東京新人公演『PUCK』感想~その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダニー役・輝月ゆうま

大劇と東京を観劇して、個人的に一番大きく印象が変わった生徒です。

 

かなり良かった

最初から最後まで、しっかり二枚目を通してましたね。

彼女は元々別格スター要素の強いと思われる生徒で、今回もやはりどうしても持ち前の貫禄を隠しきれない部分はあったのですが、それでも彼女なりのダニーを作り上げていたような気がしました。

 

歌唱力が高いのは以前からわかっていましたし、大劇の時も上手いなぁと聴いていたのですが、今回は歌っている彼女の姿からどことなく霧矢大夢の影を感じてちょっと懐かしくなりましたね。

歌そのものも、大劇よりさらに良くなったんじゃないでしょうか。みやるりもこれくらい歌えれば…

 

少年時代の歌の途中で前髪の付け毛を落としてしまうハプニングがあったのですが、まるで段取りであったかのように、リズムに乗って軽快に拾い去っていったのも好印象

 

前回気になったビリヤード場面でのアドリブも、あくまでキャラを崩さずクールに決めていましたね。

 

終盤のストーンステージのシーンでは、彼女のお芝居からダニーという人物の人間的な弱さのようなものを割とわかりやすく感じることができたような気がします。この部分が彼女の屈強そうな外見と相まってより効果的にキャラを印象付け、クライマックスを引き立てたように思いました。

この点本役も終盤良い演技をしていますけれど、みやるりは外見的には細めの二枚目な上、最近結構悪の要素を強めてきているので、だいぶ印象が異なるように思います。

どちらも甲乙つけがたいですが、とにかく輝月が本役とはまた違ったダニー像を作り上げる事に成功したのは間違いないでしょう。

 

彼女に関しては私も以前からどう見ても別格とか言ってましたし、今回ダニーに決まった時も疑問を感じていましたが…

 

うーん、評価が難しいです(;^_^)

とりあえず今回は良かった。彼女がオベロンならより新公がレベルアップしたのは間違いないでしょうけど、結果的にはそれなりの物を見せてくれたことには間違いありませんし、一度彼女を真ん中で見たいという気もします

しかしどうにも骨太系といか、パッと見かなり強そうなので、なかなかにキャラは限られるだろうなとは思いますね。

来年中にピッタリと合う主演キャラクターが回ってくればありだとは思いますが、どうなるでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. メグ より:

    ヅカ三昧様

    『アーネストインラブ』の感想からこちらにたどり着きました。
    歯に衣着せぬ記事、素敵です。読みながら「わかるー!」と何度も頷きました。

    輝月ゆうまさん、路線に乗ってほしいです。芝居、歌、ビジュアル(高身長)が揃った貴重な存在。主演経験や、ショーでのスター性を磨くことで十分いけると思います。その為の組み替えも良いと思います。月組で学ぶべきことは身に付いている感じなので、今後は星や花的キラキラ感、または宙的のびのび感をプラスすれば輝くはずです。理想はまー君率いる宙組に行ってほしい。キラキラ&のびのびを習得できるでしょう。