月組東京公演『PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA』感想~その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛希れいか

大劇のときよりもお芝居の繊細さが増しているように感じました。以前触れた細かい演技の違和感もなくなったように思いますし、ちゃぴのハーミアとしてはほぼ完成形なのではないでしょうか。

若干天然少女の要素が強い印象も受けますが、これはこれで全然アリだと思います。

 

ショー部分も相変わらず大活躍です。

あえて指摘するとすれば自動人形のシーンにおける「人間を人形に変えてしまう」という台詞かな。ここは高確率で「人形を人形に~」と聞こえるのでもう少しハッキリ発音して欲しいかも。気になるところといえばもうそれくらいです。

 

 

凪七瑠海

ラリーは相変わらず良いです。しかし男声(特にショー部分)相変わらず苦しい

その点お芝居の少年時代の演技・声の方がはるかに自然で活き活きしてますね。まぁ、ラリーに関してはキャラ効果もあってか青年期もそこまでは気になりませんけど。

 

 

美弥るりか

東京公演を観劇して、個人的に一番レベルアップが感じられたのがみやるりのパフォーマンスです。

まずお芝居。より男役として磨きがかかってきましたね。

「おじいちゃんと呼ばせて下さい」「夕食で会おう、ハーミア」など、若干言い回しを変えることによって色気ある悪役としての雰囲気を良く出していたと思います。

 

あと。これも進歩したんじゃないでしょうか。少なくとも大劇のような一杯一杯な感じ薄い

と言っても、やっぱソロのラストスパートで息切れ感が出てしまうような印象はありますね。途中まではとても良くなったんだけど。

「明日こーそはー」と、ラストの「抱きしめ・よ・う」の部分がどうしてもきつそう。特この歌はラスト部分で聴かせてナンボの曲だと思うので、ここで持ち前の低音ボイスを響かせられないのがホント惜しいですね。

 

個人的にあとワンチャンスあっても良いスターだと思いますが…あるとしたら来年のバウかな?だとしても餞別くさいですけど…

とにかくもっと歌唱力身につけて頑張って欲しいと思います。

 

沙央くらま

ヘレンはまぁ、変わらずですが…

ショー部分はやっぱりちょっと弱いかな。少なくともこれで他組に特出してどうこうっていう感じは全くしないです。お芝居は知らんけど。

なんというか、基本女性なんだろうなーっていう印象は見てて受けますね(以前コメントで指摘して下さった方もいらっしゃったような記憶がありますが)。いや、元々女性なんだから当たり前なんですけど、コマの場合それがちょっと濃く出すぎているような気はします。だからなんとも言えない半端さを感じる。技術面も別に突出してるわけじゃないですし。

案外女役で行った方が活躍できるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする