城妃・真彩ら、組替え

スポンサーリンク
スポンサーリンク

下級生娘役の人事異動です。

まず、星組の城妃美伶花組へ。

とりあえず城妃は栄転と見て良いんじゃないでしょうかね。花組には路線として数えられる娘役は多いものの、今の彼女の勢いに対抗できると思われるほどの娘役はいません。新公ヒロインを独占できるのではないでしょうか。

  

逆に城妃が来ることで、他の花娘は相当厳しくなると思われます。

仙名彩世あたりは別格として地位が保証されるので関係ないとは思いますが。あと桜咲彩花も月組の花陽みら女役ポジションでやっていけるかもしれません(そういや同期ですね、この二人)。

朝月希和春妃うららといった新公学年内のメンツはちょっと難しいでしょうね。

  

今後城妃は花乃の下で路線として経験を積みつつ、将来の花娘1となるか、花乃の後を継ぐまでもなくどこか空きが出たところに異動するというパターンを辿るのではないでしょうか。もっとも、下級生に強力なライバルが出現しなければの話ですが。 


 

 

そして反対に、花組の真彩希帆星組へ。

 

彼女の異動はちょっとわかりませんね

まだ新公主演等、路線娘役としてのキャリアを積ませてもらっていない段階での異動ですから。


次回新公でのマダム・ヴォルフなんかも路線のやる役とも思えず…彼女はひょっとしたら女役候補なのでは、という予感が何となくですがします。

勿論路線の可能性はありますが、とりあえず次期星組娘1の座は妃海風綺咲愛里との争いになるのでしょうし。真彩の今後は、組内における同期以下の娘役との競争次第、といったところでしょうか。
 

 

 

それと、今回の大発表陰に隠れて、なにやら地味に不可解な人事が…

研2宙組娘役一人雪組へ異動。

とりあえず私が今まで見た中でも、高レベルでな異動です。

…どういう意図の人事なんですか?これは。

 

彼女は今年の2月に組配属され、宙に来てから半年程度しか経ってないわけです。今異動させるのは極めて不自然でしょう。こんなまどろっこしいことする必要はなく、最初から雪組に配属しておけばよかったのですから。

 

たしかに娘役に関しては、最下級生にして大抜擢、トップ候補としての異動ということも可能性としてはありえるかもしれません。

しかし彼女は今回のベルばら新公組内99期娘役で唯一役を貰っておらず期待のホープと評価する事は到底できないのではないでしょうか。

 
そのような生徒の極めてイレギュラーな組替え、まあ、あまりポジティブな理由ではないのかな、と推測します。異動後も配役等にさしたる影響は出ないのではないかと。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする