雪組『ルパン三世』東京新人公演感想~その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本公演の感想がまだなんですけど(;^_^)先延ばしにして今更状態になってもアレなので、先に新公の感想載せておきます

 

 

今回の雪組新人公演、ハッキリ言ってタイトルに偽り有りです。

なぜなら、ルパン三世なんてどこにも出てこない。どう贔屓目に見ても、主人公が全ッ然ルパンじゃないんですよ( ;^ω^)

この新人公演は、つまるところ次元五エ門不二子銭形、そして謎の赤ジャケット男のタイムスリップ物語…だったのではないでしょうか。

 

すこぶる評判の良い本役・早霧ルパンと比較されるのは酷だとは思うのですけれど…とにかく、物語を『ルパン』たらしめる一番重要な所を外してしまっており、少々奇妙な舞台になってしまったように私には思えました。

 

 

新公初主演、ルパン三世役・永久輝せあ

上に述べた通り、ルパンらしき格好をした只の兄ちゃんでした。キャラクターの再現性、という点においては、ただただ本役・早霧せいなのルパン、その異様なまでの完成度再確認するだけに終わってしまったように思います。

まあ、もちろん経験や稽古期間等の違いもありますし、本当に難しいことであったとは思うのですが。

 

…とは言うものの、新公主演はまだ早すぎた、という感覚はそこまで抱かせなかったようにも思います。

演技は(ルパンっぽくないという一点に目をつぶれば)ごく自然でしたし、も結構歌える。本作は良曲揃いなものの本役さんがアレレ…な歌唱なので、そこそこ聴かせてくれる彼女の歌唱力は好印象です。

同じ曲を改めて聴いて、へえ、こういう曲だったのか新鮮な気持ちにさせてくれました。

 

本当に爽やかな容姿で舞台栄えしますし、実力面も研4でこれだけ出来ていれば特にまぁ、言う事はないようにも思います。

今後に強く期待のかかるスターであることには間違いないでしょうね。

 

 

そしてこちらも新公初ヒロイン、マリー・アントワネット役・星南のぞみ

「大劇新公はひたすらヘタだった」という評判でしたが、今回の東京新公は言うほど悪かないんじゃないだろうかという印象。よほど大劇場はヒドかったんすねぇ… 

少なくともこの間の『前田慶次』新公の捨丸役なんかよりよっぽど進歩が見られたお芝居を見せてくれたと感じました。

わかばちゃんレベルから少々点数を引いた感じかな?いや、下手ですけどね

 

むしろ今回びっくりしたのは、歌も全然だという事実です。卒業成績そこまで悪くないですけど、彼女は一体何がお得意なんでしょう(;^_^)ダンスか?

主人公と「リベルテ」をデュエットする場面、ヒロインの歌唱が完全にノイズ状態なのはちょっとどうなんですかね。永久輝が一生懸命歌っている横でキーキーキーキー…ドラえもんのしずかちゃんが弾くバイオリンみたいだなと思いました(´ཀ`)

この場面は曲は良いにも関わらず本公演ver.もそこそこキツく、せめて新公でまともに聴かせて欲しいと思いながら苦渋の表情で観ておりましたよ…

 

まあ、流石にルックス的な素材は良いと感じます。ヒロインっぽい。メイク等まだ工夫が必要とは思いますが、毒気がないのが良いですね。

 

しかし実力面はこんな感じですし、果たして引き続き上げる意味は??…というのが正直なところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. づかファンA より:

    何様
    というか誰