花組公演『風の次郎吉』感想~その4

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手妻の幸役、仙名彩世

上手かったですやはりこれくらい実力がないと、北翔海莉の相手役は務まらないように思います。

 

お芝居は文句なし。特に手妻芸の場面での台詞回し、これは見事でしたね。ここまで朗々と長台詞を喋れるというのは、新公そこそこの学年でなかなか居ないんじゃないでしょうか。

 

も良かったと思うのですが、あまり高音は得意じゃないのかな?勿論花乃とかが高音が苦手、というのとはレベルを異にするとは思うのですが。

基本は艶っぽい声で歌ってくれるので、高音に切り替わったときの落差が若干目立つんですよね。

 

…しかし技術面はともかくとしても、忍者装束に無理がある(;^_^)

十分に着こなせてないです。着物姿は良いんですけど、こういったコスプレは少し厳しい

おそらくこの辺が、彼女がこれまで路線娘役としての扱いを受けることのなかった理由だと思います。

 

 

 

目明しのあやめ役、桜咲彩花

お芝居は良かった思います。このあやめというキャラ、男勝りなんだけど乙女な部分も持つ…というややベタな漫画的人物ですが、非常に魅力的に演じていたんじゃないでしょうか。

そうでないと最後次郎吉と良い関係になって終わる、という展開もしっくりきませんからね。

 

しかし歌、微妙すぎます。明らかに声量が足りないんですよ

華雅りりか程度の役であればも目立たなかったでしょうが、こうやってWヒロインとしてスポット浴びると色々弱点見えますね…

 

現状花組は、そこそこのポジションの路線外娘役が飽和している状態です。一定の実力がある仙名は残れると思いますが、桜咲はもうちょっと頑張らないと厳しいように思います。

 

 

 

堀田けい役、華耀きらり

初見では、ミスキャストだと思いました。

この役は、現実ではまずありえないエキセントリックベッタベタの漫画キャラ。こういったキャラは、美少女であることが第一条件でしょう。そうでなければ史実とはいえ、金四郎とくっつく、というエピローグに説得力が生まれない(実際、エェェ~という客席の反応があった)。年齢不詳の女ではいけないわけです。でなきゃ怖いだけです

そこからして、高学年の華耀がやるような役ではない

勿論、演技力でカバーできればまだ良いでしょうけど、あれは婆さんの演技と紙一重に私には見えましたね…

 

まあ、観ていくうちに慣れましたが

 

 

 

花咲役、花野じゅりあ

実に4人の主要人物から愛される美味しすぎる役どころ裏ヒロインってやつでしょうか。

彼女は元々色気が強めの娘役なので、こういった役は合っているように思います。

 

怪我で長らく休演していましたが、復帰できて良かったですね。

 

 

 

金四郎の密偵・紗知役、紗愛せいら

今回初めて(?)スポットが当たりましたが、こんな美人いたっけかと思うほど綺麗な娘役ですね。

こんな美女侍らせておいて、あえてけいを選択する金四郎の趣味がわからん( ;^ω^)

まあ、密偵とはくっつけないわな。

 

 

 

次郎吉の母・よしの役、美花梨乃

お芝居、上手いと思います。投身の場面とかも、舞台から消える最後の一瞬まで儚げな表情を崩していませんでした。あれ、結構難しいんじゃないでしょうか。

 

花ちゃんも彼女なんですね役者ですなー(;^_^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. HS より:

    いつも的確なご批評、そして手厳しいですね。
    華耀きらり 退団ですね。
    確かにもう美少女という学年ではないでしょうけど、美人というカテゴリーなら文句なしかと思っていました。
    エリザベートの2幕の美女軍団の中でも、彼女の着物姿の美しさにはひときわ目を惹かれてました。
    お婆さんと言われるのはちょっとかわいそう。エエーッという反応は、この芝居の中のストーカー的追っかけ、金さんドン引きから、急に結ばれましたになったからで、彼女がお婆さんみたいだからということではないと思うのですが。
    でも、確かに容姿だけでは残れませんでしたか。

    • ヅカ三昧。 より:

      「婆さん」みたいと言ったのは、彼女の芝居のアプローチが私にはややそういう風に見えたということであって、念のため言っておきますが彼女の容姿のことではありません。(もちろんこの演技についてもそこまで言うほどでもない、という意見はあると思います)また、実際に彼女演じるけいを「年寄り」キャラと捉えていた観客も居ないでしょう。

      おっしゃる通り華耀は美人です。でももう「乙女」を十分に演じられる学年ではない。
      華耀はそもそもそこまで演技力の高い娘役ではないので、このように学年が合っていないキャラを演じさせると、年寄りまでいかなくとも「年齢不詳」感が出てしまうように私は思います。それではあのキャラは十分に成立はしないだろう、ということです。

      まあ、流石にここで退団というのはちょっと想定外だったので、こんな風にこき下ろしたことについては少々後悔しています…