月組公演『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』感想~その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2.5番手のお二人、凪七 瑠海美弥 るりか

今回のショーでの扱い、そして中日風共の配役。かなり酷な仕打ちを食らった形になったように見受けられます。

来年のスケジュールが出た時点でなんとなく察しはついていましたが、劇団としてはこの二人についてこれ以上の扱いをするつもりはないということでしょう。

 

前回の『THE KINGDOM』、あれでトドメを刺された方向性を決されたってことでしょうかね。

まあ、あれは確かに駄作でしたけど、そんな作品でも二人がかりで埋められないとなればスターとしての集客力は大して無い、と評価されるのは仕方ないかと思いますな…(;^_^)

 

 

カチャはとりあえず声が苦しすぎです。

エストレージャスの場面、あんな風に無理無理な男声で歌ってるのか呻いているのかわからないような歌唱を披露しちゃいかんでしょ…

 

今回は芝居・ショー共にみやるりとは完全に水をあけられた感じですけど、妥当な配置かと思います。「男役」としての完成度に、目に見えた差があるように感じられるので。

 

彼女に関しては劇団の推しも凄まじく、一時期は将来的にトップになる勢いだったような雰囲気もありましたが…役者としてはともかく、「男役」としては限界があるように感じられてなりません。

ラリーみたいな少年っぽさを残したキャラはハマるんですけどね。

 

 

みやるりは、芝居もそうですがショーにおいても見せ場(Mr.シンデレラの場面。カチャとは明確な扱いの差がある)を与えられており、好演していたように思います。

なんかもカッコ良く、キザり方なんかも上手いのでちゃんと「男役」している

カチャと並べられることが多いので、よりその男役っぽさが際立ってある意味得しているような気もしますね。

 

ただ、男役として独特の味はあるものの、これと言った特技を持ってないようにも見えます。身長がそこまで高くないので、その点を補う武器がないのは少々辛いのではないでしょうか。

お芝居は悪くないと思いますが、歌が大して上手くないというのは確実にマイナスですね。前にも述べましたが、みやるりはこの点さえクリアーしていればトップも夢ではなかったのではないか私は捉えています。

 

『THE KINGDOM』、そして今回の公演で与えられたソロ曲(特にPUCKの方)。歌唱力の向上を見せ付けるチャンスはあったはずです。にもかかわらずあの程度の歌唱では、与える印象「あぁ、歌上手くないんだ」というそれのみに尽きてしまうのではないでしょうか。

なんかすごく勿体無く感じます

 

とはいえ個人的にみやるりは、最近かなり二枚目として良い味は出してきていると思うので、もう一回くらいカチャとの抱き合わせ商法ではなく、何らかの形でチャンスを与えられても良いのではないかと思っています。

でも次ベルワットリングじゃあね…( ;^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 気まぐれ猫さん より:

    初めてコメント致します。いつも的確でずばっと書かれる文章に宝塚ファンとして面白く読ませて頂いています。
    PUCKもショーも観劇しました、私も、みやさんは歌に難があるというのは大きいのかもしれませんが、男役として魅力を感じます。カチャと同じような位置にしてごまかして、強烈とは言えないのかもしれませんが個性を放つ役者さんをぼかすようなやり方は観ていて残念です。もっと彼女が男役として輝けることを劇団は考えてほしいものです。

  2. なべ より:

    美弥るりかさんを検索していてこちらにたどり着きました。
    やや小柄ということを除けばとてもバランスのいい方だと思います。
    お顔も良くお芝居もダンスもとてもうまく素敵です。

    お歌が、、というご意見がありますが、彼女は『声』がとても良いと思います。温かみのあるつややかなお声をされていて聞くたび温かい気持ちになります。歌い方は鍛えればうまくなりますが、声質は天性のもので、変えることはできません。「歌」という課題は、まだ伸びしろがあり期待できると思います。
    そして美弥るりかさんは温かさを感じます。お芝居にも温かさを感じます。銀橋から客席を見てくださる視線もとても温かく、客席から見ているファンの一人としては満たされる思いでいっぱいです。
    こういう方にトップスターになっていただきたいと思います。退団なんてまだまだありえません!