コメントへの返信~みっちゃん星トップ説・うらら様に資格?~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

頂いたコメントや拍手メッセージへの返信です。※赤字強調は管理人

まずはこちらの記事へのコメントから。

ですけど、みっちゃん星組に決まってます、というのを耳にはさみました。
私は昔から星組好きなので、星組でなってほしい気もします。
べに子のファンががっかりするかな?
〔中略〕
みっちゃんは誰もが認める実力者で、アンチもあまりいないので、縁の薄い星組でもそんなに批判されないと思いますが、どうでしょうか?

噂ですか…(; ^ω^ )どうなんでしょう。眉唾ものなんじゃないかと私は思いますが。

こちらの記事等でも少し触れましたが、北翔海莉星組に送る必要性はないと私は思いますし、また個人的にですが星組はカラーじゃないと思います。

仮に星組にみっちゃんをトップとして投入するとすればそれは、単純にファンに対して責任をとるというただそれだけの意味合いに他ならないでしょう。実力不安な伶美うららとか相手役に来て、かつ一作で退団とかでも全然おかしくないですね。

まあ、妃海風を相手役に迎え、このコンビでスカピンやってくれればみっちゃんファンもそれなりに満足するかもしれませんが(スカピンやるにはぴったりのコンビ)、そうなると落下傘された上思い入れのある新公主演作品の主役を奪われる紅ファンはたまらないでしょうし…平和ではないでしょうな。

それにみっちゃん星次期なら、まさおの後に空く椅子に座れそうなのは真風望海ということになりそうですが、いずれのスターも以外役割が決まっているように私は思います。

珠城りょうも考えられないことはないですが、次期と言うにはまだ全然早いです。誰か間に挟むべきでしょう(現在上演中の公演を観て強く感じました)。

そういうわけで、私は北翔海莉はもう月しかないと思いますね。

続いてこちらの記事への拍手メッセージより抜粋。

それぞれの見方があると、痛感します。〔中略〕うららさんお歌がお上手だったらな、といつも思ってしまいます。らんちゃんの例もありますから、十分資格ありますよ

いつも叩いてばかりで伶美ファンの皆様には申し訳ありませんが、私も彼女の美しさ上品さというのは稀有なものであると思っていますし、これでもう少し実力が備わっていたらと残念でなりません。

せめて花乃まりあくらいの実力でもあれば、文句なしにトップ娘役でしょうし、そもそも実力派の同期に落下傘されて同期トップ下でこう何度も新公ヒロインをするなんてことはなかったでしょう。

蘭乃はなもトップになれたのだから…ということですが、歌下手がトップになってるんだから、こっちの歌下手もオッケーというのには賛同しかねます。それに蘭乃は踊れますが、伶美はどうでしょうか。

また伶美はすでに風格が女役の域に達していると見受けられるので、一年後就任というのはちょっと無理があるのではと私は思っています。まあ、この感じだとどっかの次期でしょうけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はづき より:

    みっちゃん星情報って2ch情報ですよね…
    実しやかなツイッター情報まで出たりしたようですが、星トップは状況的に無理があると私も思います。
    歌劇団いうところはぶっちゃけバック〉人気〉実力なところなので。
    紅子は強いバックはないようですが、人気は高いですしね。
    劇団の扱いは明らかに紅子〉みっちゃんですし、もし本当にみっちゃん星次期なら今年中に歌劇表紙をみっちゃんにすべきですが、残念ながら来月はだいもんが歌劇表紙初登場らしいです。
    12月号はねねちゃんでしょうから今年のみっちゃん表紙はないわけで、もし星トップなら急いで上げて条件満たす必要があると思われますので、やはり星トップは無理があるかなと…
    余計な諍いの元にもなりそうですし、その辺りを考えても月が無難と思います。
    ただ、みっちゃん研19になってしまいますが(/ _ ; )その辺りが心配です。
    先ずは来年1月の鼠小僧がDVD化されるか…がポイントだと思います。
    たたもしみっちゃんトップにする気ないならチケット代だけちゃっかり2番手価格にしないでもらえますかねーと思う次第です。

  2. らんらん より:

    みっちゃん星トップの噂、私も聞きました。でも、実力的には何ら問題のなかったみっちゃんを、わざわざ何年も寝かせて(専科で修業させて)今さらどこかのトップスターにさせる意味が私にはわかりません。星にしろ月にしろ、災いのモトになってしまうのではないでしょうか? みっちゃんには、数年で退団せざるを得ないトップスターになるより、専科という、そこそこいい立場で長く活躍していただきたいです。花組「エリザベート」を見て、改めてそう思いました。