これは本当にルパン…なのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今更ですがこの公演ポスター

poster

 

なんか間違ってるような気がするのは私だけでしょうか?

天下の宝塚が、全くアニメのキャラを再現出来ていないように思える。これで客呼ぶのか??

それなりにキャラクターに扮装できてるのはともみん銭型と、せいぜい彩凪五右衛門くらいだよね…(;^_^)

あとはルパン関係ないアントワネットとカリオストロ除いて、コレ全滅でしょ

ルパン三世自体が宝塚的でもなんでもないとはいえ、もっと解釈とかアレンジとか、そういうものがあるんじゃないでしょうか。

 

まず何と言っても彩風次元!

新公において誰が次元をやるのかまだわかりませんが、多分この彩風のビジュアルは超えられると思われます。

このポスター、何なんですか?彩風次元の浮きっぷりがハンパないです。

他のキャストも微妙な部分がありますが、このポスターにおけるこの次元の存在及ぼす影響大きいと私は思います。

なんか後ろに一人ドンキに売ってる宴会グッズのパッケージ写真みたいな男いますけど、広告のビジュアル的にコレはアリなんですかね??

 

 

大湖せしるこれが不二子か?って言われると非常に微妙言われなきゃ絶対わかんないただのセクシー系の姉ちゃん

 

 

肝心ちぎルパンどうした?

ルパンの格好しただけで(髪型はそもそも仕方ないとは言え、もうなんか似せる気ナシ)他にキャラの要素皆無。指立ててニカッて笑ってるだけって…

これじゃむしろセンチュリー21ケイン・コスギじゃん。(ポーズ笑顔ほぼ一致

 

公式TOPのフラッシュに出てくる、ワルサーP38構えた画像の方がよっぽど良かったんじゃないでしょうかね…

 

 

…てゆーかホント彩風の次元大介ひどすぎ!(#^ω^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆっき より:

    スカステで製作発表見たときに、
    彩風次元が申し訳なさそうに出てきた時、仮装大賞でも基準以下だと思いました。
    小柳先生は、彩風さんに恥ずかしい思いをさせるために、OK出したのか?
    彩風さんのなりきり表現に問題がある以前に、スタッフ側の適当さが如実に表れていると感じ、新春公演・お披露目なのに、不安要素満載かと。

    • ヅカ三昧。 より:

      ご指摘の通り、役者の対応能力以前の問題でしょうね。配役が適当すぎる。
      普通に考えて、彩風に次元という選択はまずありえないと思います。
      おそらく今後「男くさい」役もできるようになってほしい!という願いも込めてのキャスティングなのかもしれませんが、舞台のクオリティを考えるとちょっと冒険しすぎなんじゃないでしょうか。

      次元大介は、本来ならまっつが残ってやるべき役だったのでしょう。そのまっつが居ないのなら、普通にだいもんに充てて比重を調整すればよかったのに、と私は思いますけどね…

  2. 猫耳スナフキン より:

    宝塚で「ルパン三世」をやること自体が間違っていると思うので、誰が何をやろうが、『無理!』じゃないですかね~。
    来年は、テレビでルパン三世の新シリーズがスタートするとかで、ルパン三世がなにかと話題になりそうではありますが、何も宝塚でやることはないなぁ。ファンが違うのだから。
    これが新トップのお披露目とは、なんかかわいそうですねぇ。

  3. もなか より:

    いやもう、ホント、銭形さんは最初と最後にお約束として出てくればOKなので、にわにわとかにやってもらって、ともみんと大ちゃんあたりに次元と五右衛門をふって欲しかったですわ。本公演としてのクオリティを保つという意味で。
    何よりも、タイムスリップものなんていう謎のオリジナルストーリーじゃなく、ここは大劇団の威信をかけて「カリオストロの城」を持ってくるべきでしょう。悪い金持ちからお姫様を助ける大泥棒の方が、ルパン三世だけど宝塚的だし、新しい顧客層の掘り起こしになるんじゃないでしょうかね?

  4. ぱご より:

    先日、東京宝塚劇場でルパン三世のポスターを見ました。
    その何枚か横に、何故か月組のルパンのポスターが・・・
    まさおさんのルパンが宝塚っぽく美しかっただけに、ルパン三世は罰ゲームにしか見えませんでした。
    名前の上では同じようなルパン(?)なのに残念すぎます。