宙組『ベルサイユのばら』東京新人公演~感想その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベルナール役の瑠風輝

歌・芝居共に良し。将来性はかなりあると思います。あと何となく見た目が彩風ベルナールに似ているような気がしました。

 

宙の98期男役は彼女で決まりでしょうかね。98期は月組にめっちゃ推されてる暁千星がいますが、総合力は瑠風の方がある感じがしますし、案外彼女の方が先に上がるっていうこともあるかもしれません。

 
 

ル・ルー役の華雪りら小柄な美人さんです。 

おてんばな子役というキャラクターで特殊な演技を求められていましたが、そこはかとなく漂うヘタ臭ブルータス、お前もか?

98抜擢を受けている暁千星星南のぞみ大根役者が揃っていますが、まさか彼女もメンバー入りするなんてことはやめて下さいよ…

ま、実力明らかになるのはまだ先のことだと思います。次回もほぼ間違いなく役が付くでしょうし

  

983人娘のうち残りの2人、遥羽らら小春乃さよオスカルの姉妹を演じ、また小公女として一応まとまった台詞がありましたが、今回は華雪がリードという形になるのでしょうね。今後も宙の娘役98期は華雪メインで行きそうな気はします。

小春乃の課題は化粧かな…ちょっと怖いかも((;゚Д゚)


その他のキャストでは、
マロングラッセ役の花咲あいりブイエ将軍役の風馬翔が上手かったです。それにジャルジェ婦人役の彩花まりもちゃんと上品なお母さんしてたと思います。
あとダグー大佐役の穂稀せり。下級生には難しい役どころだと思いますが、こちらも見事でしたね。彼女も98期ですが、系のエリートとして育てられそう(^_^;)

 

 

色々と文句をつけましたが、先の記事の冒頭で述べた通り、今回もまたレベルの高い新公であったことは間違いないと思います。

しかしやはり過去に配役を予想したように桜木オスカル和希アンドレで是非観たかったですね。そっちの方がそれぞれのキャラに合ってますしよりクオリティが上がったのではないかと思いますので。

 

和希そら桜木みなと、そして留依蒔世  

とりあえずこの三人は現在の宙組主要メンツよりよっぽど実力があることがわかったので、これからどんどん使っていってほしいです。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする