花組トップコンビお披露目公演

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう2日前の話題ですが、明日海りお花乃まりあ大劇コンビお披露目公演について。

  

なんか、いきなり普通なの来たなって感じですね(^_^;)

 

脚本の大石静先生は3年前に宙組公演『美しき生涯』を担当したことが記憶に新しく、起用すること自体にあまり話題性はありません。しかもそんなに評判良い公演でしたかこれ…?

  

なんというか、明日海に対する劇団からの緩やかな試練だと思いました。

 

スター個人としての集客力いきなり試される形になるのではないでしょうか。

てっきり今後も名作・話題作目白押しでいくのかと予想していましたが。

可愛い子には旅をさせよ、ってことでしょうかね。

  

かつて劇団から大いに期待されていたと見られる音月桂が、就任後ショボめの作品ばかり用意されて寂しく早期に退団しましたし、また明日海の今までの経歴(劇団の早期抜擢に伴う二番手経験不足、そして相手役問題)が音月と若干被る部分があったりもするので、ちょっと嫌な予感がしないでもありませんが… 

 

まあ、面白い作品であることに期待したいです。

あとはポスター等、宣伝の工夫ですね。観たい!と思わせるようなビジュアル作りが肝要だと思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする