使われるスターの責任

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここ数日の記事を見返すと、宙組路線娘役・伶美うららバッシングする内容を書きまくっている感じですが、これは全然意図したものではないです。

 

今まで記事を読んでくださっている方はお分かりの通り、このブログ観劇日誌と言いながら基本的に人事について文句を言うのが主であり、特にビジュアルのみで実力の伴わないスターの抜擢には厳しい意見を書いています。

 

最近宙組関連の発表相次いでいることから、必然的に今後の宙組人事を語る上で欠かせない存在であり、かつ実力的に不安がある伶美うららが話題に上ってしまうのです。スマヌ。

 

 

ビジュアルだけ実力が伴わない(特に歌が弱い路線娘役といえば、彼女のほかに雪組星乃あんり月組早乙女わかばがいます。俗に言う実力3凶ビジュアル系3人娘ってやつですな(言わないか)

正直このお二方は総合的な実力の面では伶美以下のようにも見受けられますが、このうち星乃あんり咲妃みゆの異動後妥当なポジションに行き着いたと思われるため、個人的にもうあまり文句はなく、そのため当ブログでも数えるほどしか彼女に触れてないと思います。

早乙女わかばに関しては、前回の『THE KINGDOMという駄作においてWヒロインを演じたものの、現在上演中の『PUCK』とショーを観る限り案の定左遷完全に路線落ちルートです。そのため今後言及する機会も徐々に減ってくるでしょう。

 

 

一応断っておきますが、私は伶美うららというスター個人嫌っているわけではないですよ(;^_^) 今までの書きぶりからするとあまり説得力がないかもしれませんが。

何度も言っていますように彼女は美しいですし、使いようによってはかなり使える役者である本当に思っています。

 

私が何よりなのは、彼女が実力面において難点があり(特に歌えない)しかも役柄の限られそうなマダム系美人の娘()役であるにも関わらず、正式な娘役トップを押し退ける勢いで、娘1候補としてめちゃくちゃに推されているということ、その事実です。

 

そしてこれは当然ですがまず劇団の姿勢に問題があると考えます。

彼女が企業のイメージガールをする。これは結構です。

しかし舞台においては実力や容姿相応の扱いをしてほしいです。今の彼女の破格のポジションは、実力等々に照らしてあまりに不相応であると私は感じています。

 

 

このような現状ゴリ押しともいえる伶美の役付きに関して、言うまでもないですが彼女自身に一切の責任はないと思います。

彼女本人はただ粛々とレッスンに励んでいるか、あるいは励んでいないかのどちらかでしょう。

 

ただ、劇団から一方的に指名されたとはいえ、やはりヒロインあるいはそれに準ずる役で舞台に立つことを最終的に自ら決めたのであれば抜擢に応えてちゃんとした芝居なり歌なりを客に見せて欲しいものです。

 

 

宝塚歌劇団には、「スター」の域にも達しない、退団時の挨拶でようやく一般のファンに認識してもらえるレベルの生徒山ほどいます。

そのような中、恵まれたチャンスを与えられている一握りの生徒には、確実にステップアップしつつ可能な限り良いものを見せる責任があると私は考えます。

 

この間の新公ベルばらのロザリーにしても、マリーアントワネットかの如き風格バーンと登場したと思ったら、か細い声「しろき~…バラひと~つ…」なんて、そりゃ文句も言いたくなりますよ。

ヒロイン何度やってんすか彼女。

 

 

例年高倍率を誇る音楽学校で二年間専門教育を受け、劇団に入ればほぼ無条件に舞台に立ちながら研鑽を重ねることができ、さらに抜擢を受ける生徒は主要ポジションで場数も踏める。

それにも関わらず低レベルなパフォーマンスをする生徒が少なからずいるって、マジでおかしくないですかね。

宝塚のスター全体に言えることですが、劇団でロクな技術的教育がなされていないのだとするならば各自で工夫して向上を図ってほしいと切に願います。

 

 

つまり何が言いたいかというと、うららちゃん、もっと頑張って上手くなってください!ってことです。

以上!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろ より:

    そうです。

    陽月華の二の舞はごめんこうむります。

    娘1は恥ずかしくない程度の歌唱力は絶対に必要です。

    同じ轍を踏まぬよう強く要望します。

    悪夢再びとなりませんように。

  2. スピロペント より:

    私も全く同感であります。
    私が観劇した際のゆうりさんのソロは、声が裏返ったりろくに声が出ななったりと酷いものでした。思わず苦笑してしまいました。
    美しいだけで実力の伴わないところは、檀れいさんを彷彿とさせます。こういう娘役さんが活躍する舞台は恥ずかしくて友人達には見せられません。「学芸会」と評されても仕方ない。

  3. はるえす より:

    同感です。
    みりおんの退団後の人事が気になりますが、3拍子揃った希有なスター朝夏まなとさんの足を引っ張る相手役だけは勘弁してほしいなと思います。役を選ばす演じ歌えるのは娘1の必須条件、うららさんは脇で輝くタイプかと。
    ちまたで、トップにうららさんを推す声を聞くと「?」です。いったいどんな役を演じられますか?歌わない人妻、ドスの効いた娼婦?それは素晴らしい当たり役。けれども彼女の持ち味は娘1ではないと思います。