2015年のカレンダー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2015年カレンダー掲載月が発表になりましたね。

 

次期トップについてなどは、掲載月だけでそんなに予想は立てられないと思いますが、とりあえず龍真咲来年1作目『1789』での退団はなし、というのは確実なんじゃないでしょうか。流石にその次で退団でしょうけど、なんだか予想外に長期って感じです。

『PUCK』も今のところあんまり売れてる感じしませんし、売れない月組はまだまだ続くよっていうことでしょうかね。随分余裕っすね月組…

 

 

あとステージカレンダーの掲載月からして、実咲凜音は来年8月の宙組新トップお披露目で辞めるのかな、とか思ったり…

蘭乃はなみりおのお披露目で退団ですが、実咲は蘭乃とは異なり娘役トップとしてはかなりの不遇っぷりでしたから、このまま一作目で退団だとするとちょっと早すぎないかとは思いますね。後ろも全然育っていないので尚更です。

同期の池銀伶美うららとか、来年は流石に賞味期限切れでしょうよ。

 

 

卓上カレンダーのメンツの分け方も面白い事になってますね。

バウ単独主演経験の有無で差をつけたんでしょうが、なんというか、ちょっと機械的に過ぎないかという感じはします。一人写りのスターと、その他大勢組のスターとでそんなに差があるのか?という組み合わせが目立つような。しっくりくるのはたまきちの月組と、せいぜい星組のくらいでしょうか。

宙の愛月ひかるとか、同期の蒼羽りくとそんなに違いないだろって感じですし、雪の彩風咲奈なんか、いずれ月城かなと抜かされるべき存在になりつつあると思うのですが。

今回から若手メンバーのみでの構成になったということもあり、なぜ載ったというレベルのスターがかなり増えたのもカオスの要因かもしれません。

あ、花も妥当といえば妥当ですが…マイティはどうした?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぱご より:

    はじめまして。
    宝塚関連で検索をして(検索ワード忘れてしまいましたが)、アメブロ時代のこちらのブログにたどり着きました。
    以来、いつも楽しく拝見させていただいております。
    細く長くうすーく宝塚ファンを20年ちょっと続けております。

    さて、今回の記事で
    「龍真咲の来年1作目『1789』での退団はなし、というのは確実」
    の部分について質問です。
    私はこの並びを見て「1789の東京公演の千秋楽は7月26日、まさおさん掲載月は5月、あー、次で退団なのかしら?」と思ったのですが、「退団はなし」なのでしょうか?
    ちえさんも、東京公演の千秋楽が5月で掲載月が4月、個人的に、卒業した後にカレンダーに載っていなければOKなのかと思っておりました・・・

    • ヅカ三昧。 より:

      コメントありがとうございます。

      たしかに、「宝塚スターカレンダー」において龍の掲載月は5月であり、これを見て一瞬私も来年一作目でまさおが退団するのではないかと思いましたが、「宝塚ステージカレンダー」の方では何気に龍は12月に掲載されています。よってまさおの来年内退団はなし、と判断いたしました。

  2. ぱご より:

    確かに、なにげに12月に載っていますね。
    しょうもない質問に、ご丁寧にありがとうございました!