『舞音』新公配役予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久々配役新公主演)の予想を立ててみたいと思います( ^ω^)

 

まず男役ですが、主演として候補に挙がるのは暁 千星朝美 絢、そして蓮つかさ3名ではないかと思います。

 

については既に2回の主演経験があるものの、彼女に対する劇団からの熱い期待を見るに、加えてあと3回の主演(計5回)は固いであろうと予想されます。

『明日への指針』珠城りょうと分け合う形であったこと、暁自身にまだまだ成長が必要な部分が見られること、そしてまだ研4と若いことを考慮すると、それ以上の主演を重ねることも考えられるところです。

今回は『1789』と比較して突出した役付きであるようにも見えませんし、引き続いての主演の可能性は高いと思います。

 

 

朝美は暁と共にワークショップ主演を終えたばかりであり、勢いはあります。また新公1回主演済みとはいえ『PUCK』という異色作であって、ノーマルな男役の主演も経験したいところ。今後彼女をちゃんと路線として育てるつもりなのであれば、今回ラストを飾らせるのでは?

まあ暁ほど主演の可能性は高くないとは思います。

 

 

あとは蓮つかさ『1789』新公等で安定した実力をアピールしており、主演に値する生徒だと思います(トップ路線かどうかはともかくとして)。同期の雪組永久輝せあも既に主演を終え組内でのポジションを確立していることですし、彼女もそろそろか?

ただを押しのけての主演が来るのかは微妙。明日海なんかも新公主演4連続でしたからねー。

 

前回の新公といえばカチャの役をやった夢奈 瑠音なんかもなかなか上手く、目立ってましたが、これだけの候補がいる中にあっては難しいでしょう。でもみやカチャあたりのそこそこの役は回ってくるんじゃないでしょうか。

 

 

輝月ゆうまラストチャンスという事で待望論があるかと思いますが、前回『1789』新公でポスターメンバーから外れてましたし、可能性は低いように思います。

彼女は若手の中では目立って実力派であり、路線云々抜きに個人的に一度主演も観てみたいところではありますが、今のように暁ら3人が居る状態では、輝月に主演を回す余裕はないのではないかと思います。

 

 

続いて娘役について。

今回本公演における下級生の役付きが目立ち、新たな生徒の抜擢可能性もゼロではないでしょうが、おそらく海乃美月、そして前回初ヒロインの美園さくら、この2名のうちいずれかの可能性が高いのではないかと思います。

 

そして今回は特に海乃の本公演での小間使いそこまでの役でなさそうなこと(カリスタの城妃的な?)、そして彼女の路線としての勢いをこのまま保っていく必要性があること(先のバウ公演がワークショップであるにもかかわらず正ヒロインでなかったため。次回小劇場ヒロインを獲得できるのでれば別ですが)を考えると、海乃3回目(ロザリー除く)の主演を獲得する可能性の方がより高くなるのではないでしょうか。

 

前回『1789』新公で実質ヒロインを演じた叶羽時も全く可能性がないわけではないと思いますが、今回は多分ないでしょう。海乃以下の生徒がまだ路線に乗っていない段階で、正路線の見込みがほぼない生徒に主演を回すのは適当ではないからです。

 

『A-EN』の朝美版でヒロイン格を演じた紫乃小雪も気になるところですが、本公演で役がついていないこと、前回の新公で役がなかったこと、朝美版バウはヒロイン起用の条件として特に小柄な娘役が求められていたと思われることを考えると、どうも可能性は低そうです。

最近パフォーマンス見せる機会が増える中で、彼女自身の弱点(特に演技)が露呈したように見えるのも気がかりな部分(;^_^)割と注目度の高い生徒でしたが今回主演がない場合、将来的なヒロイン候補からは外れるだろうと思います。路線候補とみなされる娘役は比較的早期に新公主演する傾向がありますし…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 月美花 より:

    A-ENはアーサーバージョンの方がデキが良かったので、あーさ主演を期待しますね。一応路線候補を95期月組でも立てておいた方がいいでしょう。暁千星なんざあと何回新公主演することやらだから、今後は年1新公主演、他はバウ主演ペースでいいでしょう。アリバージョンの中ではれんこんが目立ってたから、ちょっと一回ぐらいはやらせてあげたいところ。輝月ゆうまも相当個性が目立ってたようですが、主演向きかというと違うと思いました。

  2. HSTZ より:

    るねちゃん、良い声ですよね。歌がしっかりとある役で、一度主役が回ってこないでしょうか?
    れんこん君も、ハリのある、よく通る声。

    1789の新人公演では、この二人が、特に印象に残っています。

  3. 月光 より:

    暁が新公5回やる、に同意です。ただしさすがにそれ以上は無いと思うので残り3回。
    残りの年度も3年もある。しかしその間にトップの交代や大作の可能性もあるので、
    残り3回はその時のために取っておくと思われます。
    WS主演もあり、御曹司として育てることは充分伝わったし。
    舞音のような無冠のオリジナルは、外すのではないかと予想します。