星組公演『黒豹の如く』感想その2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

更新が滞っておりますが、キャストについて。

 

 

アントニオ・デ・オダリス役、柚希 礼音

ストーリー上では「黒豹」たるゆえんがいまひとつ良く見えてこないキャラクターでしたが、柚希自身の持ち味やスター性によって「なんか凄そう」「つよそう」「たぶん英雄」と、観ている側はなんとなく受け取ることができたんじゃないでしょうか。

佇まいにギラついた目つき、「黒豹」っていうのは結局役者本人のことかって感じ( ;^ω^)

 

こういったお芝居圧倒的オーラと存在感で一応成立させてしまうのは流石ですね。歌や芝居といった技術面も不足はないし、ほんとすごいスターだなと思います。

もう一作くらいやってもらっても全然構わないようにも思いますけど、この辺が良い引き際なんでしょうか。

 

 

カテリーナ・デ・ラミレス役、夢咲 ねね

意外にも、特に不満なしって感じでした。台詞のいまひとつ聞き取りにくいメインキャストが多い中、彼女の話す台詞はわかりやすくて良かったです。

歌もお芝居の方は結構聴けました。

 

ビクトル・デ・アラルコン役、紅 ゆずる

まずなんであんな芝居というか、声の作り方しているのかなっていうところですよね。あの紅子特有の喋り方カッコいい男役の表現なんでしょうか?基本ヘラヘラ笑いで、まさおと並んでモノマネしやすい芝居

 

は以前よりかなり上手くなっていると思います。音は取れているような。しかし歌ってるときも声があんな感じですし、ところどころ変な表現入れつつ乱暴に歌ってくるので聞いていて心地よくないです。

「見る・聞く・触る・味わう…ふぉおおお~↑」とかいつも変。「洗いざらいに」の部分も声ひっくり返りがちだし。

なかなか良い曲なのに勿体ないなという印象。

 

まあ、全体として得体の知れない人物という雰囲気は出ていたと思いますが、ラファエルの言う「大物の風格ですね」っていうのはちょっと違うかなと。柚希演じるアントニオと対峙する場面なんかも色々足りてないように感じられました(この辺は誰がやっても難しいかとも思いますが)。

 

 

ラファエル・デ・ビスタシオ役、真風 涼帆

見てくれは男らしくてカッコいいですけど、しゃべりがフニャりすぎです。自己紹介の場面、自分の名前もちゃんと言えてないような?

台詞を明瞭に話せないというのは、彼女に限らず星組全体の課題っぽい気がします。(先日の新人公演でも感じました)

紅子なんかも勿論そうですし、柚希でさえ未だにサ行やツなどの発音が弱点ですからね…

男役主要メンツでこの辺がクリアーなのはくらいまで下がらないと居ないかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 蒼豹 より:

    つい最近、黒豹を観てきました。
    私も紅さんの台詞回し、気になります。
    それから柚希さんのサ行とタ行も気になりました。
    「大物の風格」は、聞いた直後「皮肉ったな~」と思っていたのですがそうではなかったようですね(笑)
    すみません。あまりに色々同感だったので、コメントさせていただきました。

  2. みみっこ より:

    最初の赤字がツボすぎてスルーできませんでした…。笑
    つい最近ネットの【まとめ】で、
    細かすぎて伝わらない真咲節選手権なるものを見つけてしまい、
    それと比べると紅子さんはまだ可愛らしいかと。。
    紅子さん、下級生の頃歯並び相当悪かったように思うのですが、
    路線に浮上したあたりから、異常に白くて揃っているので、まさか総インプラント?と思っていたのですが、
    もし地道に裏側から矯正されていたとすれば、滑舌が悪いのも納得なのですが…。
    それは考えすぎですかね。。

  3. 「当日B席」的距離感で~ より:

    黒豹観劇しました。

    私は,柚希礼音さんの発声は「い段」が気になります。
    (口を横にずらす癖のある「きしち障害」スピードワゴンの小沢氏が顕著です。)
    でもとても個性的でチャーミングだと思います。

    それと 龍真咲 VS 紅ゆずる の「節対節」のワンツーを月組で見たい。
    (確か中学校でマイナス×マイナスはプラスになるって教わった。)
    相乗効果は舞台の醍醐味です。わるぐちじゃないです~

    づか三昧様の更新これからも楽しみにしています。

  4. みほこ より:

    まさおと紅をひとくくりにしないでもらえませんか?

    歌だけ比べても、まさおは音域広く歌上手い。
    声質も艶があり伸びやか。

    雑念を捨てて聞けば分かることなんですがね。

  5. ななこ より:

    みほこさんへ
    筆者さんは芝居について引き合いに出してるだけですよ。

  6. ななこ より:

    私もまさきさんに似てると思いました。
    芝居の滑舌が変なところや、歌い方で高い音だと何言ってるかわからないところなど。
    これも個性でたまに面白いので、スターとしてアリだなぁと思います。でも、役はえらびそうですね。

    ふと思い返すと、小顔で女性ぽい男役さんなところとか、実は似ていたのかもしれないと思いました。

  7. ももえ より:

    今回は黒豹の講評なので、言わないでおこうと思いましたが、あまりにもスカステで何回も放送されるで我慢できず一言。
    ナウオンステージでディアーダイアモンドについて話し合っておられますが、ねねちゃんがデュエットダンスの時のお団子へアを「長年したためてきた」と言ってますが、「したためる」というのは文章をかくことをいうので、「長年あたためてきた」の間違いですよね。
    言葉つかい

  8. ももえ より:

    ごめんなさい、途中で送信してしまいました。
    言葉づかいの間違いは誰でもありますが、あまり何回も放送されるので、気になるし、ご本人も気の毒です。
    本筋と関係ないので申し訳ないのですが、タカラジェンヌさんは「清く正しく美しく」なので、スカステのスタッフさんも気を配って頂きたいです。