どうした?まっつ…(ドン引き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

再びOGの話題なのですが、私としてもなかなかに衝撃的でしたし、ファンの皆さんにとってもタイムリーだと思いますのでちょっと取り上げてみます。

 

 

まっつさんのブログ関連の噂は、在団時から耳にはしていたものの私は気にしていませんでした。

噂は所詮噂。それに私はそんな不確かな情報ではなく、目に見える舞台上におけるパフォーマンスこそが未涼亜希の全てだと思っていたからです。

 

それが退団直後顔出しで話題になっていたブログにご登場、これによって噂はやっぱり真実であったのではないか、ということをかなり強く印象づけられてしまいました。

 

そしてこの年の瀬にまたネタを投下…

 

正直ガッカリです。まっつさん、そんなキャラだったのか?

過去の男性関係についての言及も「元ジェンヌ」としてかなり軽率だと思いますが、今回特にあんまりだと思ったのは、過去に問題になったブログについては劇団問題視せず黙認していたという弁。

その理由として、ストーカーと化した昔の男から彼女自身を守るためだということを主張していますが、これは少々無理があるように思います。

 

ストーカーを遠ざけるために、当該ジェンヌの「女性関係」を匂わす内容のブログを放置させるなんてことは、普通の思考をもった組織であれば通常採用しない手段ではないでしょうか。

 

仮に劇団がこういった問題に直面したとして、生徒に対して通常行うと考えられるアドバイスは

「まずは警察に相談しましょう。我々としても出来る限りの対応はします。ブログは消してもらいなさい

でしょう。

 

確かにストーカーに対する抑止として、警察の対応は未だ不十分な部分があるのかもしれません。

しかしマイナスの噂が立つブログあえて放置なんて、所属スターの商品価値を低下させるだけですし、何よりそんなブログごときでストーカーの被害が止むとは到底思えません

百歩譲って本当だとしたら劇団はバカすぎますし、ウソならもっとマシなウソを…っていうか今更なんでこんな理由付けを始めるのかって感じですよ。普通に静かに暮らしてりゃ良いじゃないですか。

過去の栄光に泥塗るようなことしないでほしいです。

語っている「真相」のどこまでが真実なのかは知りませんが、記事しょっぱなのストーカー対策のため劇団も黙認云々は無理があり、これによって(早速)主張全体胡散臭くなっているように感じられます。

今回の弁解は、更なるイメージダウンを招くものであるとしか私には見受けられません。

 

クールでニヒルな雰囲気に確かな実力、舞台を引き締めることのできる貴重な役者だったと本当に思っています。好きなスターさんでした。

退団後のご乱心、非常に残念に思います。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. まりん より:

    ストーカーうんぬんの話は全部嘘でしょうね。
    後付け感がすごいです。
    あと、ほんとに本人がブログ書いてるの?ってくらいすごく文章に違和感があります。
    今行ってるアクセサリー?の通販の売上があまりよくなくて、売上UPのためにただ注目してもらいたかっただけだったりして。

  2. とも より:

    私もこのまっつの記事をみてかなり引きました(;´Д`)
    ストーカーとか子供だましのような嘘をこのタイミングで出すこと自体がもうおかしいですし、嘘でも真実でも(←100歩譲った真実ですが)わざわざこんなネタ出さないほうが本人の価値を落とさなかったのにって思います。宝塚で築いたものを卒業してからも大切にしてこれからを生きたほうがよかったなのにと。。。
    あえて発言したことで自分の首しめたようなもんですね(;´∀`)

  3. くまこ より:

    ストーカうんぬんは真実かもしれません。ただ、それが客観的にみてストーキングされていたかどうかは知りませんが。
    最後のムラ茶会で三日月(雪丸の武器)をかばんに入れて持ち歩いていた発言の際、怪しい人に対しての備えみたいなことを発言していましたねえ。
    怪しい人って?と引っかかった記憶があります。まあ、茶会も自分の事は放っておいてくれって言ってましたからね。→今更何を言ってるんだ?ってことですよ。本当に。
    Blogでいちいち騒ぎを起こしているのは、まりん様にまるっと同意します。

    これをプロデュースして抱えこむために刷り込みした人物が恋人なら。
    もう勝手にやってろよ、騒ぐな、出てくるな、とかつてのファンなら感じることでしょう。
    それが普通の人間の感情です。
    普通じゃなければ、わからないかもしれませんけど。。。

  4. むん部長 より:

    はじめまして。いつも貴方様の観察眼の鋭さに驚かされながら、楽しく拝読しております。
    私は数カ月前妻と初めて観劇に行き、その後親類からブラックジャックのDVDを見せられ宝塚にハマりました。
    主演のまっつさんにドハマリしまして、お名前を検索するとなんじゃこりゃややこしい人だな。そう感じましたが、まぁ芸は芸、私生活は私生活・・・と、思っておりました。
    が、今回のブログ再開と内容については皆様おっしゃる通り、首をかしげました。

    ジェンヌさんはいわゆるアイドルではありませんので恋愛ご法度ではないのでしょうが、ある種そんじょそこらのアイドルより、様々な奉仕をなさるファンの方がおられるのですよね?そんな方からすればショックでしょう。
    私も青春時代好きなアイドルの熱愛報道に心を痛めた記憶がありますが、そのレベルでないのかもしれません。

    退団される前はエラいやつれてしんどそう、と親類が言っておりましたが、
    ブログを見るに今はずいぶん幸せそうで、それだけは何より・・・とは思いますが・・・

  5. miwa より:

    内容を拝見する限り、まっつさんとしてはご自身の名誉挽回をしたかったのではなく、自分のために誹謗中傷を受けた方の誤解を解きたかったのですよね。
    守らなければならないもの(歌劇団員としての立場)がなくなった今、私はどう思われても良いけどその方がずっと悪者である必要はない、と。自分のために犠牲になるその方のことに、ずっと心を痛めておられたのでしょう。
    真実でも嘘でもどちらでも良いし、まっつさんのそのお心もお察しできますが、ずっと応援してこられたファンの方々のためにはせめてもうすこし時期をおいてほしかったというのが本音です。

    • ヅカ三昧。 より:

      「守るべきものが無くなった」と彼女自身が思っているのかどうかは知りませんが、宝塚のOGたる者”元ジェンヌという看板”と”芸名としての自己のブランド”は、一生守り続けなければいけないものであると私は考えます。
      それが、活躍の場を与えてくれた劇団と、支えてくれたファンに対する責任というものではないでしょうか。

      今回の彼女のブログは、在団中における男性との交友関係と痴情のもつれ、そして「いかがわしいブログ黙認+結局生徒をストーカーから守れず」という劇団のマヌケな対応を「真相」として発信したものであって、自身のみならず劇団のイメージをも低下させる内容であり問題があると思います。

      こういった大きな犠牲を払ってまで庇わなければいけない存在とは一体何なのか、その点が私にはいまひとつ理解できないところです。

  6. ゆーこ より:

    初めまして。
    この騒動をつい最近知りまして、ショックを受けたのん気者でございます。
    いつも拝見させて頂いていました。思いきって初コメントさせて頂きます。
    「恋は盲目まっつさんは~、選び違えた~。」とならないよう、祈るばかりです。

  7. JDこ より:

    こちらのブログで初めて知りました…。
    まだよくわからない部分もあるんですが、
    個人的には、その人の人生なんだから好きに生きたらいいと思うんですが、

    まっつには、ネットリテラシーという言葉を贈りたいわぁ…