明日海「源氏」と、マイティー新公初主演

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花組10月~12月上演の演目が発表になりました。

柴田侑宏脚本の『新源氏物語』

源氏物語、『ベルばら』『風共』のように代表的…とは行かないまでも、宝塚にとって特別な作品であることには間違いないでしょうから、劇団期待の明日海りおにやらせる日本物としてはピッタリか。キャラ的にも合ってると思います。

客入りの見込めない傾向にある日本物ですが、明日海人気作品の知名度でなんとかなるかな?

そういや明日海は『夢の浮橋』でも新公主演やってますし、源氏物語には縁がありますね。

 

それにしても光源氏新公は確実にカレー来そうだな…(;^_^)演じてる姿が簡単に想像できる。 

しかも同じ「」つながりというくだらんシャレ付き( ;^ω^)

 

花組での源氏物語上演が決まったことによって、雪組と併せ10月頭東西の劇場で同時日本物のお芝居が上演されることになります。

結構珍しいですよね?

まあ、2012年に雪の『JIN』と星の駄作の和物ショーが同時上演だったと思いますが、あの組み合わせとはちょっと違いますし(『JIN』は普通の日本物ではないし、星は3本立てのショー作品)。

 

 

 

そして、次回公演『カリスタの海に抱かれて』新公一部の配役も発表に。

 

主演ようやく水美 舞斗妥当な配役だと思います。これで路線候補に残れますね。

 

ヒロインやっぱり城妃 美伶。まあこれも…そうなるでしょうな。

 

芹香斗亜の役に優波 慧。主演コンビと同時に発表ということは、キキ演じるロベルトがやはり二番手格か。

 

カレーは今回はちょっと脇に回るってことかな?おそらくナポレオンがそこそこの役なんでしょうね。

まあ、いずれにしても『新源氏物語』新公は彼女にラストを飾らせると思います。(期待度と素材からして、主演2回は少ない)

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 宝屋 より:

    みりおちゃんの源氏キタ〜〜〜
    めがハートです。