コメントへの返信~蘭乃シシィ、再び

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OGの話なのでこれについては元々スルー予定だったのですが、こちらの記事にコメントを下さった方がいらっしゃったのでそれに応答します。

 

先日退団した元花組娘役トップ・蘭乃はな東宝エリザベート再びシシィ役を演じる事を知ったとき、私は主に以下の二つの意味でショックでした。

 

まず、すんなりと外部のミュージカル出演が決まったということ。

宝塚時代の彼女のパフォーマンスのレベル(あとビジュアル面も)からして、もう二度と外の世界でお目にかかることはないだろうと普通に思っていたので、こんなにすぐにお名前を拝見した事にびっくり。

 

そして、それが東宝エリザベートのシシィ役であったということ。 

確かに蘭乃のシシィは、一応の評価が可能なものであったと私は思います。

しかしそれは、明日海をはじめとするその他キャストの足をそこまで引っ張るほどでもなかったという意味においてです。本人の過去のレベルからして、かなり頑張りましたね、といった程度でしょう。決してそれ単体で評価されるようなものではなかったと私は思います。

それゆえ、今回のキャスティングは私にはちょっと納得しがたいものがあります。

外部のミュージカル界における彼女の評価は、それ程までに高かったのでしょうか。

ひょっとしたら私の感性が少々おかしいのかもしれませんね(^ω^)

 

ついでに言うと、あの花總まりWキャストという点についても大きな違和感を覚えます。

花總まり初演含めて二度シシィ役を演じ、日本版エリザの型を作ったと言っても良い女優であり、蘭乃と並べられるような存在ではないと私は思っています。歴代エリザ経験者の総出演とかならわかりますが、今回のシシィ役は蘭乃と二人のみです。これは同格扱い見てよいでしょう。果たして蘭乃はそこまでの女優なのでしょうか。

 

もちろん花總まりと言えどもう若くはなく、また私としても最近の彼女のパフォーマンスの全てを肯定するわけではありませんが、よりにもよって蘭乃とWというのは私の感覚ではちょっとありえません。

 

 

過去に私は、「カネコネ」をテーマにした記事において、当時花組エリザ上演決定に際し、色々言われがちであった蘭乃はなを擁護するような内容を書いたことがあります。

その記事の中でも述べましたが、舞台人というものは舞台やメディア等に表れたもののみで評価されるべきであって、不確かな噂話で攻撃されるべきものではないと私は思います。

気に入らない、納得できないキャスティングだからと言ってすぐにカネだのコネだのといったワードを持ち出すのは間違ったことだという、その考えについては今も変わりはありません。

 

しかしながら、今回の東宝エリザベートのキャスティングはかなり不可解です。

花組エリザについては明日海のお披露目蘭乃のサヨナラという要素があったため、一応のは通っていると思ったのですが、今回に関してはなかなか合理的な説明をすることは私には少々難しいように感じます。

 

正直、上のような記事の中で彼女を例に挙げ擁護したことを少し後悔してしまうような、そんな気持ちに包まれました。

残念に思います。

 

 

ま、キャスティングの経緯についてはわかりませんし、ひょっとしたら素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるのかもしれません。なんてったって東宝ミュージカルですからね。ヘタなものは見せられないでしょう。高い金取ってるんですから

 

いずれにしても、私がわざわざお金出してこのパターンを観に行くことは確実にないでしょうから、今後内容の良し悪しについては語れないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 猫耳スナフキン より:

    退団後の所属が個人事務所ではなく、東宝に所属しているのかもしれませんね。
    東宝は自社の所属に優しいですから

  2. やま より:

    東宝エリザのキャスティングがなかなか発表されなかった事から、きっと蘭乃さんの退団待ちなんだと解釈していました。
    本来なら蘭寿さんと同時退団でも良かったものを、わざわざ一作延ばしてシシィをさせたのも、東宝エリザへの布石だったのだろうと思います。
    どうしてそこまで蘭乃さんに東宝エリザをさせたかったのか…やはり実力だけではない何かを感じます。

  3. いずみ より:

    東宝エリザについては、トートに今まで散々まともに歌えない俳優をキャスティングしてきたことを考えれば、今回の蘭乃シシィなど何の不思議もないと思います。
    あと、これは素朴な疑問ですが、蘭乃さんを悪く言うヅカファンの方々は、単に歌が弱いとかの技術的なこと以外に何か心情的に彼女を憎悪するような要因があるのでしょうか?(例えば例の96期的な)
    私自身はむしろ蘭乃さんを、ダンスはもちろんですが歌も悪くないししっかりしたお芝居のできる娘役さんだと評価していたので(もちろん花組エリザベートも悪くなかったと思っています)、彼女を貶めるブログを目にすることが多いことに驚いています。

  4. HS より:

    私も、いずみさんと同じことを感じていました。
    確かに、胸声と頭声の切り替えや高域の発声に不安定なところがあるとは思いますが、他の組の公演を聴いても、それは別に彼女に限ったことではないようですし。
    (この辺をきちんとこなせる人材が、宝塚にたくさんいるとは思えません。オペラ歌手でも長年の十分な研鑽が必要でしょう)
    また、今回のエリザベートでも、大劇場と比べ、東京公演ではかなり安定したように聞こえました。
    容姿についての指摘も多いようですが、押し出しの強い美人とは言えないとは思いますが、所謂日本人らしい可愛らしさがあり、もちろんスタイルに問題はありません。
    なぜ、あんなにアンチが多いのでしょう?宝塚初心者にはとても不思議です。

  5. ことみ より:

    私も、まさかと思いました。
    早過ぎるし、ダブルなんだ…
    それも花總まりと。
    格が全く違います。

  6. シシィって誰よ より:

    いやぁ、よりによっておハナさんとダブルキャストとは・・・身の程知らず。
    東宝サイドの意図が全くもって読めません。とはいえ、タイトルロールを買収するほど蘭乃さんって(蘭乃さんの実家もしくは後援者)がすごいんでしょうか?
    花組エリザは蘭乃さんにとって、舞台稽古だったんですかね?
    エリザ出来て悔いなし!!って華々しく卒業していかれたのに・・・。
    こんなに早く再び蘭ちゃんシシィを拝めるとは、嬉しいやら?腹立たしいやら?

  7. ぱご より:

    こんにちは。いつも楽しく拝見しております。

    私も「自分の感性がおかしいのかな?」と思った者の一人です。
    先日、東京公演の花組のエリザベートを観劇いたしましたが、蘭乃さんのシシィ、外部の舞台で活躍できるほどのできばえであったかどうか?
    (すごく好意的に評価すると、高校生くらいの子が文化祭で頑張った「花總まりさんのカラオケ演技」といった感じでした。
    それも一幕まで。楽に近くお疲れだったのか、それともよほど体調でも悪かったのか、後半は完全に集中力が切れていて、第二幕は非常に散漫な印象です。)
    観劇した日が悪かったのかもしれませんが、あの程度のパフォーマンスで高額なチケット代をとる東宝の舞台に立つのは、個人的には謎です。

    正直、花總まりさんも(特に初演あたりは)歌唱面でおぼつかないなぁと思ったところもありますが、他の追随を許さない舞台上の存在感がピカイチでした。
    特に鏡の間のシーンで登場するところなんかは、息を吞むような存在感があり、あのシーンで「これは名作!」と思ったものでした。
    花總さんのような存在感って、カラオケ演技ではちょっと表現し得ないものだと思うのですが。

  8. karara より:

    客観的に見たら、100周年エリザは大大好評でしたから、実績ができた彼女の起用に問題はなかったのではないでしょうか。
    本来ソプラノではない元男役シシィの面々の中には、正直微妙な人もいらっしゃいましたよ。

    東宝キャストも若返りましたから、若いファンの取り込みを図っているのでしょう。
    そもそも、前半のシシィとフランツはヤングカップルですし。
    若いシシィ役者が求められても不思議はないですね。
    宝塚OGは数多いますが、20代で元トップ娘役の冠つきとなると極少数です。

    私自身は蘭乃さんは少女時代はとても良いけれど、カイザーリンは違う、と感じます。
    でも外部の舞台だから、見に行かなければいいだけの話です。
    もう評価は一般ミュージカルファンに任せればよいのでは?

    あと、東宝は知名度優先で、キャスティングに冒険しないんだなと思いました。

  9. とも より:

    確か、蘭ハナは東宝所属だと聞きました。だからでしょうね。

  10. ヅカ三昧。 より:

    少々冷静さを欠いた記事になってしまったように思いました。
    偽らざる気持ちを書いたつもりですが、カネコネ云々についての記載は以前からの主張に照らし少なからず矛盾をはらむ内容になってしまったと反省しています。

    今回のキャスティングには合理的な理由が見出せないと述べましたが、おそらく主催者側には、「新旧シシィ対決」という意図があるのではないかと考えます。
    実力面はともかくとして、蘭乃が今年大ヒットを飛ばした花組エリザにおける主要キャストであることには変わりありませんし、「元祖シシィである花總と、最新作におけるシシィの蘭乃」という見方をすれば、一見不釣合いとも見られるこの並びにも多少納得はできます。

    彼女の実力等に照らして今回のキャスティングはあまりに不相応だとは思いましたが、一応話題性はあり、理に適ったことなのかもしれません。実際当ブログのような場所でもこうして取り上げましたし。注目度はそれなりと見て良いでしょう。

    それに日本における「外部」のミュージカル界がどれほどのものか、というとかなり微妙な部分があります。客寄せにテレビで活躍する俳優が起用されたり、あるいは今ひとつ活躍できなくなったテレビ俳優等が出演したりもするような世界です。そう考えると、この程度の事はいちいち目くじら立てるようなものでもないのかもしれません。

  11. シシィって誰よ より:

    「東宝エリザは花總さんと蘭ちゃんがダブルキャストだって」と娘(小学生)に言ったら「蘭ちゃんは結婚式まで、花總さんはそれ以降でダブルキャストじゃね?」と答えが返ってきました。うがった見方にう~む。

  12. 追いかけて夏 より:

    最近宝塚にはまっているものです。いつもヅカ三昧さまのブログを楽しく興味深く拝見させていただいております。まだまだ初心者ですが、観劇レポートや人事に関するコメント等、納得させられるものばかりです。この件についても、最初の記事も共感しましたが、そのあとで冷静に振り返られているコメントも納得です。96期やカネコネ等、心情的なものと客観的な評価との折り合いをつけるのが難しいものもありますが、今後もヅカ三昧さまの切れ味の鋭いコメント楽しみにしております。

  13. ちびこ より:

    私、東宝版エリザベート、とても楽しみにしていたんです。

    蘭乃はなのエリザベートは嫌だから、宝塚版は見なくていいやって思って諦めて(ノ_<)

    東宝版本当に楽しみで楽しみで。
    それなのに、また蘭乃はなだった(´Д` )
    キャスト決めた人、バカなんじゃないの?と思いました。

  14. ねこ より:

    ヅカ三昧様

    質問者です。
    コメントへのお答え、記事までたてていただきご丁寧な回答ありがとうございました。
    また、皆さんのコメントを拝読致しまして、一つの事実に対していろいろな見方があるのだなぁとあらためて思った次第です。今回は外部のお話ではありますが、退団が直近であったこと、また退団公演と同じ演目・配役であったこと、そしてエリザベートという演目自体が、ヅカファンにとっては大きく意味のある作品であり、尚且つヅカ三昧さんの率直なご意見が好きなものでしたので、不躾ながらイレギュラーなご質問をさせていただきました。各ファンもいるためなかなか感じたままに書くことは難しい世界であるとおもいます。
    私は東宝に詳しくありませんが、諸事情などは抜きにして観客が率直に感じたものが演劇の事実であると思っています。配役を知った日は、「宝塚版は布石だったのか」「東宝は何を考えているのかしら」「あの花總まりと名を並べるのか」「歌が不得手なのになぜ度々エリザ役が舞い込むのか」と思ってモヤモヤしていましたが、一連を読んでなるほどなぁと気持ちが落ち着きました。

    個人的には、蘭乃はなさんは悲壮感よりも、華やかな陽のオーラが強い方だと思っております。明るくてダンスも多いミュージカルなどにご出演頂けたら楽しみにする人はより多くなるのではないでしょうか。
    いずれにせよ、元祖エリザ役の花總まりさんとWキャストというのはご本人にとっては大変学ぶことの多い成長のチャンスだと思います。帝劇でも活躍してくれることでしょう。

    OGの話題、失礼致しました。

  15. 幸運 より:

    今回の蘭はなさんの件は、様々な幸運の産物だと思います。

    東宝エリザの主要キャストの高齢化にともない、若返りを図ろうにも、
    アラフォーあたりに目ぼしい男性ミュージカル俳優が少なく、
    今までの山口さんや石丸さんの世代から一気に井上さん以下の世代に飛んでしまい、
    またおそらく年齢的にも最後かな~と思われる、花總シシィの登板。
    花總のWには今までの慣例だった元男役トップを置かずとも、
    シシィ以外の新生主要キャストの方々の集客力や、作品ファンの動員を見込める為、
    新人起用等の冒険が可能な、数少ないチャンスだったと思われるのです。

    私には蘭乃シシィは、本人比で良くできたレベルで、花總エリザのモノマネ感もかなりしました。不安定な部分に蘭はなが時々顔を出す…という感じ?
    おそらく昔から何度となくビデオで見ているだろうしイメトレも
    充分だったのでしょう。
    そしてここ数回の宝塚エリザの再演は男役シシィばかりで、白羽はアントワネット役者だが、シシィにははまらなかった。(ガラコンは良くなってた)
    だから観客的にも、イケコ的にも、及第点を
    すごくいいタイミングに取れた。

  16. そろり より:

    ついに観てきてしまいました、蘭ちゃんの東宝エリザ。前半、ひたすらハラハラ。後半、宝塚とは違うオトナ向けの内容に気を取られ、蘭ちゃんを忘れがちになる。見終わって、ぐったり。帰宅後、冷静に考え、蘭ちゃんは嫌いではないけれども、商業ミュージカルのレベルではない、と結論。なにより苦々しく思っているのは、客よりも共演者たちではないでしょうか。小池先生はオーディションしたとかおっしゃっていましたけどね。私のように釣られて観に行った者もいるのですから、話題作りという点では成功でしょう。数年後に明日海が演じるまでの繋ぎかとも思います。

  17. そろり より:

    送信したあとで読み返し、我ながら抑えた口調に感心。ついつい観に行ってしまった者の弱みでしょうか。ヅカを愛する身として、芸大や国立音大を出た共演者の冷笑が目に見えるようでツラい。

  18. そら より:

    ヅカファンがカネコネ言うのを聞くととても嫌な気持ちになる。カネコネだけでトップや主演をくれるほど宝塚は甘くないという事をいい加減知ってほしい。
    カネコネ言われている人が意外に普通の家庭だという事も多々ある。

    花ちゃんエリザはさすがの貫録。
    蘭ちゃんエリザは確かに声がひっくり返るのはプロとしてどうかと言われたら返す言葉は無い。
    ただそれ以外、演技は素晴らしいと思う。はなちゃんエリザに対抗できるのは蘭ちゃんエリザだ。それだけに残念だ。
    しかしなんで蘭ちゃんそんなに嫌われるのか?92期で一番の頑張り屋、努力の人だったことはだれもが認めるのに。

    • もも より:

      努力してあのレベルなんですか?(((((゜゜;)才能がないなら外部の舞台に出ないで欲しい。宝塚とは違って東宝エリザファンはシビアですよ。自分がどれだけみっともないエリザベートを演じたか、自覚してほしい。

    • エリザベス より:

      頑張りとか努力にお金払うんじゃないんです。綺麗な歌声、ハーモニーを聴きに、観に行くのです。共演者の素晴らしい歌声を邪魔をするようなキャストは嫌われても仕方ないかと・・・。

  19. びくら より:

    一般客です。蘭乃さんの下手さには驚きました。シリアスなシーン、ラストまでも、声がかすれた上に裏返るとは。彼女をお金払って二度と見たくない。

  20. もも より:

    本当にバカ(*`・ω・)ゞですよ
    あんな音痴にエリザベートをさせるなんて。宝塚のトップ娘役のレベルはこんなものなのかとがっかり。私は風花さん花總さん白城さんの時代によく観に行っていましたので。
    何年も宝塚を観ていなかったので蘭乃さんのことも知りませんでした。東宝のエリザに出るのだからそれなりのレベルだと期待していました。井上 トート蘭乃エリザで観ましたが、蘭乃さんの声が何度もうらかえり、音ははずすし、井上さんとのハモりもまったくダメ(T_T)井上さんの良さが半減されてしまいました。お金を返して欲しい。城田トート花總エリザは最高でした\(^^)/

  21. 愛読者 より:

    こちらを読んでいましたので、城田トートと花總エリザベート、香寿ゾフィーでひとりで観劇しました。1回だけ観劇と決めていました。とてもよかったです。
    ここで伺うのは変かもしれませんので、申し訳ないと思いつつご覧になった方にお尋ねしたいです。実は城田さんは初めて観たのですが、トート役にはいつもあんなにマイクエコーを入れていますか?

  22. 初めまして〜 より:

    らんのさん全然知りませんでした。たまたま、他の方のファンクラブで取ったのがらんのさんで…エリザベートは何度も観劇しましたが、あまりの下手さにびっくりしました。宝塚はみなさん上手な人ばかりかと思ってましたから。共演されているかたが大変なのでは❓と心配しています。あと3回行きますが、私の最終日はまたらんのさんです。下調べしなかった私が悪いのか。いままで行ったミュージカルで最悪でした

  23. エリザベス より:

    本日エポス貸切公演で観劇しました。私自身15年ほど前に花總まりさんや一路真輝さんのエリザベートを何度も観ていて作品の大ファンだったのですが、結婚や出産を機になかなか行く機会がなく本日久しぶりの観劇でした。とても楽しみにしていたのに、音痴のエリザベートにがっかりしました。蘭乃さんは今日初めて知りましたが、宝塚のレベルもここまで落ちたかと・・・。1部は音が外れまくり、トートやフランツがせっかくしっかりしているのに全然ハモってなく、、1フレーズに1回は声が裏返る・・・。聴いていてイライラしました。休憩中には客席から同じ意見がそこらじゅうから聞こえてきました。2部はまだマシで高音の伸びはいいなと思いましたが、それでも「聴ける」レベルで感動はしませんでした。この人はエリザベートをやる資格なし!!お金は他のキャストへ払ったつもりで納得してます。

  24. わた より:

    始めてコメントさせて頂きます。

    帝劇エリザ、幸運にも
    花總さん×城田さん
    蘭乃さん×城田さん
    の2回を観劇することができました。

    花總エリザは多くのいい意味で、サイトで見るような感想なので、
    省略させていただくとしまして……。

    蘭乃エリザの感想としては、彼女が歌うたびに、自分のおなかに力が入るんです。
    脳や耳が音を外す、声がひっくり返る・かすれることを
    想定して何かの準備をするんですよね。
    そして、全く裏切らない蘭乃エリザの歌唱力。
    顔の表情だけが妙にオーバーで、オペラグラスも使用せず、
    とにかく他のキャストの歌で耳を癒したという感じです。

    私は宝塚時代の蘭乃さんを知っていましたから、
    あまり期待はしていませんでした。
    退団後すぐに、何かの変化で歌がうまくなるという奇跡も
    期待していませんでした。
    ただ、やはり何か変化があってほしいと思いました。
    ですが結局、他のキャストの歌唱力が男性も加わり
    パワーアップしたとこで、完全につぶされていました。

    宝塚の方々をどうこう言うわけではありません。
    ただ、やはりレベルが違う人たちがキャスティングされている、
    そのことを見せつけられてしまいました。
    さすがに今後の帝劇の0番に立つことはないと思いますが、
    多数のお金を返してほしいという声が、すべてを物語っていると思います。

  25. 婆度異種る より:

    本日、花總シシィ+井上トート を観劇いたしました。
    夢のような時間でした。
    一昨日、蘭はなシシィ +井上トート を何とも言えない思いで見たあとだけに。
    観客の反応がまるで違い、料金が同額なのが信じられません。

    実況CDは2枚共花總さんでしたね。蘭はなはボーナストラック。あの歌は音源として残せないでしょう。あっ、ボーナストラックとはいえ出てしまうんですね。

    どんな理由があったか知りませんが、東宝のキャスティングミスとしか思えません。
    蘭はな本人も(多分)辛い筈。共演者だってテンション下がりますよ。

    だって帝劇エリザベートですよ! 花組時代より上手くなってるかも? という、ささやかな期待も裏切られました。
    はい、勝手に期待した私が悪うございましたよ。

  26. もも より:

    来年6月28日~7月26日帝劇エリザベート再演決定\(^o^)/
    大阪、博多、名古屋も\(^-^)/
    花ちゃんのエリザベートがまた見られる(⌒‐⌒)
    でも、まさかとは思うけど蘭乃エリザは???さすがに使わないよね??私は二度と蘭乃を観るつもりは無いけど(`ヘ´)