花組公演『風の次郎吉』感想~その3

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠山金四郎役、瀬戸かずや

今回の公演を観たファンの大半は、おそらく彼女に高い評価を下すだろうなと思います。実際とても良かったと思う。

 

しかし、ハッキリ言うと、これは役柄の効果です。

とにかく役が良かった金四郎というキャラクターが、彼女の魅力を最大限に引き出していたのだと私は感じました。

 

彼女自身には、やはりまだ足りない部分が多々ある。

芝居もそうですが、特に。頑張っていたと思うし上手くはなったとも感じるのですが、まだまだです。今回みっちゃんのソロに割り込んで来る場面がいくつかあっただけに、かなり歌の弱さが目立っていました。

 

彼女の「男くささ」は非常に貴重だと思いますし立派な個性だと思いますが、このようにあまりに「男くさい」スターはあまり流行りでないためか、なかなか真ん中としては受け入れられないのだと感じます。

ちょうど一年ほど前に退団した悠未ひろとかなり似たタイプだと私は感じてますけど、悠未さんもそれなりに安定した実力を持っていたにも関わらずやはりトップになれませんでしたよね。

 

あきらはお芝居にしても歌にしても、もっと向上させないと今後まずいと思いますよ。

花からやってくるちなつとは、少なからず競合する部分があると思いますし。

ちなつ技術面における基本的な部分は押さえてますからね

 

金さんがピークにならないように、より頑張ってほしいです。

 

 

 

石川一馬役、鳳 真由

お芝居良かったと思います。実力的に特に不足している感はない。

 

でも、前から言ってますが、やっぱ女の子なんですよ。

確かに頑張ってはいた。しかし、悪役が似合わん!凄みの欠片も感じられないとっつぁん坊やの悪徳与力。 

もうすぐ研11、そして新公主演3回経験でこの感じだと、ちょっと厳しいかなぁ…(;^_^)

ここに至って、「男役」っていう雰囲気が若干薄い。ハマるのはせいぜい少年とかその辺か?

なんか役者として、使いどころはかなり難しいと思います。

ちなつの異動で一番割りを食うのは彼女な気がしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ローズモンド より:

    こんばんわ
    宝塚サイト「暴れん坊将軍」ローズモンドです。

    お伺いします。
    マイティは如何だったでしょうか?
    気になって気になって・・・すみません

    • ヅカ三昧。 より:

      あっ…( ;^ω^)
      ローズモンドさん、こんばんは。

      当然マイティーについても、書くつもりです。かなり重要人物だったので。
      ただ、そんなにポジティブな意見じゃないかも…
      個人の感想なので、その点はご容赦ください。

  2. ローズモンド より:

    先日は、消去ありがとうございました。

    三昧さんにも 危害が及ばぬようロムのみにしてましたが、
    マイティが気になって、すみません・・・・つい

    忌憚ないご意見待ってま~す。