宙組公演『PHOENIX 宝塚!! 』感想~その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本日付で退団宙組トップの凰稀かなめ

今回のショーを観劇してつくづく感じましたが、やはり凰稀かなめはショースターではないです。だからがどんな演出をしたところで、凰稀体制の組においては、ショーは傑作になりえないようにすら感じられました

 

はまず上手くないですし、ダンスも別に踊れるわけでもない。

何より歌唱がダウナー系というか、客のテンション上げられるような歌い方になってないんですよね(;^_^)

(その点雪組早霧ともみんなんかはヘタですど、どんちゃん騒ぎ的歌唱で見てて楽しそうではあります。)

 

そして、纏ったオーラも陽か陰かで言えば完全にであり、太陽と月なら、絶対にのタイプでしょう。

まあ、こういった気質のスターだからこそ、太陽的ポジション柚希礼音の隣に居た時代が本当に輝いていたのだと思いますが。

 

今回のショーでも独りで立たされるシーンが印象的でしたが、やはり凰稀のイメージは「孤高の人」であって、大勢の中心にドーンと構えるようなタイプじゃないんですよね。

また、当初こだわりを見せていたナイアガラを元気よく振り下ろす姿より、今回のショーの最後でそうしていたように、静かに、丁寧にお辞儀をするスタイルの方が似合う

 

そういったトップに相応しいショー作品とは一体なんなのかと問われると、中々難しいものがあるでしょうし、彼女中心のショーを作るに当たっては、かなり演出家泣かせな部分もあったように思います。

 

 

凰稀かなめに相応しいのは、やはりショーではなくお芝居なんでしょうね

彼女はお芝居の人です。なんだかんだで演技は上手い

これは歌もダンスもできないから、唯一マトモな演技が際立って見えるとかそういうのとも違うように思います。非常に繊細な演技をする役者

特に一昨年の『風と共に去りぬ』では、元々バトラータイプのスターでないにも関わらず、結果的にあの轟悠ともまた違ったバトラー像を創り上げることに成功していたように見受けられました。

 

自身の醸しだす耽美的儚げな雰囲気がそうさせたのか、やたらシリアスな作品ばかり回ってきましたけど、個人的にはもっと明るい、コメディ作品等を演じる姿を一作くらい観てみたかったような気もします。(今回のショーにおける怪盗カナメール、中々良かったです)

コメディは演者に演技力等高い実力が伴わないと成立させるのが難しいジャンルと言われますし、彼女がそこでどういったパフォーマンスを見せてくれたのか、と少し気になったり。今更ですが…

 

 

この大劇場5作という任期は妥当な長さなんでしょうけど、このラストは退団公演としてはちょっと半端な形になってしまったように思います(特に芝居)。

これなら二幕物の大作で〆た方がよっぽど良かったとも感じるのですが…そういえば退団公演っていつもこんなもんか。( ;^ω^)

 

男役」・凰稀かなめには今日で幕が下りますが、彼女は美貌に加え演技力があるので、「女優」として外部の舞台で結構活躍しそうな気もしますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. どあら より:

    いつも適切な論評、感心しております。
    今日はサヨナラショーを初めて見ました。
    過去の作品の歌を唄うのですね。
    たしかに、周囲では泣いている観客もいましたが
    過去作品を知らない、初心者の私は聞いたことがない曲でしたし、
    ジーンと来ることもなく終了しました。
    つまり、ズカ三昧さまがご指摘の通りなのでしょう。
    知らない曲でも、お歌とダンスが良ければ引き込まれたはず。
    観劇後、このブログを読んで
    すごく納得しました。
    改めて、ズカ三昧さまの洞察力に敬意を表します。

    劇場の外に出ると、
    道路を占拠するようなくらいファンの方がいました。
    冬型に気圧配置で、東京は冷たい風が吹く中、
    こんなにも多くの人々が見送るんだな〜と感心です。
    みなさんが交通事故やトラブルがないように祈りながら帰宅しました。

  2. とりとん より:

    うーん、洞察力ねぇ…
    何を持って洞察力があるのか?甚だ疑問
    結局はこのブロガーも踊りや歌のプロ
    ではなく只のイチファンって事ですね。
    評論ぶって演出家泣かせだの言わない方が良かったのにと思ってしまう。

    • ヅカ三昧。 より:

      とりとん様

      おっしゃる通り、ただのファンです。別に歌とか踊りのプロではありません。ご期待にそえず申し訳ないです。
      しかし「演出家泣かせ」というのは、そんなに評論家ぶった表現でしょうか?

      私に芸の心得がないと看破された辺り、記事について何か反対意見をお持ちであるように見受けられますが、もしそうであるなら是非「具体的」にご指摘して頂きたく思います。

  3. とんとん様とほぼ同じ意見です より:

    一通り記事を拝見しましたが、ほぼ全ての記事が「上から目線」だからじゃないですか?
    誰でも見れる場であるブログでの発言でありながら、いくら書くのは自由でも、●●は下手、絶対●●である、●●は真ん中のポジションの人ではない的発言
    ファンでありながら見下している感がすごくとれるブログだという感想です
    評論ぶって・・・とは、そのような感想から来てるのではないかな?と思います

    あなたの記事からは、宝塚に対する「暖かさ」は感じとれないですね

  4. ゆき より:

    「プロの評論家」ではなく「ただのいちファン」のブログだからこそ価値があると私は思いますので、これからも更新よろしくお願いします。

    プロの評論家(つまり、お金をもらっている人)の意見はお金を出してくれる人に極端に肩入れしているものが多すぎておもしろくないです。
    聞くに堪えないレベルの歌を「ヒロインとして及第点」と書いたり、何を演じても全て同じになってしまう人の演技を褒めたり・・・。(ため息)

  5. 愛読者 より:

    ヅカ三昧さんのことを非難?されるような方もいらっしゃるようで残念です。
    何を思うのも自由ですが、私のように毎日ヅカ三昧さんの更新を楽しみにしている人もいるのです。
    辛口のヅカ三昧さんに、お気に入りの生徒が評価されればうれしいなと思いつつ、課題を指摘されれば、なるほどと思う事が多いのです。

  6. ふかみどり より:

    お金を払って観劇しているのですから上から目線で語って全く構わないです。
    たまに関係者席という席がネットで出ているので購入するとこんな良い席が貰えるんだあ~・・・・だったら、「つまんない」は書けないだろうと思います。
    歌劇に掲載されている記事も無視しています。
    ヅカ三昧さんは正直に観劇評を書かれているので皆が注目しているのです。
    だだこのところ観劇感想がアップされるのが遅く、結局ヅカ三昧さんを縛ってしまっているのではと心配しています。言いたいけど言えない・・・・小心者の代弁者と言っては失礼かな?

  7. コメント欄を無くしては? より:

    ブログの更新を毎日チェックしています。
    それほど楽しみにしております。

    贔屓の方中心に書く方が多い中、冷静な視点で分析されているので
    大変興味深く拝見しております。
    宝塚は極めて特殊な劇団ですが、チケット金額を見てもプロ集団ですよね。
    私にも贔屓の組はありますが、それでも歌唱力等 疑問も多いです。
    盲目に好き、という方もおられれば、ブログ主さまのようなスタンスもあり。
    ブログランキングに不参加とされたところからも、皆さんに注目されたいという
    意思はおありで無いのでしょう。

    気にせず、以前のようにどんどん書いて頂きたいです。
    毎回「この公演や発表について、スコッティ様はどう思われているのかな?」と
    気になっております。
    更新を心待ちにしている者にとっては、コメントに煩わされるくらいなら
    いっそのことコメント欄を無くして欲しいと切に願います。

    前回の事があってもコメント欄の機能を据え置きされている
    スコッティ様の心意気には感服致しました。
    反対コメントの方々も、その辺りご理解頂いて誠意ある文章をお書き頂きたいです。

    「というか、やっぱりコメント欄不要で更新を増やしてください!!」

  8. 王子の息子 より:

    コメント承認制の機能のあるブログにお引っ越しをオススメします。
    FC2とかねFC2とかね。。

  9. コメント欄を無くしては? より:

    コメントを承認制にし選択UPされることは、スコッティさまの本意では無いのでは?

    本来、コメント欄での意見交換は楽しいものなのですが。。
    とにかくどんどん更新して頂きたいのです!

  10. 名無し より:

    「どんどん更新してほしい」とか「前回のことがあったから更新が遅くなったのか?」
    というようなコメントが見受けられますが…個人の感想ブログですし更新頻度上げろだの言うのはそれこそご本人の事情を無視した無神経な発言ではと思いますが。

    ヅカ三昧様もお忙しいのでしょう。
    誰しも週に何度も更新したり出来るような暇な人というわけではありませんよ。

  11. Etoile より:

    このブログはヅカ三昧さんのものです。だから私たち他人が、記事の書き方があーだこーだと言う筋合いはないと思います。すみません、黙ってられなくてコメントしました。

  12. おわび より:

    コメント欄について書いた者です。
    仰るとおりです。
    気持ちばかり先走り、更新の頻度が少なくなられた理由を
    勝手に決め付けた上で、更に勝手なことを書いてしまい
    ブログ主さまを始め、皆様には大変申し訳ありませんでした。
    ただ、記事等について、非難めいたコメントはやはり楽しくないですね。
    (これも他人様のブログに意見することになれば、申し訳ありません)