月組公演『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』感想~その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そういやショーの感想を放置していましたね。ちょいネガティブ意見多めなので気乗りしませんけど…内容を忘れないうちにそろそろ書いておこうと思います。

例によって文句ばかりなので、龍真咲最高!月組最高!CRYSTAL TAKARAZUKA最高!という方はスルーを一応推奨しておきます。

 

 

 

観劇後の第一印象THE・凡作

盛り上がりのポイントは

・開幕と同時に照射されるレーザービーム。客席がどよめく。

客席降り二階席まで組子がやってくる

これくらいでしょう。

 

ただ、宝塚らしい華やかさというか、そういったものはあるんじゃないでしょうか。衣装やセットもそれなりにキラキラしてますし。観終わって「宝塚を観た」感は一応味わえると思います。

『PUCK』と合わせて、宝塚を未見の人にも薦められる作品であるとは言えるかもしれません。

 

 

ハイ、では以下、ほぼ文句です。

 

まず、構成について。

今回のショー、テーマの一貫性を持っていないように感じられました。一体何が”クリスタル”なのか?

Mr.シンデレラ、ドールオペラ、エストレージャス(まさおのクセ全開の歌の場面)少なくともこの場面におけるクリスタル要素は皆無じゃないですか。まあ、深読みすりゃ見出せなくもないですが…人のとかね。あと心とか。( ^ω^)

 

全体的に、なんか色々なショーや芝居から適当に場面をツギハギしたって感じでした。

 

シンデレラからドールにかけて、中途半端にお芝居が入っているのも気になります。なんかストーリー台詞多めで、ショー感が若干薄れますがどういう意図なんでしょうか。

 

それと、ドールの場面における妙に後味の悪い終わり方もどうなんでしょう。この場面に関しては、ダークな世界観や回路がショートする効果音気味悪く、個人的にあんまり好みではありません。何度か観劇するうちに慣れましたが、初見では変に後味の悪さが残り、直後に出てくるクリスタルズとかいうグループの超絶微妙な歌唱途中まで引きずっていました(; ^ω^)

 

そしてしずくの結晶の場面。組子が大勢出てくるという点では前回の100人ロケットと共通ですけど、フォーメーションのわかりやすさ・綺麗さ雲泥の差だと思います。

曲は壮大で、なんか凄いんだろうというのは感じるのですが、何が凄いのかわからないっていう感じじゃないですかね。

二階席からならともかく、一階席からでは大量の組子が右往左往してるだけ何やってるのか理解しにくいです。

 

 

なんか、ショーの演出がほとんど藤井大介頼みになるのもわかるような気がしましたね。今回のショーは、少なくともその組のスターの個性と言ったものを理解して作られてはいないように思いました(もっとも、藤井先生の全ての作品が良いとは思いませんが)。

番手ぼかし上げたいスターの比重には非常に気を配ってましたけどね

 

やはりこういったどこの組でやっても変わらないような凡作においては、その組における生徒のスター性といったものがモロに出てしまうような気がします。

柚希等の強烈なトップスター以外に対してのショー演出は、そういった点でかなり気を使う必要がありそうです。

開幕後レーザー照射客席も沸くので演出的には成功とも言えるかもしれませんが、実はこれ、今の月組においては諸刃の剣じゃないでしょうか。

ハッキリ言って、特別出演のレーザービーム君以下のスターが多すぎるように感じます。

 

トップのまさお

正直申し上げて、今回のショーにおけるトップ感かなり薄い思います。あくまで主観ですけど、どういうわけかトップの割には大して目立っていないと感じました。衣装の助けが弱いせいなのか、とにかく登場シーンで「おぉっ」とならない

割と冗談抜きで、サイドに設置してあるレーザーどっちに目を奪われるか、というところです。

 

まあ、登場のオーラ云々はさておくとしても、本作におけるまさおのダンス問題だと思いますよ。ショーのである踊りをほとんど愛希れいかに任せて、自身が踊っていない

私はダンスの良し悪しはそこまでわからないのですが、今回の如く最初から最後まで相手役に任せっきりで自分は踊らないスタイルを貫かれてしまうと、やっぱり評判通り踊れないのではないかと思ってしまいます。

 

じゃあで聴かせてくるかといえば、そうでもない。『PUCK』で後半強制的に声を封じられていた反動か、ショーはクセの塊です。特にあのジプシーキングスにおけるまさおの歌唱はクセが凄まじくもはやギャグの域に達しているような…(;^_^)いや、確かにある意味個性的だと思いますがアピールすべきはそういうのじゃないだろっていう…

長期トップにならんとするスターは、こういったショーでも一定の存在感実力を見せ付けなければならないと私は思うんですが… 

逆に愛希大活躍しており、今回のショーにおいて龍は実質的月組トップスターの座を相手役である愛希に奪われていたような印象すら受けましたね

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. かづらかた より:

    同感です!まさおのクセのあるセリフ 歌はなんとかならんのでしょうか… 先生がたは何もいわないの? 今回 長台詞がなくてホッとしています。なんてつらいです。ちゃぴはほんとに頑張ってました!エライ♪

  2. もなか より:

    やっぱり、キツかったですか。。。
    私はまだ見てなくて東京へ来るの待ちなんですが、去年のまさおが若手2番手スターみたいだったショー(トップはもちろん、みっちゃん。スターオーラと安定度が段違い)のことを思い出して、2階席残してあとのチケット手放そうかなぁと思っちゃいました。でも、エリザとは段違いに手に入るんですよねえ。保険のつもりで申し込んであったの全部当たっちゃうとかw
    この前うっかり伯爵令嬢とエリザベートをハシゴしちゃって、この2つホントに同じ値段でいいのか?と思ったばかりなんですが、まさおのもエリザと同じ値段なんですよねえ。。。

    • ヅカ三昧。 より:

      私のように意地の悪い見方をしなければ、普通に楽しめるんじゃないですか。
      記事でも述べた通り、宝塚らしい華やかさはあると思います。PUCKもお話わかりやすいですし。

      チケットの売れ行きにしても、月組にしては結構頑張ってるんじゃないかと(まだ買えますが…)。まあ、百周年効果もあるんでしょうけどね。

      伯爵令嬢、私も先日観劇しました。
      結構面白かったですけど、せいぜい二番手価格が相当かなとは思いましたね。キャストの実力的に…(;^_^)

  3. おとこの友情 より:

    いつも楽しく読ませて頂いております^^
    まさおは、私もとっても苦手です。
    月組のファンなのですが、一人のお陰で。。
    本当に残念な思いをしております。

    ちゃぴちゃんは健気に、本当によく頑張っていて、
    彼女がいるから、成り立っている感がありますね~。
    月組2番手は、 チャピ! であり仰るとおりトップとも言える。

    ただ、エリザベートは何故か感動が薄く、
    おとなりの、全く期待していなかった伯爵令嬢に私の中では
    軍配が上がってしまいました。

    中味の薄い話ではありますが、 キャストがそれぞれ漫画の登場人物に
    なりきっていて、別の意味で見応えを感じました。。

    まさに、 漫画と舞台芸術@宝塚の融合。
    宝塚でしかできない、こういうのもたまにはいいかなと(*^_^*)

    PUCKは、人間になるまではなかなか良かった。 その後は同感です。

     

    • ヅカ三昧。 より:

      コメントありがとうございます。
      伯爵令嬢、確かに中々楽しい舞台でした。こういった作品はコンスタントに上演すべきでしょうね。

      まさおのPUCK、初日付近は素直に「可愛い」と思えたんですけどね…新公付近は何かおかしいことになっているように私には感じられました。そして新公のあーさのパックを観て、改めて本公演における違和感を認識。

      本当に、あの変なクセを封印してストレートにお芝居してほしいです(加えてキャラクターの丁寧な解釈も必要かもしれませんが)。そうすればキャラ的には合っており、歌唱力も低くないのですから、より見れるお芝居になると私は思います。