前田慶次・東京新人公演感想その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 最後に二番手以下のキャストについて。



二番手・助右衛門役に抜擢の97期、永久輝 せあ


彼女も声の作り方とか、本役の早霧っぽくやっていたなぁという印象。そこは真似すべきところなんですかね… 

 

ルックスは、やはり華があると思います。そして非常に爽やか。感じとしては主演の月城と同じ涼やかな青系なんですが、彼女はより水色というか。(←わかりにくい)

実力面はどうなんでしょう…なんとも評価しがたい。決して上手いとは言えませんが、かといってド下手でもない。ちょいヘタ寄りの平凡って感じでしょうか。

 

なんにしても上達に期待するしかないです。路線スター候補であることは間違いありませんから

  

97男役は彼女のほかに宙組留依蒔世月組蓮つかさと注目のスター候補がいますが、どうにも一長一短なんですよね…

  

ルックスでは永久輝>>蓮>>留依 ですが、

実力では留依>>>越えられない壁>>蓮>永久輝 という…

  

なかなか上手いこといかないもんです。

 

 

コメディ担当・深草重太夫役の真地佑果

 

勢いでなんとか演じきったかな、という印象。月城みたいな結構出来る生徒と掛け合いをすると、まだ色々未熟なのがわかります。それなりに出来てるとは思うんですけどね。

こういったお笑い役を満足にやるには、もう少し経験が必要かな、という感じはしました。なんかこの間のキングダムの感想と同じようなこと言ってますね…(^_^;)

 

まあ、ギャグシーンは普通に面白かったですが。

 

 

  

雪丸役の煌羽レオ

 

正直微妙でしたね…ダークな悪役感は非常に出ていたんですけど、なんというか、惜しい。

最初登場して台詞喋りだしたときは「おっ」と思ったんですが、になるとうーん…

本役がまっつ、というのもありますが、ちょっと厳しいですね。

 

彼女はかっこいいとは思うんですが、もう路線って感じでもありませんし別格として活躍するのにもちょいと弱い、という印象を受けます。頑張って蓮城まことポジションって感じですか…?

 

 

  

庄司又左衛門役の久城あす

 

上手いんですけど、それだけに他にもっと役なかったんですかって感じ。

彼女は雪丸とか重太夫とか、もっと別の役で見たかった。

 

終演後、長としての挨拶も立派。

新公のため新しく用意された慶次の台詞を引用して、感動的でした。

 

 

 

主要な役どころ以外では、水沙瑠流演じる黒田官兵衛がクッソ弱そうなのが気になりました。

杖ついてますが、なんか転んだとかその辺のチンピラにボコられて怪我しましたって感じ。頼りない参謀だなぁ…

まず声が弱々しいんですよね。そこが大きなマイナスポイントだと思います。

  

あと今回から参加の研2の中では、願人坊主役の諏訪さきがなんか目立ってて気になります。今後上がってくるかもしれません。

 

 

 

とりあえず印象に残ったのはこんな感じですかね。 

他に触れるべき生徒もいると思いますが、そこは気にならなかった=自然で上手だったということで(^o^;)

秀吉とかの老け役やってた生徒たちもかなり健闘していたと思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする