宙組公演『PHOENIX 宝塚!! 』感想~その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いや~、『白夜の誓い』何度観ても面白くないですね( ;^ω^)

繰り返し観て話の筋がハッキリすることで、もっと細かいところに目が行ったりもするかと思いきや、わかりきっているだけに退屈になってしまい睡魔に襲われるという…

 

 

さて、お芝居について書いてからかなり間が空いてしまい、気づけばもう千秋楽。ちょっと今更感漂いますが、ショーの感想を。

こちらも観た人によって色々意見があると思うのですが、私はそんなに悪いショーだとは思いませんでした

 

ただ、そこまで秀逸なショーでもない。少なくとも、芝居の駄作っぷりを覆すほどではなかったという感じ。

やや以下の大介ショーと言ったところでしょうかね。大外ししないのは流石かもしれませんけど。

 

 

これといって目新しい要素が少なかったというか、ここが良い!という場面を挙げるのが難しいのですが…

個人的にちょっと良かったと思ったのは、全編通してある程度テーマが一貫していたことかな?一応「鳥」繋がりで通してましたよね(あとフェニックスの再生・復活的な要素)。この点は昨年最後のショーであった月組公演『CRYSTAL TAKARAZUKA』なんだかどこがクリスタル?な場面が結構気になっただけになんとなく好感が持てました(まあ、それがどうしたっていう意見もあるでしょうけど…)

 

それに曲(主題歌文句なしだと思います。誰もが帰りに口ずさめるのではないでしょうか。ノリが良くて、かつ憶えやすい

 

あと、凰稀かなめサヨナラショーっぽくなるところから一転、朝夏・実咲の新トップコンビお披露目モードになるフィナーレの場面の流れ、ここも良かったか。この辺の演出は確かに斬新と言えば斬新ですね。

特にトップたちのダンスシーンなんか、「愛の宝石」非常に上手くアレンジされていて結構盛り上がったんじゃないでしょうか。ああいった退団公演特有の、トップと主要メンツが代わる代わる踊っていく場面は、なんやかんやで感動的です。

トップの半身・親友きたろう→これからよろしく朝夏まなと→今までごめんね実咲凜音みたいな?(なんじゃそりゃ)

 

風羽玲亜にちゃんと歌唱力を披露する場を与えるなど、退団者に対する一定の敬意や愛情を感じられたのも好印象だったかな。

 

 

一方で、今までの藤井先生のショーに存在していた、「掴み」の要素が削られていたのが個人的にマイナス。

プロローグの各スターによる歌い継ぎは今回はナシなのね(;^_^)かなり好きだったのですが。

凰稀きたろうドーンと歌って、後は朝夏がダンスやってちょろっとソロ、でおしまい。

この歌い継ぎは『Amour de 99!!』『CONGRATULATIONS 宝塚!!』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』においてスター紹介を兼ねると同時に「最初からクライマックス」な感を上手く演出していると感じられただけに、今回無かったのはちょっと残念。

まあ、中盤にそれっぽいのがありましたけど、曲のせいもあってか大してテンションは上がりませんでした。

 

それと、なんだかアイディア不足を感じるような(;^_^)

冒頭からしてエトタカを連想。

しかも「凰稀、凰稀、凰稀な(大きな)空」て。いや、芸名を歌詞に取り入れたいのは良くわかりますけど、もうちょっと捻って欲しいです。

 

で、巷で流行「ダメよ、ダメダメ」やっぱり入れてくる。

すごく流行っているのはわかりますが、宝塚の舞台でこういう使い方をされるとなんか安っぽいです。『次郎吉』みたいにアドリブか?程度に入れるのはありだと思いますが、こうやって流行語をに一つの場面を作っちゃってるのはちょっと寒くないですか

(ただし、この場面は凰稀かなめというスターの別の一面を覗く事ができたようにも感じられ、そこに関しては意義深いように思います)

 

 

全体を通して観て、まあ悪くはないんですけど突出して良い部分が見当たらないですし、やはりもうネタがないのか?という印象は確かに受けますね。

現状、ショーが藤井先生頼みになるのは理解できるのですが、流石にちょっと働き過ぎなんじゃないのかという気はします。

 

現在上演中ののショーも早速担当されていますが、なんか楽しみなような、不安なような…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする