東京新人公演『PUCK』感想~その5

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そういえば新公の感想が中途半端に終わったままだったので、再開したいと思います

タイテーニア役・晴音アキ

ソロ、大劇よりマシになったんじゃないですかね。

歌えてないことには変わりないんですけど、なんだか自分が十分にこの曲を歌えないことをよく理解した上で、じゃあどうすればそれらしく聴こえるか、ということを意識工夫して歌っている事がかなり伝わってきました

 

お芝居ビジュアルは、共に良く作られていたと思います。しっかり妖精の女王でしたね。

おそらくこの点は本公演レベルそれ以上でしょう。

個人的に割と本役タイテーニアのビジュアル・芝居に疑問を抱き始めてきたので、晴音タイテーニアの若々しさはかなり新鮮で魅力的に感じられましたね。

ソロさえ本役と同程度に歌えれば、本公演でもああいった主要ポジションを十分に狙っていけるのではないでしょうか。

オベロン役・春海ゆう

大劇と比べて、悪くもなってなければ良くもなっていないと感じました。

 

新公キャストが発表された時に「謎だ」と申し上げましたが、結局私の中でその謎が解けることがなかったように思いましたね。オベロンは主要なキャラですが、こういったキャスティングしか選択肢はなかったのでしょうか月組の若手の層はそんなに薄いのか?

 

結果的にオベロンとして相応のパフォーマンスを見せてくれれば納得できます。しかし芝居にしても歌にしてもどうだったか

妖精の王って感じの全くしないお芝居は、まぁまだ男役の声が全然出来上がってないので仕方ない部分はあるとは思います。見た目の貫禄輝月なんかとは比べ物にならないし、色々難しい部分はあったのかもしれません。

冒頭のちょっとしたパートしかないのに、そこ外してくるなよって感じです。歌ほんのちょっとしかないんだから、普通そこだけはしっかり務めようとしませんかね。

なんか大劇と一緒じゃありませんでしたか。”パック誕生”の頭の歌唱で、早速ここが新公であるということを実感させられました。(このシーンの手前に暁ボビーの芝居がありますけど、そこはまだ少年時代なので自然といえば自然)

 

正直、以前からやたら扱いが良いなと思って見ています。脇確定コースにしても、新公においてこのポジションであるのなら輝月まで行かなくともせめて蓮つかさ程度の歌唱力、あるいは佳城のような演技力は欲しいところです。

 

まぁ、アドリブはそこそこ面白かったと思いますけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする