雪組公演・MyDream TAKARAZUKA感想(今更)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

続いてショーの感想も一応。


トップ退団公演のショーはどうしてもサヨナラ色が強くなりますが、今回は特にそんな感じでしたね。全編通してサヨナラショーというか。

演出もそうですけど、やはり退団を全面に出したオリジナルソング(宇崎作曲以外の曲含む)がそんな雰囲気を強めていたと思います。

このオリジナルソングというかその歌詞、これはスカステで最初聴いたときは何というかお涙頂戴な感が満載で個人的にあんまり好印象ではありませんでしたが、やはり劇場で生で観るとなかなかにグッとくるものがあります。特に白い衣装で退団者が踊るところとかもうね…


壮一帆というスターのこれまでが路線でありながら順風満帆な道のりでなかっただけに、余計に感動的でした。

3作というのは少々短いと思いますが、今回の公演で男役壮一帆の一応の集大成的なものは見せてくれたのではないでしょうか。

 

 

あと、同時退団の相手役のあゆっち、彼女も歌など結構頑張ってましたね。

 

今更無粋ですけど、愛加あゆは壮一帆の相手役として本来ベストではなかったと私は思います。

彼女は芝居はできますが娘1としては少々丸すぎです。実際はそれほどでもないのかもしれませんが、基本細いジェンヌの中で並ぶと結構太ましい。就任時から、ヒロインとしての説得力にはかなり欠けていたように感じていました。シャルウィーの主婦役はピッタリでしたが。

 

しかも相手役が壮さんとなると、壮さん自身がかなり細いので、余計にあゆっちの丸さが際立ちます

今回のショーにしても、リフト出来ずに手をつないでグルグル、それで拍手貰っちゃうなんてトップコンビとしてはどうなのって感じですし。

 

ただ、この二人の凄いところは、愛加がひたすらに壮さんを慕い、それに壮さんが応える事で、半ば強引にお似合いのカップルであることを定着させてしまったということですかね。

夫婦っぷりをここまでアピールされると、観ている側としても「あぁ、この組み合わせて良かったんだ」と思っちゃいますよ。

彼女も姉の夢咲ねねと同じく同時退団以外の選択肢の無い相手役だったと思われますが、短期ということもあって非常に良い引き際だったと言えるのではないでしょうか。

 

 

今回のショー、主演コンビのお二人に焦点を当てて観ると、なかなかに感動的で素晴らしい作品だと評価できると思います。いかにも綺麗に去って行きましたって感じです。

 


しかし問題は残された雪組の方々。どうしましょうか、歌を

銀橋で次々にスター達が歌い踊るシーン。なんすかあの。思わず苦笑いです。


あれはやばいでしょう。もう雪には歌える人がいないということを再確認させられます。

パレードにしても、「叫べ!叫べ!」ってホントに叫んでるだけだし。まとも歌ってほしいです(切実)

 

早霧夢乃彩凪、もうボンバーマン揃いですよ。

あと鳳翔とかマジ何しに雪組来たんですかね?もう路線でもなければ実力の底上げにもならない、ただ雪組メンツの身長の低さを際立たせるだけだと思うのですが。

 

まっつが辞めてしまったのも痛い。歌唱力のある望海風斗が異動してくるとはいえ、まっつとはそもそも役割が異なると思われますし、まっつ程の場を締める空気感のようなものはまだ彼女には備わっていないように思われるので、穴をふさぐのは難しいと思います。


誰もが認める歌ヘタ
の早霧が壮さんに代わってトップに、そしてその周りを爆弾抱えた方々が固めるような新体制においては、だいもんの異動なんて焼け石に水のような気もしますね

 


とりあえず雪は今後かなり苦戦すると予想します。今売ってる伯爵令嬢なんかもそうですけど、雪ファン以外はちょっとリピート厳しいでしょう。せめてもう少し歌に期待が持てないと…

で見るだけがミュージカルではないので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かづらかた より:

    今さらですみません(..) 壮さん短かったですが 宝塚らしい貴重な大人の男役さんでした(T.T) アイドル系ばかりでも 困ったものだし… 実力不足の主演はごめんです。劇団も入試の時に原石をシッカリみきわめないと!個性的でスケールの大きな逸材は見付からないなですよ(`ヘ´) レオン かなめも抜ける来年は 作品力が勝負!みっちゃんでスカピンを是非♪