宝塚歌劇に必要と思われるモノ~その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お正月気分も抜けてきたところでブログを再開したいと思います。昨年の記事内容を引きずるのも少々アレですけど…(;^_^)

前回までの記事において「今後必要と思われるもの」として挙げた点は、劇団の体制のみならず個々の生徒にもその維持・向上が求められるものでありましたが、以下に述べるのはもっぱら劇団の対応に関するものです。

 

 

まずはスターの人事

万人が納得するような人事はそもそも不可能なことです。柚希礼音の長期が不相応だと言う人もいるでしょうし、北翔海莉のトップ就任(星に限らず)に異議を唱える人だっていると思います。

しかし相当の数のファンが「おかしい」と思うような人事、すなわち客に「何かある」と思わせるような不可解なキャスティングや、微妙なスターの長期在任は避けるべきではないでしょうか

ファンの声にも耳を傾けつつ、客観的かつ厳しい視点を持ってスターの実力等々を評価し、妙な憶測を呼ぶような人事にならないよう心がけるべきと考えます。 

 

芸能の世界には多少の汚い部分は付き物だとは思います。しかし清く正しく美しいはず宝塚歌劇の人事について「どうせカネコネ」という風評が蔓延しているのは実に悲しいことです。

 

謎の長期在任や謎抜擢には「他に適切なのが居ない」という消極的な事情もあるのかもしれませんが、行き当たりばったりから不自然な人事が発生しないよう、先を見据えたスター育成と配置をお願いしたいと思います。

 

 

次に作品作りについて。この点は非常に重要と考えます。

いくら優れたスターが揃っていても、作品が駄作ならファンもリピートするのはキツイですし、新規の客も呼べません。

 

現在、完全に才能の枯れた、あるいはそもそもそういった才があるのかもよくわからないような演出家先生がいらっしゃるように見受けられます。本来ならそういった先生方にはお引取り頂くのが適切だと思いますが、決してそうはなっていませんよね…( ♯^ω^)

明らかな駄作を書かれた先生も、一年を待たず再びお名前を拝見していますし。

 

演出家の育成の体制、そして評価のシステムはどうなっているのでしょうか。微妙な演出家が微妙な作品を作りながら回している現状を見ると、そういったシステムが上手く働いていないのではないかと思えてなりません。

これではオリジナルでロクな作品が生まれず、結局海外ミュージカル頼りになってしまいます。海外ミュージカルや過去作品の焼き直しばかりやるならそれでも構わないでしょうが、それとは別に新作オリジナルの芝居・そしてショーを上演する以上、客は勿論のこと生徒のためにも一本も無駄にはしないで欲しいです。

 

他とは異なる特殊な劇団ですし、独自のスタッフ教育も無視できないことかもしれませんが、今後はより門戸を開きさらなる若い才能あるいは外部の有能な演出家・脚本家を集める方向に傾けるべきなのではないかと思います。

また、作品の出来不出来に関してはチケット売り上げやファンの意見・外部の声を含めて厳正な評価を行って欲しいです。

そして、オリジナルで駄作を連発するベテランの演出家先生は、過去におけるご自身のヒット作の再演限定にするか、演技指導等別の仕事をお任せすべきと考えます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 49.98.79.127 より:

    アホ

  2. 匿名 49.98.79.127 より:

    アホ?

    • ヅカ三昧。 より:

      ( ^ω^)…
      他の匿名さんと紛らわしいので、お名前の横にIPアドレス載せておきますね(親切)

  3. るんり より:

    自作自演、恥ずかしいー!

    ほんと、謎人事はここ10年ほど、いや6年ほどのことだと思います。

    そして、作品に関して。
    劇団四季もオリジナルは当たらないから、今やブロードウェイやウェストエンドのミュージカルの日本語版専門劇団ですね。
    ヅカはそうではなく、女性だけの劇団という特性を活かした作品を作ってきたと思うのですが・・・。
    また、柴田先生のような作品を書かれる作家、演出家さんに出会いたいものです。

  4. 猫耳スナフキン より:

    「カネコネ」の問題は60年以上も前からあるようです。
    現理事で専科の方も、地方の有力者の家庭出身で、トップになる頃にはいろいろ噂が囁かれました。前のトップの方が「お披露目&サヨナラ」の2公演で退団したのは裏工作があったからとか…。でも、この方は実力も伴っていたわけで、いつしかそんな声はなくなりました。
    地位に相応しい実力を示すことが、重要なのですね。

  5. ふかみどり より:

    引き際が分からないトップとトップ娘役、脚本演出家。誰か言ってやれ!と観客は思っているのですが・・・劇団に頼まれたからとどまっていたのだなどと会見で言う始末。劇団もいい加減に学習するべきです。
    それにスカステとDVDの画像の酷さ。大劇場の音響機器を新しく入れ替えたので耳に優しくなりましたが、カメラもNHK並みに買い替えるべきです。ホームビデオ並みのDVDで8000円はぼったくり感します。だったらブルーレイにして下さいませ。