星影のポスター

スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回の話題のついでに、博多座ポスターについて。

 hoshikageposter

…なんか眺めてると咲妃じわじわきますね

こう、表情とか…っていうかもはや誰かもよくわからないレベルですし。

 

雪組和物は最近だと『一夢庵風流記 前田慶次』『若き日の唄は忘れじ』が割と迫力臨場感があってなかなかカッコよかっただけに、ちょっと落差があると言えばありますな( ;^ω^)

『心中・恋の大和路』のポスターも別に悪くなかったですよね。

 

演出の中村 暁先生といえば、

 utakataposter

こういうバッドデザイン賞・ポスター部門(そんなのあるのか知りませんが)に出しても結構いい線行くんじゃないかというやつを作っちゃったりもしているので、まあ、納得の出来か。流石にこれよりはマシだと思いますが

なんというか、今ひとつ雰囲気が乏しいというか、その辺の写真館一歩手前な部分があるように感じるんですよね。

 

今回のに関して言うと、さらに真ん中台詞をドーンと入れちゃってるのもダサさを助けているような気が。

しかもその台詞のチョイスが…いや、前回の再演時もほぼ同じ台詞でしたけど

 

そりゃ全く関係ないのはわかってますけどファンの立場からするとどうしてもこういった文言は意味深に捉えてしまいますな(;^_^)

 

「玉勇さん、これから二年4作)、私と一緒に生きてください」

「沖田はん…(ホントに二年持つのか?)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ばたこ より:

    初コメントです。
    このポスターは絶句レベルで酷い出来ですね。全体の構図が素人目にもイケテナイ。「沖田はん…」が無ければまだマシでしょうか…

    そして、ちぎみゆファンとしては、4作と言わず、6作くらい続くといいなぁと。
    二人の並びの相性の良さは妙な中毒性があります。
    実力派のだいもんより、見目麗しいちぎちゃんを見に行きたい、と思ってしまう、超面食いな私です…。

  2. はた より:

    「写真館一歩手前」の表現がしっくり来すぎて
    吹いてしまいました(´∇`)
    せっかく美男美女コンビなのに…もったいないですね。
    うたかたの恋も…かなめさんも何故これ!?と思ってらっしゃったのかも…

  3. かづらかた より:

    はい。京都駅に貼ればぴったりかも…

  4. おももふく より:

    ポスター破壊力ありますね。
    チギちゃんは美しいから余計に。。。

    ポスターもアレですけど、博多座はウタヘタばかりで大丈夫なのかな。
    所見の人が観たらびっくりするんじゃないかなと。
    少なくとも私は見に行く気がおこらないです。