星組公演『パッショネイト宝塚!』感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

理事付き別に話題作でもないオリジナルのスーツもの+ショー売れ行きが好調なのは単純に柚希ありきなのかと思っていましたが、実際観てみると先に述べたようにお芝居も良かったですし、ショーなんか特に組のカラーに合わせて作られていて満足度も高く、チケットがなかなか手に入らないのも納得の公演でした。

今回の『パッショネイト宝塚!』はじつに星組らしい、というか星組にしかできないショーって感じ。とにかく熱気がすさまじい

カポエイラのシーンなんか、団体賞ものなんじゃないでしょうか。

個人的に黒塗りのショーはあんまり好みではないのですが、ここまで徹底的に「暑さ」を味わえるのならもう一回くらい観てもいいなと思えます。チケット手に入りませんけどね…

夢咲ねねがちょっとお色気出しすぎじゃないかとも思いましたけれど、そもそも今の星組に「品」というものを求めるのは間違いだと思うのであれはあれでOKなんじゃないでしょうかね。

太陽のようにギラギラしたトップスターちょいケバめの派手な嫁、それに漫才師ヌボーっとした巨人すばしっこい少年が加わってパワフルに騒がしくやっているサーカス集団っていうのが今の星組なんじゃないかと私は捉えていますし、むしろそこが良いところだと思います。お上品さなんてものとは無縁に、賑やかにやっていればそれはそれで見ていて楽しいので。

 

ただ柚希という大黒柱を失った次の世代がどうなのかという不安はありますが。

ショーの方では紅にしても真風にしても、とにかく歌の弱さが目立つ。

特には歌もそうですが発声もう少し工夫できないんでしょうか。あの男役の声の作り方ヘロヘロしてて全然カッコ良いと感じられません。せめてその点さえ改善できれば、かなり違うと思うんですけどね…

真風なかなか上手くならないし…彼女は技術さえ身につければ絶対に化けるスターだと思っているのですが、こちらも一向に… (;^_^

両名とも素材は良いのにもったいないなぁと今回のショー観ててつくづく思いました。

 

ま、それはさておき今の星組はすごいと思いますよ。あの銀橋に柚希・夢咲・紅・真風・十輝、主要スター揃い踏みの場面とか、本当に圧倒されますから。アレ、他組で同じようなことやって同様の迫力が出せるでしょうか

例えば月組龍・愛希・カチャみや・マギー・コマとか一斉に出てきて、「うおぉすげー」ってなりますかね…

紅も次期としては弱いとはいえ、二番手としての地位は文句なく確立していると思いますし、一応トップ候補だけあってやっぱはありますので、ああやってオールスターメンツとして登場されるとありがたみのようなものはあるでしょう。

…十輝が少々おまけ感ありましたけど、それでもデカいので迫力は十分でした

 

あと、十碧れいや麻央侑希といった路線メンバーも実力的にはどうなんだって感じですが、ああいう抜群のスタイルハッタリ効くのでただ見てる分には問題なしです。

巨大な蚊取り線香みたいなやつから柚希が出てくるシーンでの彼女達のダルマ姿プロポーション良すぎてちょっとビビリます同じ人間かな?(;^_^

礼真琴もスタイルに弱点はありますがやはり技術が高いのでちゃんと場面を締めることができ、今や星組に欠かせない戦力となっていますね(トップ路線としてはどうなのかとは個人的に思いますが)。ショー部分でも実力が突出していたように思います。

このように個性あるスターが色々いるっていうのは組としての強みなのは間違いないでしょう。今回のショーでも、こういった次世代のメンバーがちゃんと適材適所で使われていたように感じました。

 妃海風のエトワールはそれなりに上手いので別にあまり気になりませんでしたが、あの人選は例のごとく路線娘役としての出番の調整に他ならないのではないでしょうか。単純に歌の上手さで選ぶのなら音花ゆりとかでも良かったと思いますし。

あそこでエトワールを妃海以外に充ててしまったら、芝居・ショー通して綺咲愛里に軍配が上がる感じになっちゃいますので、その辺はボカしておきたいんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする