。もちろんまだ研3、ということもあるでしょうが、彼女はろくに役貰ってない上級生よりはるかに経験豊富なはずでしょう。なんであんなに素人感丸出しなんでしょうか?

おそらく芝居心というものを持ち合わせていないのではないかと思います。本公演でのお芝居でも一言目立つ台詞があるのですが、その一言すら最後までヘタでした。

あとこの点は仕方ありませんけど、やはりまだ男役としてのも出来ておらず、なんか子供感があります(ベビーフェイスなのでなおさら)。新公では芝居のヘタさと相まってまるで宝塚ごっこをしている学生、といった感じでした。言葉悪いですが、正直な感想です。


彼女に対しては劇団の期待も高く、これからも多くのチャンスを与えられると思うので、それにしっかり応えられるように頑張ってほしいです。


海乃美月

ヒロインらしいシャープなシルエットと、品を感じさせる落ち着きがあり、現在月組において筆頭の路線娘役です。

今回の新公でも芝居でヒロインを、ショーの大部分でトップ娘役ポジションを演じ、勢いを感じさせます。

以前私も新公を観劇し、色々と批評しつつも「今後順調に路線娘役として進むだろう」と述べましたが、冷静に考えると事はそう単純でもないと気がつきます。


まず彼女のルックス面ですが、大人っぽすぎるというか、ぶっちゃけ結構老けて見える思います。少女アンジェラより人妻レイラの方がしっくり似合ってました(そして暁ジェイクよりはるかに年上に見える)。ちょっと研4って感じではない。

この点は、近い将来学年の離れた上級生とペアを組んだとき、例えば北翔海莉を月組のトップとして迎えた場合に、その学年差を埋める武器となりうるとも言えるでしょうし、実際私もそういう目で彼女を観察していました。

しかし困ったことに彼女、はっきり言って歌唱力大したことありません。スカステなど歌唱面で売り出されている割には、歌えてないと私は思います。

彼女はビジュアルのみで売れるタイプの娘役では決してないと思うので、歌唱力向上のためもう少し努力を重ねる必要があるでしょう。あの手の貫禄あるルックスの娘役からは、それなりの歌が飛び出してこないと少なくとも私としては拍子抜けです。


今後月組には早乙女わかばが(左遷で)やってきますし、9899にもそれぞれヒロイン候補と見られる娘役が配属されており、抜擢が始まっています。

咲妃みゆという強力な路線娘役が抜け、ライバルが不在であった今までの状況とは全く異なるのです

海乃にとっては、この一年が勝負の分かれ目であると思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする