宙組『ベルサイユのばら』東京新人公演~感想その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回の月組に続いて、総じてレベルの高さの目立つ新人公演だったと思います。期待通りと言えば期待通り。キャスティングには若干違和感がありましたけどね。

 
 

まずは主演和希そら  

前から実力者であることは知っていましたが、やはり上手かったです。芝居・歌共に良し。

とりあえず久しぶりにまともな愛の巡礼を聴かせてくれたことには感謝。 


ただ、やはりビジュアル的にオスカルは似合わないなぜ和希そら?って感じです。

男装の麗人じゃないんですよね。幼少から鍛え上げられた女子アスリート、でも心は乙女みたいなそんな感じ。ある意味リアルといえばリアルなんですが…まぁ小柄なので、そんなに屈強そうなイメージは出てなかったですけど。  

 

 

アンドレ役の実羚淳

完全ノーマークで、抜擢に驚いたものの、とりあえずチャンスを与えるのは良い事だと申し上げました。が…


正直アンドレでした。ビジュアルは完全に若き日の英真なおきですし(若き日知りませんが)、歌もなんだか不安定、そして芝居がダメなぜ抜擢したし


毒殺シーンの薬混入の場面、挙動不振すぎてもはや面白かったんですが、あれはどういうアプローチの演技なんですかね…

銃撃を受けて倒れるシーンも、リアクションがユルい


あと滑舌は改善すべきでしょう。毒殺シーンの「モーチャルトか?」モーツァルト)やら今宵一夜のシーンの「お前らしくもない、今夜はどうかしているぜよ土佐弁)はスミマセンがちょっと笑いそうになってしまいました。 

 

まぁ、周りは普通に泣いていましたが…

 

 

ヒロイン・ロザリー役の伶美うらら

 本役の実咲凜音もそうですが、そもそもロザリータイプではないんですよね。貫禄ありすぎます。伶美の場合相手役が学年下の和希なので、余計に厳しい。姉さんロザリー弟オスカル君と言った感じ。
 

とはいえ芝居はさすがに場数こなしているだけあって新公レベルを超えていたと感じました。安定はしている。まぁ当たり前ですが。


問題はです。  

なんですか?あのか細い声は。喉の調子でも悪いんでしょうか?

 

ちょうどファントムのマダム・カルロッタ製ドリンクを飲まされた後のようなお声をしていらっしゃいましたけど、彼女は(毎公演)盛られてるんですか?

 

もっと声出せないんですかね。彼女が歌いだすと一気に劇場が心配ムードに包まれるのでよろしくないです。

彼女を本当にトップにするつもりなら、せめてもう少し歌唱力を上げて欲しいと切に願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする