星組公演『ガイズ&ドールズ』感想その1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久々に感想を書こう(^ω^)

ガイズ

 

星組新トップスター北翔海莉が真ん中の舞台、やはりレベルは高いです。

他の組子の歌・芝居も特に破綻なかったですし、全体としてかなり満足のいく舞台でした。

共演者の中では、とりわけ礼真琴のアデレイドが非常に完成度高く、またみっちゃんの同期である専科美城れんナイスリーも素晴らしかった。

 

音楽も良いですね。流石ブロードウェイミュージカル

内容もテンポの良いコメディで、観劇後幸せな気持ちで帰れるような、そんな作品だと思います。演者のレベルの高さも含めて、初めての人にも勧められる作品になっているんじゃないでしょうか。

 

そういった意味で、みっちゃん率いる今の星組に、この作品を持ってきた選択は間違っていないと思います。ハイ

 

 

 

 

 

( ^ω^)…

 

 

 

ただ、ですね…

本作の主人公であるスカイ・マスターソンという人物は、主演の北翔海莉という役者には合っていなかったなぁと私は感じました。

 

「流石北翔海莉、上手いなぁ」とか「みっちゃんトップになれてよかったね(感動)」みたいなフィルターを外して観ると、どうしてもキャラ的な相性についての違和感を覚えます。

 

そもそもこういった都会的な雰囲気漂うキャラって、みっちゃんというスターからするとほとんど正反対に位置する存在じゃないですか?

何て言うか、みっちゃんの芸風とは違うんだよね。

 

みっちゃんのスカイ、いなせな雰囲気は常にバリバリなんだけど、それってニューヨークが舞台な感じではないんだもん(;^_^)

大都会の「ギャンブラー」というのがどうにもしっくり来ない。身なりが良く教養もある博徒って言うのかな…あえて表現するのであれば。

少なくとも、なんかみっちゃんが演じると横文字って風ではないような。

 

この作品、多分主役二人だけに限って考えれば、宙組朝夏みりおんあたりでやった方がハマったんじゃないかと思います。

 

前回の全国ツアー公演の『大海賊』もホントみっちゃんにほど遠いキャラだったと思いますけど、なんでこんな2作続けて紫吹淳リスペクトの公演チョイスなんでしょうね。みっちゃんとリカさん、そもそも持ち味が別方向のスターでしょうよ。

 

 

ガイズ&ドールズ、確かに良い作品ではあるけれど、権利関係も厳しく映像化には恵まれない(DVD化だけでなく、スカステ等での放送も難しい)。 

実力あるトップに海外ミュージカルというのは良しとしても、あえてこの作品をお披露目に選んだというのは果たしてどうだったんでしょう。

 

 

…と、そうは言ってもまぁ、何だかんだみっちゃんのトップ就任は素直にめでたいことなんですけどね(^ω^)

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yayoi より:

    ヅカ三昧さんのブログの更新ほんとに楽しみに待っています。
    私はガイズ&ドールズ、楽しい演目であったと、
    東京まで見に行くことができないので本当に残念です。
    アデレイド役の礼真琴さんは本当に歌もうまくて引き込まれました。
    北翔さんの立ち居振る舞いが本当に見事に感じました。
    ヅカにハマりなおして日が浅いので・・・
    みなさんのような深いところまで目がいきません。
    夢のような世界に浸るだけで精いっぱい状態です。

    次の更新楽しみにしています!!

  2. あまれっと より:

    ブログ再開お待ちしておりました。大変楽しくためになりながら拝読しております。
    私も礼真琴に見ほれてしまいました。ただ芸達者だからとこう何度も女役をさせられるのはどうかなと、確かに路線3番手でしょうがへたするといいように使われてかつての北翔さんの様になるのではないかと危惧しております。(結果的に真ん中に立ちましたが)

  3. 猫耳スナフキン より:

    外国楽曲だらけのDVD化は、本当に大変で、許諾料も相手の言い値なので、採算の見込みがたたないと、最初から諦めちゃうでしょうね。
    歌詞の日本語訳が原詞と意味が違うという理由で却下されたりもしますし。
    DVDを作るって、大変です。
    でも、DVD化を前提に企画するわけではないでしょうから、仕方ありませんね。

  4. ひつじ より:

    た、確かに…!
    私はまさに「みっちゃん上手いなぁ、苦節18年、トップ本当に良かったね(涙)」というフィルター全開で観劇していましたから、普通に感動して帰りましたが

    その後たまたま月組の紫吹さんのガイズのワンシーンを見る機会があって、紫吹さんが演じるからああなのではなく、そもそもスカイってこういう人物よね…と妙に納得しました。(えみくらちゃん共にハマり役でしたよね)

    北翔さんのスカイは、ハナからどことなく誠実そうですしね(^_^;)
    ただ、妃海風ちゃんが可愛くて可愛くて、大人の包容力溢れる北翔さんとのハバナのシーンや最後のデュエダンは本当にうっとりしました…!
    ちえねねとはまた違う魅力の素敵なコンビ誕生で、これからどんな舞台を魅せてくれるのか楽しみです♪

  5. クレア より:

    三昧さんの感想と同じようなことを危惧して
    次作品に期待ということで今回は観劇を見合わせていました。
    せっかくの歌うまコンビの海外μなんだけど、
    なんかもうちょっと違うのなかったのかなと思ってしまうんだよなぁ

    因みに大きな声では言えないけど、ディズニーもちょっと違う
    いや、技術的には安心感が高くて良いのですが…。

    大人の作品がみたいなぁ贅沢なのかなぁ

  6. ぱご より:

    実は20年くらい前にブロードウェイ版(多分)のガイズ~を見ました。
    やたら太ったオッサン達とうるさいアデレイドがワイワイやっている、非常に楽しい作品で、ネイサンとアデレイドの長い婚約の話は楽しく思い出せるのですが、スカイとサラの話はほとんど覚えておりませんでした。

    今回の作品を見て改めて思い出しました。
    スカイは私の見た舞台でほぼ唯一の美形キャラだったので、サラとハバナにいって「I’ve never been in love before~(はじめての恋を~)」なんて言われても何かの事故?!にしか見えず、全体として「14年来ののらりくらり愛(メインディッシュ)」+「事故愛(ツマ)」=「全ては女のため~ちゃんちゃん!」という話だったように思います。(それはそれで楽しかった)

    みっちゃんのあの造形を見ると、サラとの初めての恋もあまり事故に見えず、事故に見えない本気だったからクラップシューターの場面の説得力(プロのギャンブラーなら絶対にのらなそうな五分五分の賭けを自らお膳立てして「運命の神様!」って歌う姿と気迫の説得力)もあり、なるほど!こうやってスカイの話が中心になるのか!と得心いたしました。

    ただ、個人的には非常に納得感があったのですが、ヅカ三昧。様のおっしゃるとおり、かな~り、渋~い造形でしたね。
    宝塚的ファンタジー要素は極めて薄め(汗)。
    逆に、スカイの話を中心にしながら、怪しげな色気に満ちた(と思われる)紫吹スカイがどのように演じたのかが気になります。
    当時は若気の至りで、積極的に観劇しなかったのですが、返す返すも惜しいことをしました。

  7. ふくふく より:

    なぜ制作発表会がなかったのか?
    他の組はあるのに・・・そこが疑問であり不満です。

    CD化は決定との事なので、映像化も期待してますが、どうですかね〜。リカさんの時は発売されたのに・・・。
    折角のお披露目なのになあ・・・。

  8. のむのむ より:

    ヅカ三昧さんのブログ、楽しく見せていただいております

    今回のガイズ、安心して観れました

    大人の男役は、今のトップでは北翔さんだけだなと

    ただ、スカイは誠実な印象の北翔さんには合ってなかったとの感想は同感です

    北翔さんには、川霧の橋や若き日の唄は忘れじを切なく演じていただきたいです

  9. ねこ より:

    ガイズ、ムラで観劇しましたが。
    北翔海莉のキャラには合ってなかったかもしれませんが、大人の男役として非常に楽しめました。
    明快な台詞、ぶれない歌、はっきりした滑舌、幅広い音域、男役としての完成度(仕草や佇まいとしての見せ方が素晴らしい)、相手役を包む包容力、伸びやかなダンス…などなど。
    さすが、北翔海莉!でした。
    公演中に舞踊会のお稽古があったからか、ダンス中に時々腰を落としすぎて日舞っぽい踊りになってたことはご愛敬ですかね。

    星組メンバーは、北翔海莉のパワーに圧倒されてる感も見受けられましたけど。
    それぞれ自分の与えられた役を一生懸命に演じてらっしゃいました。
    紅さん、次期トップ候補なのであれば、滑舌や発声をクリアにしてほしいですね。台詞が聞き取れないんだもの。
    歌は、思っていたほどひどくなかったです。➡雪組の男役さんたちのひどさに比べれば、全然歌える方ですよね。
    紅さん、頑張ってほしいです!

  10. MM より:

    はじめまして 楽しく拝見しています♪ スカパー無料放送のおかげで みっちゃんに出会えて 楽しい日々をすごしています スカステで観たのは 仁・雨に歌えば・セカンドライフ・銀ちゃんの恋 そして運命の(笑) メリーウィドウ これには参ったあ 何なのこの楽しさ・実力! 今から考えると 以前にも何作か観ていたのですが あまり記憶にのこっていませんでした DVDでエリザベート・風の次郎吉もみて 真ん中にいないときの違和感がすごいです!エリザの舞台稽古 花組の組子が真剣な眼差しでみっちゃんを見ているのが印象的でした それが次郎吉に つながったんでしょうね
    若い時に宝塚にはまり 結婚後はTV中継だけは必ずみて 薄くつながっていましたが
    最近は蜷川さんの舞台を中心に見て プロの厳しさをしってしまったので スターさんの歌の下手さに ずっこけていましたが やはりプロと呼べる人がいて 本当に嬉しいです
    もともと美形なので 少しシェイプしてリーゼントやめたら 若いファンがきっと
    増えるんじゃないかと 東京まで行くのは無理そうなので 来年のコウモリ 大劇場楽しみに待っています

  11. HSTZ より:

    1789 帝劇エリザベート とかの後でしたので、最初は、音楽・ストーリーのノリの悪さが気になり、
    何度も観る程ではないか(でも、すでにチケット買ってるし)...
    みっちゃんのキャラに(エミリオ程じゃないけど)今一つ合わないし...

    でしたが、4回位見たら、馴染んで?、とても楽しめるようになりました。
    特に、ハバナ~一幕ラストは最高。「歌ウマっていいなー」って、ジーンときますね。

    宝塚的には、正統的(美貌の)トップ・コンビとは言い難いところもありますが、
    みっちゃんは勿論、ふうちゃんも美声、歌ウマさんです。
    この歌うまコンビで、あと、何作聞けるか分からないですし...
    ガイズも、次いつやるかわからないので、みておいて損はないと思います。

  12. 月真美花 より:

    >ガイズ
    東西で2回ほど見ましたが、感想を。初演二回目は見てません。
     北翔さんが紫吹淳を事ある度にリスペクトしているのは、紫吹的なものを全く持っ
    てない彼女が、自身の身上である「挑戦」をしたかったからじゃないですかね?スカ
    ステなどで紫吹淳の他のお芝居を後になって観ましたが、あの雰囲気は努力して得ら
    れるものじゃない、それは十分分かってて挑戦したのかと。

    >この作品、多分主役二人だけに限って考えれば、宙組の朝夏・みりおんあたりで
    >やった方がハマったんじゃないかと思います。
    悪乗りして各組で想定。
    ・宙組 アデレイド役がいない。難曲揃いで「あの人」に歌わせられないから。ネイ
    サン役になりそうな人もちょっとキャラじゃないような。ビッグジュール役なら最適
    ですが。
    ・雪組 ここの組は現在周知のとおり歌の問題で本公演で再演ものをやるのは難し
    い。ただ、みゆのサラはちと観てみたい。
    ・月組 ここもアデレイドの適役がいない。そもそもトップさんにこれを再演するな
    ど思ってもないだろう。ちゃぴアデレイドの手もあるがちょっと違うかな。
    ・花組 再演ものならそれこそ新源氏とか別のお芝居の方が。キキネイサンは結構面
    白いとは思うけど。
    結局このお芝居はアデレイド役が鍵で、ヘタな男娘含めたトップさんを凌駕する礼真
    琴の存在なしでは北翔さんと言えども再演は難しかったと思いますよ。二幕で風と礼
    の同期コンビ、しかも双方現在屈指の歌うま同士の歌は結構グッと来ましたよ。

    あと、東京では何だか台詞が聞き難い人ばっかりだったのですが、これは現在の星組
    の仕様なのかな?

  13. はんな より:

    うーむ、、

    私は、大地真央さんのスカイを生で、
    紫吹淳さんのスカイはテレビで見ています。
    多分、映画のスカイを基本に
    大地真央さんは作り上げたのかなぁ、、と感じました。
    で、
    よ〜〜く考えてみたんですが、
    ホテルで聖書を読んでいて
    暗記しているスカイ。
    サラが「ハヴァナって、良いところよね〜2、3日ここにいましょうよ」のお誘いに
    「帰るぞ」と、帰るスカイ。
    そうなってくると、本来は誠実で上品なスカイで合っている様にも感じでくるのです。
    スカイがギャンブラー色が濃いのは
    男役群舞と一緒にいる時で、
    ドスを効かせて話しているので、
    ギャンブラーとしては成立している様に思います。

    北翔さんは、チャラいギャンブラーより
    本来は誠実なギャンブラーで
    元ある場所に帰る。という設定にしたんではないでしょうか?

    紫吹スカイや、大地スカイは
    結婚後に、またギャンブラーに戻りそうな気さえもするのは、気のせいかなぁ、、、(^◇^;)

  14. ももすみ より:

    はじめまして。
    友達から聞いて思わずコメントしたくなってしまいました。
    わたしもみっちゃん、人のいいサラリーマンにしかみえず、伝説?のギャンブラーには一ミリも思えなかったです。
    紅さんのほうがキャラ的にはまってました、
    なにより素晴らしかったのは琴ちゃんで本当に可愛くて。