『黒豹の如く』新公一部の配役発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

割と発表が遅かったので何かあるのかとも思ってましたけど、案外普通の配役でしたね。

 

主演は礼 真琴

新公主演はこれで3回目。前回の『The Lost Glory』もトップの役でしたし、実質4回目と言って良いでしょう。

 

ここまで主演を重ねさせるという事は、劇団としては将来的に彼女をトップにする構想がある、ということなのでしょうか。

 

数年後にトップ羽背負っている姿を容易に想像できる生徒ならまだ良いですが、礼のようなタイプのスターがこうやって新公を独占していくのは正直なところ違和感がありますね…

しかも礼の場合、二番手やってる真風実力的には凌駕しているのであって、こう何度も積極的に「経験の場」を与える必要性も薄いように思えます。

 

今回は同期の瀬央ゆりあにチャンスが回ってくるのではとも思ったんですけどね。

トップ交代と同時に新公主演をバトンタッチすることも考えられますが、星は下にも紫藤りゅう天華えまなど有望そうなのがいますし、果たしてどうなるか。

 

 

二番手役は麻央侑希

てっきり星の94期は前回の新公で卒業したと思い込んでいたので、名前があってちょっとびっくり。そういや大劇公演中はまだ新公学年か。

 

星としては彼女もまだ上げる気なんですね(;^_^)

彼女は見た目は良いですが実力は…まさにとは対極の存在ですな。

 

ま、94期に関しては結局トップたまきちオンリーだと私は思いますけどね(娘役トップはおそらくゼロ

 

 

ヒロインは前回に続き綺咲 愛里。   

組替えでやってくる真彩希帆もひょっとしたらと思ったのですが、彼女は花組でも別に路線としての扱いは受けてなかったのでまぁ、これが順当でしょうね。

 

綺咲はこれでまた路線度を上げた形になりましたが、まだまだ分かりませんね。娘役は今のところ空きがないですし。

次にどこが空くにしても、現状組替えするほどの娘役とも思えず、自組で上がるほかにないような気がします。

 

みっちゃん短期早期に就任しない限り、厳しいのではないかと私は思いますね。娘役に関してはもうすでに96期の時代は到来していますので。

 

まぁ、見るところすぐ下の97期の娘役は全体的に少々弱い感じがするので、そういった意味ではまだ若干の時間的猶予はあるかもしれませんが。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Etoile より:

    綺咲、非常に残念です
    ヒロインするにはまだ全然実力が伴ってませんよね?
    個人的に柚希さん夢咲さんの晴れの舞台の新人公演で舞台の中心にいるのが96期。嫌で仕方がないです

  2. えりりん より:

    いつも楽しみに読ませていただいてます。
    本日、大劇場星組公演を観劇してきました。ショーのフィナーレのパレードで、礼氏が麻央氏より銀橋のセンター側でした。意味深です。