花組公演『エリザベート』感想~その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイトルロール・エリザベートを演じた蘭乃はな

実質的な主役であるシシィの出来不出来が、この作品のクオリティを大きく左右します。

 

これまでの彼女の歌唱等の実力面からして、私には蘭乃が『エリザベート』の楽曲を歌いこなせるとは到底思えず期待せず観劇に臨みました。

 

、なかなかどうして、ハードルをかなり下げていたというのもあるでしょうけど、意外にもそれなりにシシィだった。

もちろん歌の途中でちょくちょく調子の悪いCDみたいになったり、細かい部分の演技など気になる部分もありましたが、全体的にはかなり健闘していたように見受けられました。

 

少なくとも、この舞台を壊す程度には至っていないでしょうし、デュエット等で目立つほど誰かの足を引っ張るようなこともなかったように思います。

 

病院訪問のシーンなんか、ここは初日を観る限りほぼノーミスっぽく、仙名の演技と相まって普通に感動できる仕上がりになっていたんじゃないでしょうか。

 

もちろん、蘭乃が本来的にシシィが出来る娘役かと言われればやはりどうなのかというところではあります。不安定さはどうしても出てしまっている。

とはいえここ最近の、トートやゾフィーを軽く殺れそう男シシィや、特出ゴリ押し男役シシィに比べれば、私は今回の「娘役」シシィの方が遥かにマシだと思いましたね。

ちょっと評価甘いか?(;^_^)

 

 

 

専科より特出、フランツ皇帝を演じた北翔海莉

 

が上手い。これは当然として、今回の観劇で改めて思ったのは北翔海莉はお芝居が巧いスターだ、ということ。繊細さがとても伝わってくる

 

青年時代の執務室でのシーンでは、の間で揺れる感情を、かなりわかりやすく表現していたと思います。こういった若きフランツの作り方もありですね。

若干貫禄が隠しきれていないので、これからお見合い、というシーンで「え、まだ結婚してないの?」とはなりましたが。

まあでも、台詞回し仕草非常に若々しく作っていて、そこは流石

 

お見合いの場面、ここではルキーニの歌のバックでフランツたちが早送り演技をしますが、みっちゃんの動作がホントにビデオの早回しそのもので感心しました。目線に至るまでキレッキレです。

細かい芝居も抜かりなしすごいぞ、北翔海莉。

 

ヒゲを着けて以降のフランツ皇帝は、持ち前の貫禄実力との相乗効果で、歴代ベストを狙えるレベルに仕上がってたのではないでしょうか。

もちろん、最終答弁の場面での気迫も凄い。

 

やはり実力が確かなので、演じる場面一つひとつがしっかりとまとまる

北翔海莉という強力なユニットの存在が、今回のエリザを一応の成功に導いたになっていたことは間違いないと思います。

 

 

 

 

…。

まあ、ここまでは良いとして…何かしつこいようで書くか少々迷いましたが、以前から指摘しているみっちゃんビジュアル面について。

 

フィナーレでだいもんキキカレーと、花組の誇るトップ路線たち並んで踊る群舞のシーン。ここはかなりビジュアルが試される場面であることに間違いありませんが、冷静に見て、今のトップ候補たちの中における北翔海莉というスターの異質さというか、何か違うということを確認せざるを得ませんでした

 

…明らかに時代が違う。「世代」、でなく「時代」です。なんていうか、今風じゃないんですよ

 

スタイルは特に気になりません。やはり化粧洗練されているとは言いがたいんじゃないでしょうか。

ほんと、こういうのは工夫次第だと思うのですが。

 

今回まじまじと見て強く疑問に感じたのは、みっちゃんはヅカ化粧によって「変身」ができているのか?ということです。

みりおはシャープな輪郭に綺麗に通った鼻筋男役として恵まれた顔立ちを十分に活かしながらさらにイケメンに仕上げてくる

キキまん丸のお顔に小さめのお目目と、対談番組において安蘭けいが当初懸念していたことを明らかにしたように、男役としてどうなの?っていう感じのルックスですが、舞台の上ではしっかり「変身」してイケメンになっています

カレーそもそもヅカメイク無しでもOK

 

みっちゃんはどうかというと、なんか塗っただけって感じがしちゃうんですよね。ただ白いみっちゃんみたいな。ひょっとしたら素化粧の方が良いのでは?とさえ思う。

いずれにしてもなんか古いどういう方向性でビジュアル作りをしているのかな、と気になります。

 

劇場の階段にデカデカと貼ってある次郎吉のビジュアルはなかなかカッコいいんだけど…あれはあくまでポスターだからな~

 

 

まあ、そうは言ってもフィナーレの銀橋ソロあの大きな空間を一人で掌握できるのはやはり北翔海莉の実力本物であるからということに他ならないと思います。

先の群舞の場面にしても、ルックスはさておき若手を率いる「トップスター候補」としての違和感は全く感じませんでした。やはり風格があるし、元々路線として育成されてきただけあって真ん中オーラはあります。

 

学年的な問題等々あるにしても、何度も主張しているように私は北翔海莉というスターはトップになるべきだと思うし、なれると思っています。

みっちゃんの率いる組であれば、まだ宝塚を知らない人を誘っても恥ずかしくない舞台を作ってくれるはずです。

 

ただ、実力は勿論重要であるものの、一次的に客に訴えかけるのはビジュアルなので、可能であるならばもう少しの改良を、と願う次第です。

 

それに今は勝負の時なので、尚の事。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さき より:

    おっしゃる通りです。宝塚OGの某メーキャップアーチストにメイク個人指導をお願いできるなら私が払ってもいいくらいです!

    そこだけなんですよ、ホントに北翔は地顔の良さをメイクで活かしきれていない、むしろ殺してる。
    ナツメさんといい、寿ひずるさんといい素顔と男役メイクのギャップが素晴らしかった。

    大型免許よりもメイクもしくは絵を習いに行きなさい、みっちゃん^_−☆