月組新人公演『PUCK』感想~その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーミア役、海乃美月

お芝居は普通に上手いです。声も結構透明感があって聞き取りやすいと思う。

 

しかしあの演技は、本役・愛希れいか完全なるコピーですね。声の出し方、台詞の微妙なタイミングまで、ほぼ一致していると思います。

もちろん、コピーが可能というのはそれなりに実力があることの証明とも言えるんでしょうけど、彼女の場合もう娘役トップの座が見え始めているのですから、今の段階本役のコピーをやっているのはどうなんだろうという気はしますね。(この点、研6の月城かなと壮さんのコピーをしているのとは状況が異なると思う)

他のキャストが、それぞれオリジナリティあるキャラ作りを披露している中では、少し物足りなく感じてしまう部分がありました。

 

はまぁ…ちょっと声にカサつきがあるような気がしますけど、エトワールじゃなければ許容範囲だと思います。普通に聴けます。

 

ビジュアル改善の余地あるでしょうね。全体的な雰囲気として清楚で実直な感じは良く出てますが、学年以上に見えてしまうというのは娘役としては基本的に弱点でしょうから、化粧等を工夫するしかありません。

遠目で見るとあまり気になりませんけど…変えられるとすれば眉と目かな?少なくとも違うだろうなぁというのはわかる。太めで垂れた感じで作っちゃってるのが老け感を出しちゃってよろしくないんじゃないですかね。

 

 

 

ヘレン役早乙女わかば

( ^ω^)…?

 

え?キミ本当にあの早乙女わかば??

 

大健闘でしょ。早乙女ヘレン、まさかまさかの本役超えか。

自慢ビジュアルこれでもかというほどに崩し、立ち居振る舞いも正当派娘役のそれを完全に捨てて挑んでいる。

あと、アドリブなんかも体当たりでちゃんと笑わせてくるし。ホントに早乙女わかばなのか?

今回の新公、大部分彼女が持っていった感があるぞ??

 

ここまで捨て身の覚悟で挑んでくるとは…

彼女、実は役者だったんですね。見直しました

 

 

まあ、台詞回しは、ところどころいつものわかばちゃん。しかし驚くほどに気にならなかったどうした?( ;^ω^)

 

結局、今までの役が彼女に合ってなかったってことでしょうかね。ルックスはヒロイン、しかし中身は全く別の方向性に適したスターということなのかな?

はっちゃけたタイプの役を用意すると、ここまで面白いキャラクターを見せてくれるなんて、意外や意外

月組に異動してきてどうするんだと思ってましたが、こういった新境地を開拓してくれたのなら、役どころは限られるものの全然使えますね

 

そーだなー…

じゃあ明日からコマはどうしようか( ^ω^)

 

 

今回の新公、ビジュアル面で海乃ハーミアと早乙女ヘレンとの逆転現象が起こり可笑しなことになるんじゃないかと予想していましたが、全く別の形早乙女が場をさらっていったと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする