雪組公演『伯爵令嬢』感想~その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アンナ役、有沙 瞳

大役でしたね。出番も多く、かつ重要人物。彼女演じるアンナが物語を回していると言っても過言ではなかったと思います。

なかなかクセがあって難しい役どころかと思いますが、研3にして全く破綻なく演じきったのは凄いと思いますよ。この間の新公でも感じましたが、やはりなかなか実力ありますね。

 

それにしても以前、彼女についてはなんとなくヒロインというより悪女・ライバル系と申し上げましたが、まさかいきなりこんな悪の中の悪役がくるとは思ってませんでした。 

こういう汚れ役完璧にこなしちゃうって言うのはヒロイン候補としてはどうなんでしょう?困った事に似合いすぎてましたけど…( ;^ω^)やっぱり別格系なのかな…?

いずれにしても、舞踏会のドレス姿がヒロイン系のそれとは少し遠いと見受けられたので(ややガッシリ、あと二の腕)その点はなんとか可能なら改善すべきでしょうね。

 

まあ、初の大役ここまでの結果を出したのですから今後も別の形でチャンスは与えられて然るべきとは考えます。

 

 

 

モリス役、蓮城 まこと

出番こそ多いものの、魅力的なキャラかと言われればそうでもない、よくわからない役どころだったような…見せ場らしい見せ場があったかと言われれば微妙だし。

蓮城自身はカッコ良く演じていたと思います。

 

 

 

ピエール役、煌羽 レオ

このピエールという人物、出番はそれほどではないですが記者要素が少々薄い主人公に代わって記者魂を体現する地味に重要なキャラと言えますし、新聞社のシーンでの盛り上がりにおけるキーマンなので、印象的かつ結構美味しい役だったのではないでしょうか。

煌羽も好演していたと思います。歌も結構良かった。

 

 

 

執事役、真那 春人

こういった老け役するには若すぎるんですけど、仕草等工夫しながら結構上手く、かつ面白く演じていましたね。

正直今までそんな注目してなかったんですが、今後良い役者になりそうな気がします。

 

 

 

孤児院の少女(とその他端役多数)、星南 のぞみ

同期の有沙とは役どころの違いは勿論あるんでしょうけど、こちらのほうがヒロイン的清々しさのようなものは感じられます。当初彼女をプッシュしようとしたのも頷けるところです。 

前回の新公お芝居唖然としましたが、今回も上達が感じられません。同じ少女のお芝居でも、下級生演じる孤児院の少女の方が星南より全然上手いと思いました。

早いうちにお芝居をなんとかしないと、有沙とのは開く一方だと思いますし、からも有望なのが入ってくると思うのでヒロイン候補としてはヤバイと思います。

一応劇団としてはまだ諦めていないと思うので、技術面(特に演技)の早急な向上が求められるんじゃないでしょうかね。

 

 

 

ロンサール伯爵役、鳳翔 大。 

じーさん役でしたね

芝居は特に気になりませんでしたが(かと言って別に上手くもない)、歌は相変わらずでした。

正直なぜラストに美穂さんとデュエットさせたんだろうって感じです。

あ、デカめのカツラとヒゲを着けても全く崩れないほど、頭身バランスはズバ抜けていると思います(精一杯の擁護)

んー…しかし、こういう持ち味でもなんでもない役が回ってくるようになったということは、もうお察しモードに入ったような感じはします。

あたりで何か見せ付けないと正直後が無いんじゃないでしょうか。

 

 

 

マドレーヌ夫人役、美穂 圭子

芝居も良かったですし、やはり歌、上手いです一人だけ明らかに違いますこれぞ専科っていうところでしょうね。

この公演における雪組メンバーにとって、歌の平均点を大きく上げる美穂さんのようなスターは最も強力な助っ人でしょう。

謎専科の方々も是非、見習ってほしいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. kao より:

    こんにちはー!今日も楽しく読ませて頂きました。
    美穂さんほんっっと歌が上手ですよね!惚れ惚れ…だいもんが雪にくることで、歌の強化がしっかり行き届くことを祈っております。

    • ヅカ三昧。 より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      あれくらい歌えてこその「専科」だと私は思います。もちろん歌以外でも何か特技があればそれで十分ですが、少なくともある程度の「若手」専科はその特技を明確に示して頂きたいです。