期待と不安の雪組公演ラインアップ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

早霧せいな率いる新生雪組の大劇場公演2作品目、お芝居はオリジナルの日本物

その演出を務めるのは『月雲の皇子』『翼ある人々』がいずれも好評を博し、ファンから少なからぬ期待を寄せられる上田久美子先生とのこと。

 

ん~( ;^ω^)

とりあえず今のところ上田先生が大劇場作品初演出ということ以外注目すべき点はない感じですが…大劇場の座席は果たして埋まるんでしょうか

今どき日本物というだけでもハンデだと思うんですけど。話題作でもなんでもないオリジナルどこまで戦えるのか、新生雪組の早速問われる形になりますね。

 

もちろん中身が良ければ公演始まってからじわじわと売れることも考えられますが、ちょっとそれだけでは限界はありそうな気はします。

それに上田先生が必ずしも傑作を作ってくれるという保証もないし…小劇場でヒットを飛ばしても、大劇場はおそらく勝手が違うでしょうからね。

実際大劇場の空間を使いきれない、完全小箱向きの演出家いますから

 

同じ日本物やるにしても、今の雪組では漫画とかドラマとかのコラボで攻める他ないような気がするんですけどね。

サヨナラ公演以外の大劇オリジナルは少々危険じゃないかと。

 

上田先生が雪組子達を使ってどういった作品を見せてくれるのか楽しみな部分はありますけど、個人的には期待よりも不安要素の方が大きいです。

 

 

そして一方、ショー担当は齋藤 吉正先生。

まぁ、おそらく何かしらアニソンは使用されそうですな。

私としてはあまり齋藤先生のショーはそんなに好みでないので、普通にお芝居の方を積極的に担当して欲しい気持ちはありますね(;^_^)

 

内容はラテンショーとのことですが、早霧にラテンってあんまりピンと来ないような…?やっぱ黒塗りなのか

日本物のお芝居とのギャップを楽しんでくださいってことでしょうかね。

 

なんか、それなりに空席が目立つ公演になるような予感はしますな…

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. モカ より:

    いつもたいへん楽しく拝読しています。
    宝塚愛に溢れたズバッと言い切る貴方様の文章にスカッとしています。
    私も雪組の今後が非常に心配です。
    今の雪組にまさか、大劇場二作目、オリジナルを持ってくるとは!!
    いじめ???
    パルムの僧院での月城さん、永久輝さんのかっこよさ、そしてそのフィナーレでのお二人の並びがそこだけ異次元に輝いていて、これは5年後の雪組が楽しみだ!!と私は確信しました。
    が、反面これから5年は雪組なかなか苦戦するのではないかと…
    とりあえず、目前のルパンがこけませんように願うばかりです。

  2. たいやき より:

    公式HPに載っていたあらすじを読むと引っかかる部分がありまして。
    ザワザワするんですよね。

    別れは突然訪れる。とか。
    思いがけない運命が待ち受けていた。とか
    目に見えぬ力によって変貌させられて……。とか
    哀しく鮮烈な軌跡を描いて、破局へと向かい始める。とか

    無いとは思いますがちぎちゃんの退団の可能性は有りませんかね?
    恒例の年末に爆弾落とす歌劇団。ルパンまで1週間くらいですよね。
    ちなみに蘭寿さんのサヨナラは生田先生の大劇場デビュー+吉正ショーでした。
    ちぎちゃん予想外の短期になっちゃって次トップ張れる人がいないから!で。
    だいもんが呼ばれた可能性も無くは無い気がします。

    いずれにしてもですが。どの組も次のトップ育成しないと・・・
    宙なんて崩壊してませんか?星も紅がくるのかな?月はたまきち?
    雪はだいもんですよね。花は当分無いとは思うけど。

    • ヅカ三昧。 より:

      確かに最近演出家の大劇デビュー作はサヨナラ公演である傾向がありますが、流石に2作目で退団はないんじゃないですかね。

      ストーリーもなんだかひたすら悲恋・悲劇っぽい感じですし…むしろ退団公演っぽくないような?(;^_^)
      なんとなく「明るく」サヨナラできそうな内容じゃなさそうなので。

      それにショーがラテンということは、多分メイクは黒塗りだと予想されます。そうだとするとあまりにも退団公演には相応しくないでしょう。

      後任のだいもんにしても、もう少し雪に馴染ませてからの就任の方が良いんじゃないですかね。

      次期トップ候補については、たいやきさんと同じ意見です。
      宙は今のところそれらしい人材はいません。
      星は色々言われていますが、紅が妥当でしょう。
      月のたまきちはトップ確定コースのスターとして育成されています(ただ龍から引き継ぐには少々若すぎると感じます)。
      雪はだいもんと見て間違いないんじゃないでしょうか。
      花はちゃんと作品等優遇すれば長期できると思います。その間に下のスターをしっかり育てなければいけませんね。

  3. たいやき より:

    過去に何人もお披露目&サヨナラをやってきた劇団なので。
    ありかなぁ?と思ってしまいましたが。
    大慈悲物&ラテン黒塗りなら相応しくないですね。
    黒塗りで最後の階段下りは・・・FANだったら嫌かも。

    月組は龍さんのあとに、誰か挟んで(となるとみっちゃん?)たまきち予想です。
    89期2人は申し訳ないけど失速しちゃいましたね。

    本当はこんな予想なんてせずに楽しんで観劇したいものなんですけど。
    人生半分見てると昔から思考回路が単純な劇団だなと。

  4. えりりん より:

    トップスター御披露目=一本物。と勝手に思っていたら、ルパン三世で早霧氏はショー有りで、早霧氏以降変わるのかと思っていたら、まぁ様は一本物でした。なんか、雪可哀想じゃありません?やっぱり一本物って、大作のイメージありますし、力入ってる感じがするのですが。何故、雪だけ違ったのか気になってます。

  5. 猫耳スナフキン より:

    凰稀かなめのお披露目も、ショー有りでしたよ。
    そんなに深い意味はないかもしれませんよ。

  6. えりりん より:

    猫耳スナフキン様、コメントありがとうございます。でも、テルさんの御披露目は「銀雄伝」でしたよね?一本物だと思いますが。

  7. 猫耳スナフキン より:

    失礼しました。
    この時は観に行ってなくて、博多座の映像を観たので、すっかりそのイメージでいました。
    確かに一本物ですね。

  8. みんみ より:

    さかのぼって読ませていただきましたが
    高笑いしちゃうような結果でしたね
    (↑のみなさまにはご心配いただきましたが)

    予想を大きく裏切る形になりましたが
    早霧率いる雪組!躍進し続けていると思いますし
    宝塚5組の中でも、屈指のトリデンテではないでしょうか
    ヅカ三味さまは雪組に関してはあまり興味がないのか
    伯爵令嬢以降 まったく記事にされていないようですがいかがでしょうか

    • ヅカ三昧。 より:

      お読み頂きありがとうございます。
      たしかに雪組は新体制発足以降、思いのほか好調ですね。
      やはり作品が早霧せいなの魅力に合った物であることやトップコンビの相性、そしてだいもんの加入といった要素が非常に大きいと思います。あとは100周年効果でしょうか。

      私はちぎさんのお顔とキャラは好きなのですがお歌が好みでなく、そんなにリピートするほど雪を観劇させて頂いておりませんけど一応観ることは観ています(そういや感想載せたのルパン新公くらいですね…)。
      ルパンも面白かったですし、星逢も良かったですよ(^ω^)

      このまま計5作くらいは続けてほしいと思っています。

  9. 匿名 より:

    結局雪が一番売れてることがあきらかになってちぎアンチのこのブログ主はやる気をなくしてしまったのか?