花組公演『エリザベート』感想~その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東京初日、行って参りました。

 

蘭乃はなシシィを演じるということが当初気がかりではあったものの、総合的に見るとそれなりにクオリティの高い舞台であったと言えるのではないでしょうか。皆それぞれが頑張ってそれ相応の『エリザベート』という舞台を作り上げていたように思います。

 

ストーリー等に関してはもはや語る事はないでしょうけど、何ていうか、あれですね。この重厚な雰囲気、話の流れやテンポ、そして楽曲このレベルの作品国産完全オリジナルで作り上げることはやはり無理なんでしょうかね。

潤色も多少あるとはいえ、宝塚の誇るベルばらとか風共なんかと比べると、いかんともしがたい圧倒的ながあることは否定できないでしょう。

ベルばら等宝塚の代表とされているオリジナル作品って、お客様どうぞここで眠ってくださいっていうシーンがほぼ確実に用意されてるじゃないですか。エリザってそういうのないですもんね。ちゃんと最初から最後まで客をグイグイ引っ張っていく。

やはり面白いですし売れるわけだと思います

いつかオリジナルで、こういった作品が生まれて欲しいですね。無理か

 

 以下、キャストについて。

トート役、花組トップに就任した明日海りお

本作でトートを演じることが決定したときは、キャラに合ってないだろうと思いましたし、実際今回見てもビジュアル的に黄泉の帝王というより死神界の若きエリート、あるいは死神王子って感じではありました。

 

しかし、結構演技頑張っていたんじゃないでしょうか。

明日海の場合、持ち味的にトートみたいなキャラを演じるとすぐに折れそうなトート閣下というか、人間に感化されちゃいそうな黄泉の帝王になりかねないと予想していたんですよ。

でも今回見た感じではかなりキャラにが通っていてトートとして見てて違和感無かったです。見た目はイケメン死神Z-BOYですが。

ただ、霊廟のシーン、あそこで一気にいつもの悩める美少年みりお君に戻るのは脚本的に仕方ないんでしょうかね。それまでかなり冷酷なキャラで通していただけになんか落差激しいというか。シシィから拒絶されるシーンでもあまり感情を顕わにしなかったのに(ガックリはしていましたが)、ここで大きく変貌するのが少し気になりました。

あと、拳銃取り出すときはくれぐれも髪に引っ掛けないようにしてください…(; ^ω^ )

 

なかなか良かった。主役である彼女がまとも歌えるということが、言うまでもないことでしょうが今回の作品のクオリティを高めている大きな要因だと思います。難しい楽曲であろうにも関わらず、ちゃんと聴かせてくれました。

 

フィナーレでも、期待のスター揃い+みっちゃんがいる中において、しっかりと真ん中のスターオーラを放っていたと思います。

大階段で赤い衣装(だったかな)でスポットを浴びた瞬間なんか、流石劇団期待のスター、新しい時代・新しいタイプのトップ誕生って感じでカッコ良かったですよ。

 

終演後の挨拶、これもまた作中での雰囲気とのギャップがあって面白い。

運動会の話題が出ると、客席からも笑いが。運動会、ほんと残念でしたね…(; ^ω^ )

全体的におとぼけ風ですが、人の良さが滲み出ててなんか微笑ましいです。「望海と真彩(研3でも、ちゃんと名前を憶えて紹介)はこれが最後の花組、…組周りの皆さんも、ひょっとしたらこれが最後の花組かもしれません(笑)」と、何気なく組替えの生徒や最下級生に対しても気を配っている辺りも好印象。

 

ビジュアルも良く、歌・芝居も安定していて舞台では魅せる。周りへの気配りも欠かさないけど、どこか可愛らしいがある。こういうところが明日海の魅力なのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こっこ より:

    みりおは、他にはないタイプのトップですね。
    実力が安定しており、あの美しさ。
    ムラで数回観劇しましたが、ピッタリサイズの衣装のせいで
    余計に小柄に感じられます。特にショー。

    みりおの歌唱力が本作品のクオリティを高めている、その通りですね。
    みっちゃん、だいもん、一花がまたすばらしいですし。
    蘭ちゃんはバラツキがありますが、それでも及第点かな?
    個人的には地声の部分がキツすぎて苦手ですが。