雪組『るろうに剣心』、ポスターと一部の配役発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝塚版『るろうに剣心』のビジュアルや一部配役が発表に。

るろ剣@Takarazuka

やっぱり小池修一郎×Leslie Keeは外しませんねー。

こういったポスター見るだけでワクワクしてくる感じは同タッグの銀英伝以来かも。

 

特に剣心役の早霧せいなビジュアルが完璧。これなら原作ファンもほぼ文句ないのでは?

チケットもかなりの争奪戦になりそうな予感…(;^_^)特に東京

 

キャストについてはポスターメンバーのみ判明してますが、二番手をオリジナルキャラにしてくるのはちょっと意外でした。

望海風斗志々雄真実大湖せしる駒形由美固いだろうと予想していたんですが…

包帯グルグルはヅカ的に厳しかったかな?ファントム的アレンジの美形志々雄とかはキャラ離れすぎてNGか。

 

彩風咲奈斎藤一鳳翔大相楽左之助大はポスター入りかよ!( ;^ω^)

この二人はキャラ逆じゃね?体格的にはともかく、八重歯覗かせる斉藤はちょっとなぁ…静止画ならまだいいけどさ。

 

彩凪 翔武田観柳。今年入ってから徐々に路線外れつつある翔くんですが、非二枚目の悪役っすか…重要なポジションだとは思うけれど。

で、月城かなと四乃森蒼紫でポスター入り。グイグイ来てるねぇ。

 

次公演からはもっと明確に彩風>彩凪にしてくるんでしょうか。まあ、この辺でほぼ成長の見込めない彩凪は落とさんと仕方ないとは思う(;^_^)

かといって彩風もトップ候補としてはどうなんだろう…ちょい疑問。なんやかんやスターオーラはあるし、最近男前度(若干)上がったような気もするけど。

劇団も新公5回させてるんで意地でも上げるか?でも現在のポジションは同期のキキや一期下のたまきち以下だったりで、どう転ぶか良く分からんっすね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. AI より:

    望海志々雄激しく同意です。
    小池先生で一本物なら京都編じゃないかと期待してたのですが・・・
    望海風斗の端正な顔立ちなら軽く二次元超えできたのに…オリキャラなのが惜しまれます。

    早霧剣心のビジュアルは予想どおりの美しさ。
    宝塚を知らない友人たちからは月城蒼紫の評判がすこぶる良いですね。

  2. 1000 より:

    初めまして、管理人様。いつも楽しく拝見しております。
    彩風さんが齋藤一なのは、常にタバコをくわえるハードボイルドなキャラをルパンに続いて演じさせることで、八重歯を誤魔化して男らしさをアピールするためではないでしょうか。
    実際に雪組の舞台を見てそこまで彩風さんの歯並びについてどうこう思ったことはないのですが、二回も似たようなキャラを演じさせる劇団の意図として、彩風さんが持つ可愛くて健康的な少年のイメージを覆すためではないかと思いました。
    しかし配役の発表には驚きましたね。うまくいくことを期待しましょう。

  3. 匿名 より:

    はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
    今年から宝塚にはまった剣心ファンです。確実に咲奈ちゃん>翔くん配役だと思いますが、悪役で結果が出せればこの役は(映画でも香川さんの怪演が光りまくってましたし)おいしくなる可能性があるし、逆に咲奈ちゃんの斎藤役は人気キャラであるが故に役作りが大変そうでしかも牙突ポーズ披露してたのでやるんですよね牙突。(映画で唯一大失敗した牙突)なのでかなりかわいそうになってしまう危険をはらんでいる気がしてます。
    でも話題なのは間違いないですし、ビジュアルだけでも大変楽しみなので、雪組さん(というかイケコには)頑張って欲しいです。

  4. バイマークバイマーク より:

    いつも楽しみに読んでます!私もだいもんししおとせしこ駒形が見たかった!!残念!意外に包帯ぐるぐるイケる気がしたのですが。。。彩風は次元がかなり生理的に受け付けなかったから(笑)、大好きな斎藤さんが彩風かよーみたいな、、、できれば専科の方、どなたかに演じていただきたかったかな。

  5. サイバイマン より:

    志々雄だいもんはプガチョフみたいなカリスマ性のある悪役を期待してただけに残念

  6. ねこ より:

    彩風咲奈、あの、八重歯が男役を邪魔してると常々思います。
    なぜ、直さないのだろ?
    どう考えても、フェアリー系男役にはなれないスタイルだし、この辺りで観念して男っぽい男役に方向性をチェンジするべきですよね。
    月城かなとも若干歯並びが気にはなりますが、彩風ほどでない。
    そのうち、月城に抜かされる日も来るのでは?今回の彩凪を抜かしたみたいに。

  7. ねこ より:

    昨日、ちょうど地上波で映画を放映していたので興味深く観ました。
    私は漫画を読んだことがないので、宝塚の配役と映画の配役を比べて観てました。
    江口洋介の役を彩風咲奈がするのかー、香川照之の役を彩凪翔がするのかー、とかある意味おもしろかったです。
    新キャラも入って、どんなストーリーになるんでしょうね。

  8. ちゃちゃまる より:

    う~ん、マンガも映画も見ましたが…
    あの殺陣のシーンなど宝塚でどこまで出来るのか…ちょっと不安ですね。
    確かに星逢でそこそこは出来てましたが…るろうにはスピードがあるので…。
    斉藤一もあの殺気がある雰囲気、どこまで出来るか…。
    るろうにを知らない友人が昨日の映画見てびっくりしてました(笑)ちょっと映画はキツいかな、初期のアニメならいいんですけどね~

  9. 花子 より:

    普段はヅカに見向きもしない息子達が
    映像を送ると”時間が合えば観てもいいかも”なんて
    返答をしてきてビックリです。
    私は主人公の名前ぐらいであとは何も知らないと言っていい状態。
    すると息子に”その登場人物ならこの巻あたりまで読めば大体分かる”と
    コミックを積まれました。(^_^;)
    本当に人気なんですね。
    劇団がやってみたいのは分かりました。
    でも、なんだかもっと別のちぎちゃんと雪組も観てみたいと複雑な気分にもなります。
    (特別に雪ファンと言う訳ではないのですが)
    贅沢ですかね?
    こんなに立て続きヒットアニメで話題をさらって
    成功を収めているんでるから。。。。
    もちろん、チケット争奪戦にも参加しますし
    楽しみでもあるのですが。。。

  10. ぬん より:

    るろうには佐藤健がぴったりハマっていただけに、宝塚でやるようなものではないと思うので残念です。どうせなら、もっと宝塚らしい少女漫画原作のほうが嬉しいです。そんなに雪組って二次元か?という気持ちもあります。不遇な宙組に良作を回して欲しい…

  11. 紫陽花 より:

    ぬん様
    宙ファンですが、不遇とは思ってませんし、今の宙トリデンテは(雪の専売特許語録になってますが)実力、ビジュアルと作品でのフォローはいらないように思います。
    次の本公演、地味ながらオリジナルの芝居、ショー楽しみにしてます。
    塚三昧様のブログお借りしまして、失礼いたしました。
    塚三昧様の観劇感想いろいろ、楽しみにしております。

  12. ぬん より:

    紫陽花様

    とても納得しました。私も宙組が大好きです。
    話が逸れますが気になることがあります。
    反論ではなくファン歴が浅い私の純粋な疑問として捉えれもらえると幸いなのですが、雪組は作品の助けが必要な組なのでしょうか?なぜ話題作ばかりが続くのでしょう
    これはぜひヅカ三昧様にもお聴きしたいです。

  13. 紫陽花 より:

    ぬん様、けして雪が作品のフォローが必要という意味でかいたのではありません。誤解を生む表現でしたら、申し訳ありません。
    思うに、雪のプロデュースされる方が、やり手なのかな、と思うのです。とりあえず客要りがよい作品という意味では。

    それとは別に、話題作ではなくても、次の宙の新作芝居、ショーの二本立ては、本来の宝塚のあるべき姿だなあ、と。
    宙はずっと大作一本ものが続き、ショースター揃いですので、次回の二本立ては、ファンとしては楽しみです。

    私も各組作品選びに関して、塚三昧様のご意見、興味あります。
    機会がありましたら、よろしくお願いいたします。

  14. あんみつ より:

    横レス失礼いたします!
    私も、紫陽花様の意見と同感で、雪組プロデューサーはやり手だと感じています!
    私は、今の雪組は「お芝居の組」だなと思っていて、特に早霧せいなさんと咲妃みゆさんは”憑依系”の役者さんで、役をとことん極めるタイプの「職人型トップコンビさん」だと思います。
    ルパン三世の様なコミカルな役も、前回の星逢一夜の様な内に秘めるような役も、早霧さんは共に役に憑依して演じられていたと思いました。
    そして、2番手の望海風斗さんは、お芝居・歌共に上手なスターさんで、お芝居では特にアクの強い役を得意とされているので、前回の主演作「アルカポネ」もまた、望海さんの魅力をひき出せる作品だったと思います。(歌も多かったですし)

    人事に関しても、芝居巧者の早霧さんの相手役に、芝居巧者の咲妃さんを組替えで月組から引き抜いてくるという点でも「雪組のプロデューサーさん、なかなかやるな!」と(笑)
    (まだ未定の話ですが、もし将来歌の上手い望海さんがトップスターになられたら、雪組プロデューサーさんが、歌の上手い娘役さんを又、どこからか引き抜いてこられるんではないか…と勝手に予想)
    そういう生徒さんの特長を、雪組プロデューサーさんは良く理解した上で、作品を選ばれているのかなぁ?と素人ながら考えています。
    そして宙組さんですが、確かにショースターが多く、華やかでダイナミックなイメージがあり、組全体としてはコーラスが非常に上手い組なので、ミュージカルや歌の多いショーで力を発揮する組だな…と。
    なので「TOP HAT」や「王家に捧ぐ歌」は、宙組さんにピッタリの作品だったと、個人的には思っています。
    逆に(こんな事を書くと気分を害される方がいらっしゃるかもしれませんが…)花組さんは再演モノが多い…というか、ほぼ再演作品ばっかりなので、私個人としては気の毒に感じます。
    新たな作品、そしてその中に生きる人物を、イチから作り出すという試みを、花組さんでも見てみたいなぁ…と。
    明日海りおさんがトップスターさんになられてから、大劇場次回作のミー&マイガールまで含めて、カリスタ以外は全部再演ものですからね。
    再演モノが悪いとはいいませんし、素敵な作品もたくさんありますが、あまりにも偏っているかなぁと思います。
    そういう意味では、雪組さんは作品に恵まれているし、制作発表などの待遇を見ても、劇団さんからも期待されているように思います。
    ただし、雪組さんも「和物」という意味では偏っているかなぁと思っています。
    確かに昔から「和物の雪組」とは言われていますが、早霧せいなさんがトップさんになられてから、「星影の人」「星逢一夜」「るろうに剣心」と、続いてますので。
    「るろうに剣心」の制作発表を見る限りは、ビジュアル面では100点かなと思います。
    後は、どのような役作りをされるのか…とか、ストーリー性がどうなるのか…という点ですが。
    作品に関しては、各組まんべんなく、新作・再演を振り分けて欲しいなぁというのが、ささやかな願いです。
    話がそれてしまいましたし、横レス&長文失礼いたしました!

  15. ふらふらくらげ より:

    宝塚で殺陣は寒いでしょう。思い切って音楽とダンスにしてしまったべるばらは偉かった。
    立ち回りは外部の人を起用してもらいたいなあ。いや、それでも私はあんまり期待できない。今回は作品選び間違えたと思う。

    • アクア より:

      以前この話題で誹謗中傷したあいこ様やそれに乗っかった方はどういうコメントしてましたか
      荒らしではない