月組公演『Bandito-義賊 サルヴァトーレ・ジュリアーノ-』感想~その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うーん…( ;^ω^)

あくまで個人的にですがコレ、駄作とはいかないまでも、結構つまらなかったですね…

大まかな話の流れはだいたいわかるものの、各登場人物に今ひとつ入りこめず、気づいたらフィナーレになっていたという印象。

 

いや、話の流れはわかると言っても、振り返ってみてああ、こういうことだったのね、という感じ。その場面場面を観ている時は、繰り広げられているやり取りの意味がよく伝わってこなかったような。

貴族と光月るうさん演じる悪玉とのつながりとか、彼らが何を画策しているのかとか。デモっぽいことやってる農民が撃たれるところとか。

一応二番手格宇月颯さんの役なんかも、過去に何か抱えてる様子でしたが、事の詳細が今だによくわからんし

 

それにヒロインと主人公の関係性もいまいちピンと来なかった。っていうかそもそもあのヒロインはどういった立場のキャラなんだ?

またジュリアーノ率いる山賊団がどれだけ人々に慕われていたか、等の描写もどうにも薄かったように思え、栄えていた組織が没落していく部分にドラマを感じられませんでした。

 

 

とりあえず登場人物が妙に多いというか、要らんキャラが目立つというか…前回大野先生担当の『前田慶次』を思い出しますな…(;^_^)

 

あーさ朝美 絢)とまゆぽん輝月ゆうま)の役なんて、あれ一人で良かったでしょ

あーさ演じるガスパレ・ピショッタは友人の割にあんまり絡んでこないので、彼が嵌められた事をきっかけに組織に亀裂が…というお話がどうにも中途半端な展開になってしまったように感じました。まゆぽんの役くらいたまきちとの友情描写があればまた違ったんでしょうけどね。

 

とし宇月)演じるヴィトーにも今ひとつ存在意義を感じられずせっかくの二番手格としてはかなり残念

 

物語全体として主人公を含めその背景というか、それぞれのキャラがどういった人物なのか、というのは観ていてハッキリとは伝わってこなかったように思います。

まあ、パンフレットやたらびっしりキャラ解説が書かれてる時点でイヤな予感はしましたが

 

 

そんな本作ですが、最大の見所は間違いなくフィナーレ部分でしょうな…アレなかったらこの作品、かなり危なかったような気がしますね。

小劇場作品のオマケにしては、かなりしっかりショーしてたと思います。カッコよかった。

もう後半全部あれでいいよ(^ω^)

 

 

ああ、それとバイク(サイドカー)ね。RT1004くんあ、TRZ101か?

なんかラストもさり気なく皆と並んでたような気がしますが、一応出演者扱いなんですかね…( ;^ω^)

良くも悪くも生身の出演者以上の存在感で、バッチリと場面をさらっていったような気がします。

 

ただ質感が妙にピカピカしてて、どことなくチープさを感じさせる上、動きがやたらトロいので、アレ乗って「ブイーン…」と舞台上を移動するたまきちがかなりマヌケに見えましたけど…

なんというか、お金入れて動く乗り物感がすごいんですよね。

特に、最後たまきちが舞台袖からアレに跨って ヌーッ… と登場したときは思わず笑ってしまいました(;^_^)

 

まあ今回も演者のパフォーマンスに色々思うところはあったので、ところどころで平和な気持ちにさせてくれるあのバイクの存在私は嫌いではないです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. みみっこ より:

    こんにちは。
    バウで観劇しましたが、
    私の中でキングダムとどっこいどっこいの睡魔誘発作品となってしまいました。。
    歌劇の座談会や、
    高評されている方の感想をよむと、
    たいくつな感じはしないのですが。。

    たしかに、ショーの場面素敵でしたよね!
    月組って、まさおが真ん中で踊ると、一気にダンスのレベルが低くなるのですが、
    メリーウィドウしかり、
    今回のショーなど「こんなにダンス上手い子たちがいっぱいいるのねー!」と感激しました。

    わかばちゃんを片手リフトするたまきちくん、最高にかっこよかったです。

  2. 美月 より:

    初めまして。
    いつもは拝読させていただくだけなのですが、
    せっかく同じタイミングで観劇できましたので、
    コメントさせていただきます。

    本日観劇して参りました。
    私なりに調べたりして挑みはしたのですが、
    仰るように、登場人物が多すぎるのか、
    または、そこまで多くはないけれど各人物が描ききれていないのか、
    と感じました。

    そのためストーリー全体の理解が今一つ深まらない気がしています、、、単に私のおつむが足りないだけかもしませんが(汗)

    ショーは良かったですね!あの長時間のリフト!たまきちすごいなー、、と思いました。

    中日劇場の風共も観たのですが、

    若さあふれる(中日劇場組が老いぼれというつもりは一切ないです)
    伸び伸びして、

    脚本には疑問が多くありますが、男役でがちゃがちゃしてる感じは、
    風共ではみることななかったので、
    こちらはこちらで楽しく観れました。

    風共は重厚クラシックといったところかと思いますが
    こちらはパワフル爽快!という感じでしょうか。

    ヅカ三昧様のご感想の続きも楽しみにしています。

    続きも楽しみにしていますね。それでは。

  3. さおり より:

    ブログをいつも楽しみにしています。
    私もbandito、眠くなりました。わかばさんの演技は、なるほど良くなかったです。棒でした。珠城りょうさんのスターオーラはすごくて、それが救いでした。ショーは群舞、デュエット両方あってちゃんとしてましたね。